私が香港に来て数年間、ずっと苦しめられたもの

私が香港に来た時、食べ物、言葉、習慣と困ることには
事欠かなかったのだが、たった一つだけ慣れるのに、
本当に長い時間を要したものがある。

それは、香港人の英語名。

見た目は紛れも無く普通のアジア人なのに、

「こんにちは、マイケルです。」

とか名乗られるのである。真面目な顔である。

このとてつもない違和感は実際に目の前で名乗られてみないと、
わからないだろう。とにかく、驚愕である。

ピーター、クリスティー、ジェフリー、ジョナサン、
もう何でも有りなんだが、どうひっくり返っても、
陳さん、王さんにしか見えない。

誰が名付けるのか、その名前

香港人に聞いてみると、実はこれは生まれた時に
親からもらった名前ではないらしい。

一番多いのは、

小学校や中学校の時に先生がくれた。

という理由。これなら、少し納得がいく。

後は、キリスト教の人も結構いるから、
そこら辺からとってるってケースも多い。

でも、実務上必要なんだよね

ただ、こうした英語名もただ「カッコイイから」つけてるわけではない。
旧宗主国イギリスの影響も当然あるわけだが、
外国人があちこちに闊歩する多国籍社会・香港の実情を考えると、
英語名が無いと困ることが多いのである。

会う人会う人に

「私は劉徳華です」とか、「梁朝偉っていいます。」

とかいきなり言われても、発音できないし、覚えられない。
漢字を日常的に使う日本人ですら無理なわけだから、
欧米人なんて頭の中を?でいっぱいにしながら愛想笑いするしかないのだ。

日本語由来のものは破壊力抜群

そうした香港の歴史的事情、社会的ニーズから生まれた
英語名だが、日本語由来のものは別の話だ。
Sakura、Yukiとかなら全然良いと思うのだが、

Kawaiiとか、Sukiだとか付ける人が普通にいる。

こうなるともう無理である。

そんな名前、学校の先生がつけるわけがない。

Kawaiiさんが本当に可愛いなら、とてもラッキーなお話だ。
名前の由来もまた楽しい会話のネタになる。

だが、残念ながらそうでないケースが圧倒的である。

そうなるともう会ってしまった事自体が悲劇の始まりで、
母国語だけに私の心のダメージは非常に大きいし、
ちゃんと辞書とか調べて名前を選んだのか、
だけが気になってしまって、会話が全く進まなくなる。

誰も知らない

何を知らないかっていうと、実の名を誰も知らないのである。

ようするに生まれた時にもらった名前は、
英語名といういわば通名をつけると同時に
社会的に通用しなくなるのである。

これは日本人の感覚で言うと、非常に奇妙な事実なのだが、
実際、私の友達、同僚でフルネームを言える人なんて、
数えるくらいしかいない。

もちろん、家族はずっと本名で呼び続けるのだが、
これはとっても寂しいことなんではなかろうか。

英語名は悪なのか

香港人の英語名。突っ込みどころ満載なネタなのだが、
結論としては、決して悪ではない

もちろん、名前のチョイスでその人の人格が
疑われることもあるのだが、ビジネスのことを考えると、
あったほうが絶対良い。

お仕事なんて、名前覚えてもらってなんぼである。

英語名、あなたもいかが?

私は残念ながらKenとかLisa、Annaとかそういう
国際的に通用する名前を親にもらった口ではない。

香港人にはなかなか覚えられない名前だし、
彼らが間違いながらも頑張って呼んでくれるときには
ちょっと申し訳ないな、と思うことだってある。

そんなときには英語名持ってた方が良かったかな。

と本気で考える。

でも、物事にはタイミングが肝心なのである。

「今日から俺のことはチャールズって呼べよ」
「私は今日からキャサリンだから」

いくらなんでも無しである

なので、やるなら仕事を変えるときだな
と密かに名前の候補を考えて、静かにその時を待っているのだ。

香港ライフファイルがちょっと気になってしまった方は・・・
facebook twitter email-blue

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. こんにちは!トーナメントからやってきました(*゚▽゚*)
    興味深いお話しで読ませて頂きました。香港行きましたが気づきませんでした~。
    kawaiiさんとか笑ってしまいましたよ~。日本の可愛い文化は世界中に広まっているはずです・・・・。いいんでしょうか・・・・w
    私は、ニューヨークに留学していたのですが、韓国人の留学生って多くて、全員英語名を持っていました。

    ええ、リリーとかオリビアとか最初聞いた時には、は???って感じでしたが、アメリカでは必要だなと思いました。日本人の友人もあまりにアメリカ人が日本語の名前を発音出来ないのでミドルネーム作ったと言っていました。

    私も移住したら作ろうと思いますwまた来ますね☆
    よかったら私のブログにも遊びに来てくださいね(((o(*゚▽゚*)o)))

  2. HKLF

    saosaoさん、いらっしゃいませ。

    香港に来た時に気付かれなかったのはラッキーだったのでは。(笑)
    また今度、変な名前集めてアップしようと思いますが、カオスですよ。

    ぜひ遊びに行きますねー。

    • cfling
    • 2014年 7月 23日

    >>小学校や中学校の時に先生がくれた。

    つけてくれたのは、優しい先生ですね…
    私なんか、英語の先生から「授業中に呼ばれたい名前(或いは呼び方)を考えて提出するように」と言われ、どれもこれも気に入らないから本名のピン音をそのまま提出したら、周りのクラスメイトがダビッドやピーターになった中、自分だけが広東語ピン音という違和感満載なシチュエーションになってしまって、ネタにされた中学時代でした。とめてくれよ先生…
    そのせいか、今も英語の名前など嫌いです。

    香港人なのに本名で呼ばれると逆に目立ってしまうなんて、この社会は何かおかしい…(汗

    • HKLF

      cflingさんの不幸をせっかくお話いただいたのに・・・すみません。

      めっちゃ笑ってしまいました。

      ちょっと面白すぎなんでは。笑

      いや、まぁ、本名も大事ですから・・・。(やはり笑ってしまうw)

    • つつつ
    • 2015年 8月 22日

    とても興味深く拝読しています。今後も楽しみ♪

    で、英語名問題、分かりますー!!
    子どもが武道を習っているのですが、普段は、チームメイトをKen、Pole、などと呼んでいるので
    トーナメント表(本名記載)を見ても、誰が誰だか分からないのです・・・。
    覚えやすいのは便利だけど、困ることありますよね。
    結婚前の旧姓より、ややこしい。。。

    • HKLF
      • HKLF
      • 2015年 8月 22日

      つつつさん、ありがとうございます。

      共感いただきまして、嬉しいです。
      英語名についてはさんざん書いてはいるのですが、だからといって普通の日本人に「Cheung」とか「Ng」とか「Tze」とか初対面で発音できないですからね。笑
      なんだかんだで無くては困るものではあるとは思っています。
      でも、本名を家族以外誰も知らないっていうのもちょっと奇妙というか、寂しいものでもありますよね?

    • Silentmiaow
    • 2016年 1月 04日

    今ごろ見つけてしまいました。
    ダミアンとかカルメンとか、「英語名」ですらない人多いですよね・・・・。シンガポール(香港以上に混血の国。つまり美人はものすごく美人だがそうでない場合のふりはばもこれまた広いわけで)でも、すごく意外な(失礼)ジェラルディンちゃんとかデボラちゃんに会いました。

    一方香港では、それって苗字じゃないの?と思った英語名の人がいます。仲良くなって本人に聞いたら音が本名の広東語名に近いのでそう名乗っているということで、なるほどその手もあるか、と思いました。

    英語名にも憧れますが、とりあえず私の名前は日本人としては超平凡で、外人にも発音しやすく、しかも「あ、日本人だね」と一発でわかるようなのでこれはこれでいいのかも。

    • HKLF
      • HKLF
      • 2016年 1月 04日

      いまだに首を傾げてしまう香港人の英語名ですが、
      一見カオスに見えて「香港人がよくつける英語名」とそうでないものが
      ちゃんとあるようで、レアな名前に遭遇するとおお!となりますよね。

      ちなみに、おとなになっても英語名をもつこと無く本名で通す人もいて、
      うちの会社にもひとりそんな人がいたりするのですが、
      不便だから英語名つけたら?という周りの声にも耳貸さずです。
      それはそれでポリシーを感じられて良い物だと思いますけれど。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2018年6月
« 3月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

おすすめ記事

HKLF’s Twitter

PVアクセスランキング にほんブログ村
ページ上部へ戻る