香港在住者が一時帰国中に犯しがちな6つの大罪

大罪

来週末は日本である。

香港もそりゃ楽しいけど、日本に帰れるとなれば、
それが出張だろうとやっぱり嬉しいもんである。
外国で暮らしてようと、外資で働いていようと、
根っからの日本人には変わりは無い。

日本でしか出来ないこともあるし、食べたいものもいっぱいある。
テンションも自然に上がってしまうってものだ。

ところがそんな私が帰国中、日本で暮らしている人を
「おやっ?」と驚かせるような生態を見せているらしい。
今日は恥を忍んでその数々を公開したいと思う。

乗り物の静けさに殺気を感じる

空港に降り立ったら、次は電車に乗り換える。
それに乗り込むやいなや、何か例えようのない違和感を感じ始める。

そう、誰もしゃべっていないのだ。

みんな携帯を手にとっているものの、黙々とそれをいじっているだけ。
話し声がまったく聞こえない。
まるで戒厳令でも出ているのかのごとく、あまりにも静かなので、
これには本当に恐怖に似た感覚を感じ、ちょっと挙動不審気味。

ふとした時にかかってくる電話にももちろん普通に出てしまう。
周りの冷たい視線が痛い。

なんせ香港の乗り物の中と言ったら、無法地帯である。
あれほど嫌だと思っていたオバサンの弾丸トークなのに、
いざなくなってみると不安になってしまうという大きな矛盾。

クーラー壊れてるの?

これもそうだ。

日頃は香港であれだけ虐待を受けているクーラー

もう無い物ねだりもよいとこだが、「ちょっと、やる気あんの?」と
苦情起こしたくなるくらい、日本ではクーラーが緩いんである。
これだけで私の個人的な不快指数は軽々と上がっていく。

百歩譲ってプライベートな時間は良いとしても、
オフィスは本当にもうちょっと香港からの出張者のことを考えて欲しい
大事なお客さんの前で薄着にはなれない。

日本で暮らしている人はそれが当たり前だから、
涼しそうな顔しているのだが、私なんかは
プレゼン前から二、三発殴られたような顔をしている。

お茶に難癖をつけたがる

香港とは食に関する部分では奇妙な発展を遂げたところで、
ローカライズされた食べ物、飲み物が本当に、
どこでどう間違ったら、そういう風になっちゃったわけ?
と真顔で聞きたくなるようなものが多い。

お茶だってそうである。
普通に宗主国から輸入したお茶を上品に味わえば良かったものを
何をどう考えたのか、えらいアレンジを加えているわけである。
もっと困ったことは、それに私も慣れてしまったことだ。

日本でレモンティーでも頼もうものなら、
飲む前から「この薄切りのレモンで何しろっていうのか」と苛立ちはじめ、
ありえないくらいにレモンをガシガシしながら飲み始めるもんだから、
せっかくだからと思って、張り切ってオシャレなカフェに
連れてきてくれた友達は、「えっ?大丈夫?」と心配を始める。

全然大丈夫ではない

ミルクティーだってそうだ。
大げさに茶葉二倍とか言うけれど、こんなの水みたいなもんである。
私はもっとガツンと来るものが飲みたいのだ。

もはや質の悪い末期の薬物依存者のような生き物である。

細かいことはいいから釣りを渡せ

普段、あまりにも無骨に物を売ってもらったりしているせいか、
日本での販売員の対応が非常にうざったく感じるのである。

ポイントカードとか持ってないよ。
いや、作らなくていいよ。
それもそんな丁寧に包まなくていいから。
いつ頃食べるかとか関係ないでしょ。
そして、あなた、なんでそんなに喋るの?

もうツッコミどころが満載である。
私がしたいことは、物を買いたくて、そのためにはお金が必要で、
でもきっちりとは払えないからお釣りをもらうことだけである。

他のことはどうでもいいし、聞かれたくない。
とにかくさっさとやって欲しいのだ。
別に帰ってもすることないし、急ぐ理由も無いんだけど。

理由が無いのに急ぐ。香港人のサガである。

自動販売機が恋しいよ、まったく。

エレベーターではがっちり右側をキープ

空港近辺でエレベーターに乗った時、涼しい顔をしながら、
大きなバッグとともに右側に立ち、急ぐ人たちを阻害していたら、
香港人である可能性が高いかもしれない。

私は実家が西なので、関空の時はこの問題からは開放されるのだが、
出張の時にはそうは行かない。左が基本で、急ぐ人が右なのだ。

そういえば、日本から来る旅行者からの感想を聞いてみても、
香港は大阪と同じ匂いがする、という人がいるが、そんなもんだろうか。
確かに人は多いが、東京のように洗練されてはいないし、(大阪に失礼)
街の雰囲気、人に愛嬌があるところもちょっと似ているのかもしれない。

お金はちゃんと持って帰ろう

これは私だけなのかもしれないが、香港から日本なんてたかだか4時間。
しかも母国に帰るわけだから、お金に困ったってどうにかなる、
と高をくくって、現金をあんまり持たずに帰ることが多い
(なんせオクトパスで何でもOKの生活に慣れてるし)

実際、まさにそうなんだが、ある時100香港ドルしか現金を持たずに
日本に飛び立った際、台風の影響で台北に強制着陸→そのまま一泊
という憂き目にあったことがある。

どこの郊外のホテルなんだか、航空会社のアレンジしたところに
バスで連行され、そこで一泊することに。
郊外過ぎて、クレジットカードなんて使える雰囲気ではまったくない。

初の台湾旅行はセブン-イレブンでディナー

予定外の台湾旅行になったわけで、夜市にでも繰り出して、
この機会を満喫するべし、と思ったところで財布の中には
100香港ドルだけである。

私のその日の食事はホテルのそばのセブン-イレブン
台湾風味の蕎麦を買って終了。
翌朝早々にはまたまた空港に連行されて、そのまま台湾とはお別れである。

私にとって、初めて、そして今のところ最後の台湾旅行である。
私の中の台湾食といえば、セブン-イレブンになってしまった。
振って湧いたラッキー旅行だったにしても、お粗末過ぎて情けない。
この時ばかりは神様を本当に恨んだ。(無宗教なのに)

そういうわけで、日本行きと言えども、海外旅行である。
何が起こるか分からない。多少の現金は確保して、飛行機に乗ろう
(説得力があるだろう?)

香港人化は止まらない

こうやって目に見える形で書くと、私が香港生活をする上で、
どんどん香港人化していることが分かる。

他にも、食事の時に食べかすをお皿の上じゃなくって、
テーブルの上にどんどん散らかすから母が激怒したり、
ティッシュが香港のものより薄すぎてストレスだったり、
細かいことを言えばキリがない。

こんなブログで香港の人たちを面白おかしくかき立てている場合ではない。

そういえば、香港に来た頃は、重慶大厦の前を通る度に
「にっせもっのぉ、ろっれくすぅ〜!」とインド人に
うざいくらい声をかけられてたのに最近では側を通っても無反応だ。

これはある意味、日本人として危機的状況にあると思って間違いない。

そんな日本人が来週、東京に帰る。

facebook← FACEBOOK始めてます。よければどうぞ。

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. 裏返せば、日本の大好きな香港人の方々が来日すると、同じような場面で同じような感覚を味わうのかもしれません。いや、でもそれとは決定的に違うのは、HKLFさんがまぎれもない日本人だという点ですものね。一時的な観光ではなく、どちらの国にも生活の場があるという大前提がありますし。・・・客観的にご自分を見つめることが出来ていらっしゃるから、尚のこと悩ましいですよね。
    暮らしている土地に染まっていくことは避けられないことなのかなあ。その国がよっぽど暮らしにくくなければ。もしかすると日本国内でだって、都道府県によって起こり得ることがあるかもしれませんね~。

  2. HKLF

    こえださん、ありがとうございます。

    最初は現地に馴染もうとして、むしろ頑張ってローカルに触れていくのですが、
    気が付くとものによってはローカル式の方が楽なこともありますからね。(笑)
    香港人も日本に行くと似たこと考えてると思いますよ〜。
    私も日本にいた時は転勤族だったので、いろんなところを回りましたが、
    その時に染まってみること、悪く無いと思います。
    こえださんも住んでないのに、香港にどっぷりでしょ。(笑)

    • Shangrila
    • 2014年 4月 08日

    こんにちは!
    久しぶりにバカ笑いさせていただきました。ありがとうございます。
    私は逆出張組ですが、真逆の環境を楽しんでいます。
    オクトパス依存症で帰国日のファミマで日本円なくてビビりました。日本に起こしの際は是非お知らせください。
    同じ金融もしかして???

  3. HKLF

    Shangrilaさん、またまたのコメント、どうもありがとうございます。
    一旦オクトパスになれると、現金持たなくなっちゃいますもんね。
    良かった、良かった。仲間がいて。(笑)

    私は金融ではないですが、日本で日本円を切らしたら、お世話になりますー。

  4. 初めてコメントします。
    もうお気持ち分かりすぎて、そして読みながら笑っちゃいました。
    私も全く同じ気持ちで一時帰国の時間を過ごしています。
    店員のうざったさ、電車の静けさ、エアコンの効き具合、お茶のこと、全く同じ事を思うので自分もだいぶ日本人として危機的状況にあるような感じがします。
    私は広東語はほんの少ししか分からないですし、まだ香港在住4年目ですが、ムカつく事も多いけれど香港大好きで離れたくないです。めざせ永住ビザ取得!と思ってますが、主人があとどれだけ香港にいてくれるか。。 (駐在ではないので自分たちで決めれるんですけど、あと2年以内にバイバイ香港になりそうな予感もなきにしもあらずです。。)
    お仕事頑張ってくださいね。

  5. HKLF

    Celiaさん、いらっしゃいませ。

    Celiaさんも香港にお住いなんですね。
    では、私の記事にも共感していただくことも少しはあるのでは。
    (でも、あんまり当てはまることが多いと、それはもうほんと危機!)

    毎日一回は腹が立つことがあるけれど、
    なぜだか愛嬌があって、憎むに憎めない、
    香港ってそんな街ですよね。
    私ももうしばらくここに残って、嫌なことがあれば
    ここで発散する生活を続けようかと思っています・・・。

    • ネームレス
    • 2016年 2月 24日

    飲み物には同意せざるを得えない。
    旅行で日本に行ったときブラックの缶コーヒー買ったら,水かと思わせるほどコーヒーの味がしない。
    普通のほうを買ったら甘すぎて飲めなかった。
    レモンティーも基本同じでした。

    • HKLF
      • HKLF
      • 2016年 2月 24日

      日本のレストランには香港のようにガツンとした個性がある飲み物が置いてないですよね。
      初めて香港に来た頃は、逆にこっちの飲み物に驚いていたけど、今やそういうところはすっかりローカル化してます。

    • MARU
    • 2016年 10月 05日

    はじめまして。もうすぐ永住ビザをもらえる駐妻です。
    ほぼ全部共感できてしまいました。まだ食べかすをテーブルの上に置くレベルまでは到達していませんが..
    日本のコンビニでさえも丁寧すぎてお釣りもらうタイミングが、なんかちぐはぐになっちゃいます。
    私は専業主婦で、仕事で香港人と関わることがないので、イヤな面を見ずに済んでいるのかもしれませんね。夫の仕事で住むことになった香港だけど大好きで、ずっと住んでたいです。日本には旅行感覚で帰るのがちょうどいい感じです。

    • HKLF
      • HKLF
      • 2016年 10月 05日

      MARUさん、はじめまして。

      香港のことがあまり好きでない・・・という方も少なからずいる中で、
      すっかりこの街のことが好きになってしまったようですね!
      最近、私は日本と香港を行ったり来たり、半々の生活をしているのですが
      あらためてライフスタイルはかなり香港側に偏っていたのだと痛感する日々です。

      旦那様が駐在ということですが、少しでも長い香港生活がエンジョイできますように!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2017年12月
« 9月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

HKLF’s Twitter

PVアクセスランキング にほんブログ村
ページ上部へ戻る