10年経っても香港ど素人

ローカル

まったく来年の今頃はどこにいることか、自分でも見当がつかないが
それはともかくとして「香港在住10年目」という節目の年にあって
「そんだけ住んでりゃ、当然知ってるでしょ。」
っていうことの多くを私が知らない方がよほど問題である。

どれくらい知らないかというと、ちょっと下に列記することについて
読み終わった途端にきっと読者の方が「おいおい、それでよくブログ運営してたな。」
なんて真面目に心配してしまうくらいに。

最近、にわかにアクティブになりつつある私だから、
今年中にいくつかはクローズ案件として記事にした上に
「あぁ、それね。当然行ったことある。」
何事も無かったかのようにシッタカしたいものである。

レトロな魅力を振りまくあの乗り物でパーティー

たまに仕事の帰りにバスに乗る事があるのだけれど、
車内はさすがに一日の疲れでくたびれた空気がこっくりと流れていたりするもの。
しかしながら、二階席からふと外を見た時に見えるオープンバス乗客たちのテンション。

同じバスに乗ってるだけなのに、どんだけ楽しんだ、あんたたち。
なんて随分と温度感の違いについて理解に苦しんだものだけど、
実際にあちら側に乗ってみると思いの外世界は楽しそうに見えてしまうのだ、
とは最近学んだことである。

例えば、それがオープンバスでなく、香港島を愛らしく駆けまわるトラムだったとしたら。
私なんかは車内に一歩足を踏み入れた時から、下手したら向こう一週間くらいは
ニヤニヤできちゃうくらいに幸せの反芻を楽しんでしまうことであろう。

トラムでパーティー。
まことに開放的で、かつロマンティックなイベントである。
長年、私の中で香港でやってみたいことトップ10にランクインし続けた
ある意味積年の夢でもあった。
しかしながら、イメージ的に香港島住民たちのオトナの遊び的オシャレ感も
感じつつ、なかなかに近寄りづらいものもあったのも事実。

が、こちらはHKLF出不精改善委員会主席のKoji氏が
来月計画中だということであることが判明。
今回のTODOリストの中でも早々にクローズできそうなラッキー案件である。

北角の街市にグルメがある・・・んですよね?

何度かお誘いいただいたこともあるのだが、そのたびに私が伝家の宝刀ドタキャンを
振りかざしてしまったばっかりに結局縁がなくなってしまった場所である。
「人気店がなんと街市に!」という噂を聞いた記憶も随分昔な気がする。

もはや地元民だけが知る隠れた名店というよりも、
旅行者ですらおさえておくべき超人気店になっているようで
いよいよ改まって「行きましょう!」なんて言えなくなってしまった。

「大きな声では言えないけれど、実は私も行ったことないわ・・・」
なんて私と同じくタイミングを逃した方がいらっしゃったら、こっそり教えていただきたい。
お忍びでぜひご一緒したいものである。

ちなみに、さらに言うなら私は蓮香樓なんかも行ったことがないし、
そういう意味ではどこを向いて10年過ごしてきたの?
真面目に説教されても仕方がないクラスの香港知らずである。

まだ未踏の離島も。東坪洲。

私の香港での生活を振り返った時、離島の存在はなかなかに大きい。
そもそも気に入った場所には何度も訪れる習性を持つ私ではあるが
多忙を極める都会での生活を優しく受け止めてくれる離島は欠かせない癒やしであった。

メジャーどころの南丫島に長洲島。坪洲、それから香港最南端の島、蒲台島。
もはや癒やしを求めるというよりもフロンティア精神に近いものを胸に
離島めぐりを敢行したわけであるが、どうやら「東坪洲」という島は未踏のようだ。

というか、何度か友人とともに東坪洲行きを企画したこともあるのだが、
「寝坊」という人間らしい生活を送るにあたって欠かせない生理現象により
未遂に終わったという方が正しい。

なんせこの島に到達するには大学駅付近の馬料水に朝早く集合せねばならない。
そんな辺鄙な場所に早朝から時間通りに集合することについて
貴重なエネルギーを使うほど私の身の回りの香港人たちは寛大ではなかったのだ。

だが、時間に厳しい日本人の方なら、なんとか実現可能かもしれない。
私が遅刻しない保証がない上に、辿り着いたところで島に何が待っているのか、
そういう基本情報をまったくリサーチしていない、というのが現状といったところではあるが。

私を茶餐廳に連れてって

香港グルメの裏街道を語る上での醍醐味とも言える茶餐廳。
「◯◯茶餐廳の奶茶をいつものカップで・・・。」
なんてファンも多い、香港ならではの施設だったりもするのだけど、
私はそれに日常的に足を運ぶ方でもないし、定番の店もほとんど知らない。

であるから、熱いファンたちが語る茶餐廳独自メニューやこだわりを見るにつけ
どことなく惹かれるものがあるような気がするのである。

「いや、高級レストランじゃあるまいし、行けばいいじゃん。」

なんて声が聞こえてきそうであるが、いつでも行けるものというのは
きっかけがないとなかなか行かないものである。
特に早起きが必要な港式早餐at茶餐廳なんてものは郊外暮らしの私にとっては
いよいよ張り切っていかねば成し得ないイベントなのだ。(大袈裟でなく)

そういうわけで、何の約束も存在しなかったように自然にやってきては
あくまで気負うこと無く、常連のような振る舞いでオーダーをやってのけ、
茶餐廳食への愛を簡潔にしかし味わい深く語ってくれる茶餐廳友を募集中である。

いつかのPart 2へ続く。
(皆さん、私のにわか香港通ぷりに驚愕してると思うけど、まだ一例に過ぎないからね)

香港ライフファイルがちょっと気になってしまった方は・・・
facebook twitter email-blue

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

    • Junpei
    • 2016年 9月 08日

    生活してるんだし、別に好きに生きてりゃいいのです。私も離島はほとんど行かないし、街市のグルメもしばらく行って無いし、人力バスも仕事で乗ったきりです。
    仕事で香港島グルグル回り、週に2回Wanchaiで飲んで、日曜日は家から一歩も出ないという暮らしぶりです。
    でも好きな音楽ができるように、仕事のスケジュール組み上げて、それなりにリア充な日々ですよ。

    • HKLF
      • HKLF
      • 2016年 9月 08日

      Junpeiさん、こんにちは。

      そうですよね。
      私も香港での生活はとっても楽しいので、それはそれで良いのですが
      10年という時間の割に行動範囲が限定的というか、
      かなり偏った生活してるなぁとふと思ってしまいまして・・・。

    • Silentmiaow
    • 2016年 9月 08日

    実際に生活しているとそんなものだと思います。私は東京中心部に住んでいて勤め先も都会かつ出歩くのも苦にならないほうだと思いますけど、地下鉄なり山手線で30分圏内でも未踏の地いっぱいありますもん。んで、東京に遊びに来た香港人が「今回は高尾山が主目的」とか聞いて仰天しています・・・・。(我々が「今回の香港は長州島に行きたいわ」的な・・・?)

    ところで東坪州はかなり難易度高いようですねえ。家族で出かけた香港人は最終の船を逃して現地で一泊(たぶん野宿?雨露くらいはしのげたのかも)する羽目になったそうです。もちろんwifiもないので連絡もつかず・・・。あいや~。

    • HKLF
      • HKLF
      • 2016年 9月 08日

      たしかに・・・。
      いくら10年とは言っても、それぞれ好き嫌いやライフスタイルもありますし、
      手付かずの場所があったって不思議じゃないかもしれませんね。
      (し、しかしなぜ高尾山がメインイベント!?)

      ちなみに、離島のお話、ますます行ってみたくなったかもしれません。
      香港にそんな場所があるなんて、ちょっと胸が熱くなってしまいます・・・。

  1. こんにちは。うちの営業担当(九龍在住香港人、24歳)を島側の客先訪問に連れて行った時にやたらキョロキョロしてるので訳を聞いてみたところ「ミッドレベルのエスカレーターなんて小学校の遠足以来初めて!」と言ってました。更に、彼はピークトラムに乗ったことがなく、会社の経費で乗れることを喜んでいました、、笑  私の「もうすぐ香港5年だけど消化できてないリストに対する罪悪感」がガラガラと音を立てて崩れ落ちた瞬間です…

    それにしても、HKLFさんが結局帰国されるのか残されるのか??毎回ハラハラしていてもたってもいられないですわ笑   
    残られます、よね?(希望的憶測)

    • HKLF
      • HKLF
      • 2016年 9月 09日

      んー、あるあるですね。笑
      セントラルなんてこちら側の人間は用もなければ行きませんし、
      地元でもハーバーシティなんて巨大ショッピングモールで待ち合わせしようものなら
      まず目印になるものを何もしりませんし、迷子確定案件です。
      ある意味、ローカル民より私の方がよく知ってるところもあったりするから、それはそれでいいのかしら。

      私も残れるものなら残りたい、という往生際の悪さを発揮していて、いろんな方にお会いしたり、悪あがき中です。苦笑

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2017年12月
« 9月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

HKLF’s Twitter

PVアクセスランキング にほんブログ村
ページ上部へ戻る