香港に行ったら、このグルメは外せない!的なアレ

短期的に悩みを抱えている。

今週、日本から香港に来られる方と飯を食うのである。
そのこと自体はまったくもって微笑ましくもあり、ありがたいイベントなのだが、
問題は「私が場所を決めることになったこと」と、私自身が「先方のことを
あまり存じ上げないこと」という二重苦にある。

特に後者は私を非常に悩ませてくれるところで、もしかしたらその人は
毎月のように香港にやってきているような在住者もビックリな香港通かもしれないし、
はたまたこの街に来たばかりで、街自慢のグルメの数々も
まだ満足に楽しんでいないドキドキの中、私と会うことになるのかもしれない。

ほぼ全てが謎である。
が、私はひとまずその人がこの街にはあんまり詳しくないという設定を勝手に選択した。
理由は、その方が私も少しドキドキを分けてもらえそうな気がするからという単純なもの。

しかし、例えそういうシチュエーションが現実に起こったとしたって、
日本から来る人を飯に連れて行く、という一見簡単そうにも思えるこのミッションは
私のようなものにとっては何だか妙にハードルが高いと感じてしまうものなのである。

それは上手く言えないけれど、きっと日本からやってくる人の心の中には、
コミュニティでの情報共有により作り上げられた定番の名店リストが
既に確固とした形で存在しているような気がしてならないから、である。
それに名を連ねる店を訪れること、すなわち香港グルメの旅の王道、的なアレ。

例えば、そんなリストが本当に存在するとしたら。
そして、それに名前を連ねないようなマイナーなお店に私が客人をお連れしてしまったら。
日本に帰ってからの旅の土産話のひとつにもならないだろうし、
目の前ですごくガッカリされちゃうのかもしれない。これは大変なことである。
ここ数日、私はそういうこの世に生まれて来るべきでない、いらぬ心配を頭の中で生産し続けている。

ちなみに、正直なことを言うと、私は食の街にありながらグルメでも何でもないから、
不味くなければ何でも食べる。それに、本当に自慢じゃないけれど、香港通の方々が
流すツイッターとか見てたって、彼らが訪れる先々のグルメの名店の名なんてほとんど知らない。

多分、それにはいろんな事情があって、それは例えば私がほとんど予習をすることもなく
この街にふらっとやって来て、瞬間的に恋に落ち、遠く離れて想う時間もほどほどに
やがてこの街で生活を送るようになったからかもしれないし、
実際住んでみるといわゆる名店と呼ばれる店になんて行かなくたって死にゃしない上に
いちいちそんなとこ行かなくても近所でそこそこ満足できちゃったからかもしれない。

ともあれ。
肌感覚で言うのなら、私のような人間は香港界隈ではマイノリティな気がしないでもなく、
やはり「香港に行くならここは外せない!」的な店のひとつにでもお連れするのが
私なりの無難な礼儀なのではないだろうか、という我ながら非常に不可解な結論に迷いついている。

もしかしたら、せっかく香港にいるんだから、身近の香港人に聞けば?と思うかもしれない。
が、それはそれでまたちょっと話がややこしくなるというヤツだと思う。
私だって、たまには日本人にとって有名なお店に行ったりもするし、その後にはきっちり
香港人にも報告するのだけれど、大抵「どこだっけ?それ。」か、
「あの店、まぁまぁじゃない?」という、いけ好かない反応を見せてくるのがオチなのである。

しょうがないから、私も「じゃあ、あんたはどこの店が良いっていうの?」と
返してはみるのだけど、意外に店の名前が出てこなかったり、
大して美味しくもない店の名(というか日本人とは嗜好が違うのかも)が飛び出てきたりも。
いずれにせよ、何だかんだでこの街の住人は、自分はちょっと食にはうるさいのよ的な
雰囲気をもって他人が薦める一品にはひとまず難癖つけておく、ということが
大正義だと思っている節があるから、口数の割にいまいち参考にならない。

そういう諸般の事情があって、香港在住の日本人である私がなぜかあらたまって
日本人が薦める香港グルメをチェックするという怪現象が発生している次第である。

 

Facebookでは、香港ライフファイルのこぼれ話も?

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2018年12月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

HKLF’s Twitter

PVアクセスランキング にほんブログ村
ページ上部へ戻る