旅行者に人気のB級グルメをちょっとだけ斬ってみたい Part 1

世の中に旅行が好きな人というのは掃いて捨てるほどいるが、
旅の目的というものは当然それぞれ異なる。

自分探しの旅、ショッピング、ビーチ&サンシャイン、
いろいろあると思うが、私の場合「」がとにかく大事である。
食べ物が合わない土地にいくほど、テンションの下がる旅行もない

私は今、出張という名目で日本にある意味旅行しているわけだが、
ハードな仕事にも関わらず、毎日幸せでいられるのも、
ひとえに日本のレストランの質の高さのおかげである。

そんな日本に住む人達が香港にグルメを求めに行く。
テレビや雑誌で紹介される香港のイメージはまさに「食の都」。
私の超個人的なローカル経験も合わせつつ、その信憑性を検証したい。

名声、実力をあわせ持つエース格

yamcha
香港に来るほぼすべての日本人が在港中に経験するであろう、飲茶
旅行客だけでなく、早朝から飲茶を楽しむ香港人も見られるように、
ローカル民にも愛されているまさに香港、広東地方を代表する料理だ。
少人数よりも、大人数で多くの籠をシェアするのがオススメ。

私がはじめて飲茶したときには、本当に感動に近いものを覚えた。
旅行の期間中、毎日飲茶をした上、帰りの空港でもラスト飲茶を懇願し、
同行者に呆れ果てられたのも記憶に新しい。

特に文句のつけようの無い優等生であるが、
強いて難点をあげるならば、食べ過ぎると旅行後の計量タイムに
悪夢のような数字を見てしまうこと、それから、香港人と一緒に行くと、
ニヤニヤしながら鶏の足を勧めてくることくらいである。

ある意味、私が本当の意味で好きな唯一な香港ディッシュたち。

B級グルメの代表格だが

wonton_needle
物価高騰の著しい香港で、20数ドルでお腹を満たせるのだから、
いまどき貴重なB級グルメである。おなじみの雲呑麺

これまで多くの日本からの旅行客を案内してきたが、
何かに取り憑かれたように何故かみんな雲呑麺に行きたがる。

私、実はこの雲呑麺、結構苦手である。
いわゆる期待値が高すぎたが故の失望グルメナンバー1

上に乗っかってる雲呑は確かに非常に美味であるが、
下に控える麺が私好みでないのだ。
食感がゴリッゴリッっとするところとか。

私だけなのか、他の人だけなのかは定かでないが、
純粋に雲呑を楽しみたいのであれば、浄雲呑という、
スープの中に雲呑だけどっさり入ってる方が私は好み。

下町料理のシンボル的存在

outdoor
香港ってのは一見大都会だが、ひとたび路地に入れば、見せる姿が全く違う。
路地裏には写真のような大排檔が軒を連ねている。

ホテルや一流レストランの後に、ローカルディッシュを楽しみたい、
という旅行者にはぜひおすすめのスポットであり、
毎晩のように腕自慢の師傅達が腕を振るっているホットな場所だ。
オープンスペースでビールを飲みながら舌鼓を打つというのも一興である。

香港に来たら絶対試してもらいたいとは思うが、
やっぱり場所によっては、ちょっと衛生的に問題があったり、
異常に油が多用されてたりしていて、意外なリスクが伴うこともある

ちなみに、イメージ的には下町のローカルフードということで、
格安価格でグルメを堪能できそうな気がするが、全くそんなことはない
こんなの毎日食ってたら、下町の人々はみんな破産である。

濃厚なローカル色を醸し出す食べあるきアイテムたち

小食
香港の人たちは、信じれないくらいこのジャンキーな食べ物が大好きである。
食の都と言われるほどだから、周りを見渡せばもっと良さげなものが
いくらでもあるのだが、咖喱魚蛋、焼賣に代表される小食の人気は別格だ。

旺角なんかを歩いていると、街行く人達みんなが小食を片手に歩いているので、
ついつい雰囲気に流されて買ってしまうが、まぁそれなりに美味い気はする。

ただ、騙されてはいけないのは、街角だから美味いというところ。
街の中で気軽に食べ歩く、という雰囲気を味わっているわけで、
間違ってもホテルに持って帰って、じっくり味わおうなんて考えてはいけない。

ひとたび街角マジックが切れてしまえば、それはただの質の悪い、
ジャンクフードのかたまり。
冷め切ったそれの不味さは筆舌に尽くしがたいものがある。

旅行者を惹きつけてやまないロシアンルーレット

茶餐廳
ディープな香港を語るとき、茶餐廳抜きでは始まらないだろう。
ちょっとこなれた旅行者ならば必ずここをプランに組み込んでくる。

香港の下町を凝縮したような空間で、まさにカオスと言える場所だ。

一歩その場所に足を踏み込めば、香港式の洗礼を浴びることになるし、
肝心の料理の方も、香港スタイルにアレンジされた
中華とも洋風とも言えない奇妙奇天烈な料理がほとんど、
その中に数少ない当たりアイテムが隠されているという上級者向けの内容。

そんなことを知らない旅行客は好奇心だけで品を選んでいくから、
同行者の誰かがとんでも無いハズレクジを引くのが常であり、
全員がハッピーになれる場所では決して無い

そういう意味では、ある意味ロシアンルーレットのようなものだが、
訪れる冒険者は後を絶たないという罪作りな存在でもある。

尚、人気アイテムのミルクティー(港式奶茶)。
たしかに美味いが本当にガツンと来るハードボイルドガイなので、
胃が疲れているときは止めておいた方が吉だ。

私も、仕事のストレスで病みかかっている時は、
敬遠しているほどの恐ろしいパンチ力を秘めたヤツである。

Part2に続く

香港ライフファイルがちょっと気になってしまった方は・・・
facebook twitter email-blue

 

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. ばっさりですね。
    私も香港に住み始めてすぐに、香港人友人に連れられはるばるワンチャイまでバスで出かけて、あのバサバサ麵を出され、これが香港名物なのか?味の素の味強いし、何がおいしいのかさっぱりわかりませんでした。
    今もめったにワンタンメンは食べませんが、旅行者は香港に来たら必ず1回は食べたいと言いますから連れて行ってあげます。
    もちろん街角のジャンクフードも食べません。汚いし、油ギトギトですからね。ミルクティーもチャーチャンテンで飲まなくてもマックのでも十分おいしいと思うんですけどね。
    なるべく安くておいしいものを食べたい。
    結局家で作るものが一番だと思います。

    • HKLF

      Junpeiさんも、ワンタン麺、苦手派なんですね。
      少し慣れてきたものの、今でも私はダメです。
      仲間がいて、ちょっと安心しました(笑)

      香港のB級グルメもちゃんと選んでいかないと、
      安かろう悪かろうのとんでも無いお店の方が
      数的には全然多いわけで。

      Junpeiさんは旦那さんの素敵な手料理がありますし、
      やはりおうちが一番ですよね!

  2. まさに仰るお通り!
    ローカルの人たちが食べているものは、日本人には合わないものがほとんどだと思います。衛生面、食品安全性、表示偽装、サービス、その他不安なことだらけ。。。
    実際の香港人が毎日どんな食生活をしているのかは、日本人の「香港=グルメ都市」みたいなイメージからは全くかけ離れてますもんね。
    実はそれを伝えたくて、自分のブログをやってます。

    • HKLF

      香港毎日ローカル飯さんの専門分野ですね、このトピック!

      ちゃんと選べば、香港は確かに食の都なんですが、
      ランダムピックだと、いろんな落とし穴にはまってしまいますよね。
      そういう意味で香港毎日ローカル飯さんのブログは、
      多数存在するハズレクジから、日本人旅行者を守る貴重な情報。
      香港ローカルフードの道標として今後とも期待大です!

  3. 日本でのB級グルメって、ラーメン・お好み焼き・うどん・焼きそば・カレーライス・ハンバーガー・どんぶり物等なんですってね。外食のみならずどれも家庭で食べられる(しかも安心して)。香港の友人宅で家庭料理をご馳走になった限りだと野菜が多めだったり健康的なものだったりした印象です。でも香港のB級グルメは「外食で」っていうイメージ。外食となると「香港式洗礼」を含めた別世界へ放り込まれるような。(笑)・・・衣食住の「食住」に満たされている日本人だからなのか、訪港するとその「放り込まれた感」に惹かれます。「お金を出せば日本でも食べられるもの・サービス」だったら選択から除外したいし。非日常を楽しむだけの観光客だから、在住の方々とはまったく異なる立場。続くとしんどいでしょうし、B級グルメが日常になってしまったときは、きっと惹かれ具合も薄まるんだろうなあ。・・・って思うから、距離を置かないとと思います。(笑)Part2も楽しみにしています。~長々とすみません~

    • HKLF

      こえださん、ありがとうございます。

      別に距離なんて置かなくて良いと思いますよ。
      リスクさえわかっていれば、どんどんチャレンジするのも有り。
      やっぱりやばい気がするけど、試してみたいって時も
      いっぱいあると思いますし、そこで身を持って体験するのも良しです。
      こえださんの場合、何度も香港に来られますし、
      一度きりの旅行ではないので、どんどんトライして、
      逆に私にシェアしていただければと思っております。(笑)

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2018年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

HKLF’s Twitter

PVアクセスランキング にほんブログ村
ページ上部へ戻る