毎日通ってるのに、ちょっと苦手な街

私のオフィスは尖沙咀なので、毎日MTRに乗っては、
はるばるこの九龍の中心地まで通ってるわけなんだが、
正直どうにもこうにも私はここが好きになれない

きっと主観に満ちたものになると思うし、
私には湯水のように湧いてくるMoneyというものがない、
から皆様とは状況が違うかもしれないが、
今回はその尖沙咀についてのあれこれ。

初めての出会いは楽しかったけれど

かなり前になるが、私が香港で最初に滞在したのも
ここ尖沙咀だったはず。予備知識もなかったし、
そもそも香港旅行にほとんど期待していなかったから、
旅行会社のパッケージ御用達の尖沙咀のホテル

日本人向けに商売やってるようなこれまた定番の糖朝も
移転前でホテルのすぐ近くにあったから、よく通ってたなぁ。
今でも美味いとは思うが、何もあんなにがっついて食べるほどの
レストランでもなかったかもしれない。

あまりにベタすぎるコースだったとは思うけど、
初めての香港に割と舞い上がっていた私にとっては、
それは単に胃袋を満たす以上のものだったんだと思う。

九龍公園で夜にフラフラしていたときには、
ものすごい馴れ馴れしいアジア系の人に話しかけられて、
カジノに一緒に行こう、としきりに誘われたりもした。
ナイーブな私はよほど美味しそうな鴨に見えたことだろう

今だったら視線もくれずにバッチリ無視してやるのに、
(そもそも声すらかけてもらえなくなったけどね)
あの頃の私ったら、30分はゆうにつきあってやっていた。
貴重な旅行中の時間だというのに、何してたんだろう、ほんとうに。

実際住んでみると・・・ね?

いろいろあったけれど、キラキラした尖沙咀を歩きながら、
なんだか香港を感じてるような気がしていて、
当時はそれなりに幸せそうな顔して歩いていたんだと思う。

ところが、今こうやって実際住むようになって、
しかも毎日通うようになってしまうとどうしたことか、
また違う見方をしてしまう点もいろいろ出てくるのだ。

私が尖沙咀に慣れて、見たくないものまで見えてきたのか、
それとも街が変わってしまったのか。
多分どっちでもあるんだと思うのだけれど。

例えば、オフィスの観点から見てみると、
尖沙咀というのは九龍サイドで言えば、一番の繁華街だが、
そこから海を挟んだ中環とはかなり違った顔を見せる。

香港島の方が金融系のいかにもビジネスマンという体の人たちが
パリっとしたスーツに身を包み、颯爽と歩いているのに対し、
尖沙咀はどことなくラフな雰囲気なところが多いかもしれない。
たまにこっちでもキチッとした人を見たりするけど、
大抵保険や不動産のエージェントのような気もする。

何だかよくわかんないが、香港島で働いている、
といったほうがイメージが断然良い感があって、
逆立ちしたってひっくり返らない香港島コンプレックスなるもの
多少なりともあるような錯覚に陥ってしまうのだ。

なんせショッピングの街だからね

でもまぁ、それも仕方ないのかもしれない。
そもそも街の目的が違うわけである。
あちらはまさにビジネスの中心地たるために作られた街で、
尖沙咀はどちらかというと観光地としての存在意義の方が今日では強い

そういう意味では確かに賑やかなお店も随分と多いわけだけど、
ただこれ、そこに住む人にとって必要な店かというと
多分ほとんどの香港人が首を縦に振ることはないと思う。

観光地にそんな地元密着型の店を求めること自体が
かなりナンセンスなんだけど、それでもやっぱり
香港市民のニーズとはかけ離れた方向に走っている街である。

そもそも、私の周りの香港人の中には、
ハーバーシティとかで待ち合わせしたって、
ろくに巡り合えない人たちが結構いる。
可哀そうに、彼らときたら慣れない場所にくるもんだから、
迷子になっちゃうのである。

買い物する側からしたら、随分と便利だし、
旅行者にとってはランドマーク的な建物であっても、
結局地元民にとっては無縁な場所だったりもする。
だから外国人の私の方が詳しい場所も出てくるわけだ。

誰のための街なんだか分かんない

極めつけは近年街にあふれる宝石屋やドラッグストアたち。
尖沙咀は本土客が一番集まるショッピングスポットだから、
商売する側から考えれば当たり前の現象とは言えるんだけど、
香港に住んでる人からしたら、あまり気持ちのよくない風景である。

少なくともここが自分たちの街だ、なんて思えないだろう。
そういう意味ではいまや、尖沙咀の主は香港人ではなくなりつつある

香港という街の捉え方はひとそれぞれで、
単純に買い物の街だって思っている人もいると思うし、
そういう人には全く持って関係ないこと。

だけど、私は香港の近代的な街並みの中にも古い建築物や乗り物が
うまく共存しているところや、人情溢れる下町の風情も好きだから、
特に最近の尖沙咀の迎合主義的な変遷にはかなり違和感を感じてしまう
私の求める香港像がこの街から消えていってるように思うのだ。

せっかくの香港旅行だから

最近初めて香港に遊びに来たって人は尖沙咀を見てどう感じているんだろうか。

もちろん、星光大道から見る香港島の夜景や、
人でごった返すネイザンロード、セールシーズンのハーバーシティ、
旅行中に必ず一度は来なきゃいけないところだと今でも思う。

でも、せっかくお金を出して香港に来るのであれば、
尖沙咀だけにとどまらずに、もう少し香港らしさの感じられる場所
歩きまわってほしい、というところはもっと声を大にしていいたい。

確かに今日の尖沙咀もひとつの香港の姿ではあるけれど、
他にも古き好き香港を感じられる素敵な場所はまだまだ
隠されているから、それらを見つけにいくこともきっと楽しいと思う。

あの尖沙咀の本土客向けの店の賑わいがあるからこそ、
香港は潤っているという現実もあるわけで、そういう経済効果を
一切無視した一人のフリーライダーの勝手な意見なんだけれども。

他の街もみんな尖沙咀みたいになっちゃったら寂しいじゃない?

facebook
Facebookでは、香港ライフファイルのこぼれ話も?

 

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. 尖沙咀、私も苦手です。観光でくるとお買い物もできて、それなりのお店が揃ってるから超便利と思いますが、いざ住むと生活感がなくてなかなか立ち寄れない。

    なにかが違うな!って思ってたのがこのブログですっきりしました。この切り口おもしろいです。

    • HKLF

      ellyemさん、ありがとうございます。

      もともと観光地ですから、日常的に暮らす身からすると
      あまり積極的に足を運ぶ場ではなくなっちゃうのと、
      私たちがターゲットであるマーケットではなくなっちゃった、
      というところなんでしょうか。

      なんだか、居心地がちょっと悪く感じてしまいますよね。

    • lei
    • 2014年 5月 30日

    あら、私も尖沙咀に通っています。
    中環の方が便利なんですが、英語が出来ず怪しい広東語しか操れないとなると仕事がなく、仕方ありません。
    記事を拝見して、自分はどうかと考えてみると…友人知人と会うのは、中環や上環、銅鑼灣など。もしくは気が向いたら紅磡や太古の日系スーパーへ3ヶ月に1回くらいお買い物。
    チムは何故か足が向きません。なんでだろう。やはり生活で必要なものが揃わない、ゆったりしたいけど人が多すぎ、辺りが理由なのかな…
    あ、でも明日はチムで飲茶だった。レポ致しますね。

    • HKLF

      leiさん、ありがとうございます。

      同じく尖沙咀勤務なのですね!
      便利なところではあるのですが、なぜだか休日になると
      あまり足を運ぶ場所ではなくなっちゃいますね。

      あ、でもleiさんの場合、フェリーも乗り継がなきゃだし、
      アクセス的なところが影響しているかもしれませんね。
      レポ楽しみにしときまーす。

    • kouko
    • 2014年 5月 30日

    私もチムは苦手です。でもホンハムに住んでいる友人はチム大好きなので、単に馴れの問題なのかな~っと思っていました。
    人が多すぎだし、歩きにくくありませんか、あの街。
    ここ10年ほどは、日本から友人が来たときにしか行かない街になりました。

    • HKLF

      koukoさん、ありがとうございます。

      人それぞれ、理想の香港像がありますから、
      今の尖沙咀が楽しい、っていう人もたくさんいるのでは、と思います。
      いろんなファン層があるのが香港の面白いところですしね。

      私の場合はkoukoさんも仰られるとおり、
      気持よく街歩きできるところではないですし、
      あんまり好んで行く場所ではないかなーと言ったところです。

  2. 観光客からすると、尖沙咀は避けて通れない場所。ただ、以前と現在の尖沙咀は違うような。お金を落とす人々の対象と金額が変わり、そのことに敏感に反応する宝飾店やドラッグストアやブランドショップが激増して、尖沙咀ならどこを歩いても同じ?でもその尖沙咀を「香港の顔」として日本に持ち帰る観光客の人々が多いのでしょうね。仰るような「香港らしい場所」には巡り合えなかったり味わわなかったりしたままで帰国するのは、とっても勿体ないような。限られた滞在日数の中ではそうなっちゃうのでしょうけど、ツアーだったらフリー設定の中日にいかに尖沙咀から離れるかで、良き香港の顔と出会えるような気がしませんか?・・・って一介の観光客の自分ですが。(笑)
    いろんな意味で「人酔い」してしまうから(と記事にもしましたが)、尖沙咀~旺角にはなかなか行けません。なんか、こう、街をあげての競争エリア(?)に居ると、疲れちゃうんです。

    • HKLF

      こえださん、ありがとうございます。

      仰るとおり、ツアー中に少しでも時間をとって、
      ローカル臭溢れる場所に行ってみて欲しいですね。
      そこから先は好みの問題で棲み分けがされてくると思いますが、
      今日の尖沙咀が好きという人がいてもおかしくありませんし、
      私たちようなファンは行き先がまた変わってくるのでしょう。

      個人的にはこえださんのおっしゃることには
      共感できる部分が非常に多いです、笑

  3. 私が始めて借りたオフィスはTSTだったな。商売するならTSTって思ってたけど、今思えばそれは無知だったから。今もし起業するなら田舎にオフィス借りてお金を浮かせる。
    でも客には便利だと思う。で、今フリーランスで一番多く時間を過ごすのがCentralとCWBなので、まあほとんど香港島にいるわけで、週に1日だけ九龍サイドばっかり仕事を集めていて、その時に通過するのがTST 別に悪くはない。適度に便利にいろいろできるし、勝手知ったるTSTって感じ。
    この前どうしても必要なものがあって、文房具屋を探した。薬屋、カメラ屋、みやげ物屋ばっかり並んでいる中にもりっぱな文房具屋がすぐ見つかって欲しいものもすぐ手に入った。TSTだからかもしれない。他の場所だったらいっぱい歩き回らなければいけなかったかも。まあTST嫌いじゃありません。

    • HKLF

      Junpeiさん、ありがとうございます。

      過去のご経験のシェア、興味深く読ませていただきました。
      交通面の利便性を考えると尖沙咀はとっても便利ですし、
      Junpeiさんのような方がむしろマジョリティなんだと思います。

      人それぞれの見方によって、また街の表情も変わりますし、
      ビジネスをやるという見地にたてばまた風景も違うでしょう。
      私の場合はちょっとスピリチュアルなところに
      こだわりをもつところがあるので、そこらへんは
      さらっと読み流しておいてください。

    • bonbon
    • 2014年 5月 31日

    ここ10年ちょっと尖沙咀に住んでいる立場から…。笑

    以前に比べたら、確実に生活がしにくくなってはいます。主に物価の上昇がその理由。
    ただ、そこに目をつむれば、私自身はそれほどの日常的な苦労を強いられることなく生活できていますので、私にとっては理想の街です。
    住民のニーズに即した街並みにならないのも、混雑も、観光地の宿命ですしね。旅行産業からの収入が大きい香港なら尚のこと。私自身がもとからこういう環境での生活に慣れているので、苦にならないのかもしれませんが。
    徒歩圏内に、生鮮食品が揃うスーパーが数軒(高いけどさ)、薬剤師がいるワトソンズ(3つも)、映画館4つ、頑張れば5つ、大きな公園があって、さらにフェリーに地下鉄にバスと交通の便も良い!そりゃあ、家賃が高いわけだわぁ…と、今書いていて思いました。笑

    確かにね、昔はもっと面白い街でした。そういうのがここで味わえなくなったのは残念。が、銅鑼湾と同じく、これも観光地の宿命と思ってます。(地元住民がそれを不満に思うのは当たり前のことだとも思いますし、できれば私ももうちょっとお金をかけずに生活できるようにしてほしいですが。)

    • HKLF

      bonbonさん、ありがとうございます。
      実際に尖沙咀で生活されている方の視点ですし、
      とても参考になります。

      今回の文章は読み物としても一面から切ったほうが面白いので、
      私の主観を全面に押し出していますが、
      観光客、香港在住、尖沙咀で生活するひと、
      それぞれ見方も違うし、人それぞれ価値観があるので、
      いろんな尖沙咀があって良いと思います。

      それだけいろんな価値観の人を惹きつけるところが
      また香港の魅力だと思いますし、面白いところだと思います。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2018年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

HKLF’s Twitter

PVアクセスランキング にほんブログ村
ページ上部へ戻る