香港市民を支える精神安定剤「六合彩」で香港ドリームを夢見たい

私は毎日香港で働いていますが、率直に言って、
働くのは好きではありません。ストレスの連続です。
嫌なことがあった日には本当に日本に帰ってやろうかと思います。

でも、そうすることもなく、こうして香港にいることが出来るのも、
これのおかげなのかもしれません。

香港市民の退職金

HKJC_MARKSIX
マークシックス。広東語なら、六合彩(ろっくはっぷちょい)。

日本でいうロトシックスのようなものだと思います。

ちょっと違うのは、香港市民のほとんどがこの六合彩を買ってるということ。
とっても、多くの人に愛されているロッタリーで、
みんなが早期引退を夢見ています

基本的に週に3回ほど、六合彩は行われます。

ジョッキークラブで旅行者でも簡単に購入可能

香港市内に広がる香港ジョッキークラブでどこでも買えます。

一枚10香港ドル(130円)で、旅行者の方でも誰でも購入可能なので、
香港ドリームを夢見て、記念に買っていかれるのも良いかと思います。

HKJC
香港ジョッキークラブの様子(笑)。

このおじさんの波をかき分けて、購入してください。
競馬開催日じゃなけりゃ、大丈夫だと思ったあなた、
おじさんたちはサッカーにもお金を賭けるので、油断大敵です。(笑)

6つのナンバーは自分で選ぶこともできますし、ランダムピックも可能です。
(その際は、「やっじょん、でぃんのうあ、むごい!」と言ってください)

ジャックポットで夢は膨らむ

初期設定は、一等賞金が500万香港ドル(6,500万円相当)なのですが、
当たりがでないと、ジャックポットとして次回持越しされていくため、
一等が5,000万香港ドル(6億5,000万円)、とかになることも多々なのです。

こうなると、香港市民もいよいよ買わずにいられなくなって、
いつもより多く資金を投入していくことになります。(笑)

宝くじは無知への税金というけれど

これは私だけじゃないですが、仕事で失敗したり、
ボスに怒られてしまったり、人間関係で悩んだりしても、
「六合彩が当たれば、明日から会社なんて絶対行かない!」
って思わせてくれる心のモルヒネ、六合彩。

ジャックポットが貯まった回は、朝からみんな六合彩の話でもちきりです。
「ねぇねぇ、六合彩当たったらどうするぅ?」みたいな手の会話があちらこちらに。

そういう意味では、私を含めた香港市民の精神衛生上、
極めて重大な役割を果たしていると思われます。(笑)

ちなみに・・・

当たったことがないので、真偽の程は定かで無いですが、
一等が当たったら、次の日の営業時間中に香港ジョッキークラブに
その旨を連絡しなきゃいけないそうですよ。(国際電話可)

ということで、香港に旅行で来られる方も、
香港在住で幸せな方も不幸せな方も、たったの10香港ドルの六合彩、
運試しだと思って、買ってみられてはいかがですか?

ちょっと楽しみが増えて楽しいかもしれませんよ!
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

    • Maxis
    • 2014年 10月 17日

    土曜日に渡航すると、ホテルのそばのOBTで10口(軸3-相手5)を半額($5)で購入するのがお約束になりつつあります。
    もちろん、午後9時半からホテルのテレビでチェックです(笑)。
    競馬は一度だけ万馬券を取りましたが、MK6は未だに7等さえ当選したことがありません(苦笑)。

    • HKLF

      Maxisさん、
      やっぱりMark6には夢がありますよね。
      私も当たれば即仕事やめてやる!という現実逃避を夢見つつ、
      毎回ついつい買ってしまいます。

      ちなみに、私は一万香港ドル(14万円くらい?)が当たったことが有りますよ。
      何だか中途半端すぎる金額ですが。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2018年9月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

HKLF’s Twitter

PVアクセスランキング にほんブログ村
ページ上部へ戻る