香港でも韓流がすごいらしい

韓流の勢いがここ香港でもすごい。

テレビをつけては韓国のタレントがいつでも登場するし、
街を歩いてみてもK-POPがそこら中に流れる。
流行りの飲食店なんかも韓国にルーツを持つものが多いし、
とにかく香港の若者たちは今、韓国に夢中なのだ。

・・・ということらしい。

流行りなんかまったく追わない私のことだから、
そんな哀れな日本人に少し世の中の流れを教えてやろうと
いつもの香港人連中がランチのネタとして出してきたわけだ。

今じゃ、みんな、日本より韓国に夢中だよ。

そう切り出した香港人の眼がちょっといじらしい。
こいつは私とも仲が良いヤツだから、明らかに私の反応を楽しんでいる

かつてはアジア流行の中心地だった日本から来た私に
その日本の影響力の収束新たな情報発信地の誕生を告げる。
しかも、その流行新興国と日本はすごぶる関係が悪いときた。

さぞかし、私の苦々しい顔を期待していたことだろう。
残念ながら、私は韓国に対してこれっぽちの興味もないし、
比較されてもまったく実感が湧かなかったのだが、
ただやっぱりあんまり耳障りは良くなかったことは覚えている。

 日本人から見るとやっぱり・・・ね

以前にも書いたが、私が初めて香港に来た時、若かったこともあるし、
その頃はまだ日本もまだ輝いていた部分が多少なりともあったから、
日本から来たことを少し誇らしくも感じていたと思う。

この時の私の目は、今でも一部の日本からの出張者の方々に
見られることがある。海外出張ということでハイになっているのも
あるのだろうけど、香港人のフリして彼らの会話を横で聞いていると
(私も随分と趣味が悪いよね)ちょっと浮かれすぎな人もいるのである。

昨今、成熟しきった日本が節目を迎えているという状況を考えると
こういう人たちがうろうろ歩いているのはある意味自然なことであるし
何も知らないまま幸せそうに帰国していくのだから、特に害もなかろう。

それに確かに日本人の目から見れば、このハードはとことん発達した
国際都市に生活する人たちのソフトな部分はあんまりにも「洗練」とは
かけ離れたように見えてしまうし、本土人の素行を糾弾する彼らにも
あんたたちも、結構似たもんじゃね?」的な感想を持ってしまうのが本音。

であるから、そういう出張者さんたちや、一部の香港在住邦人にとって、
香港や地元民がしばしばネガティブに映ってしまうことについても
その事自体に私が理解に苦しむということはあまりない。
そもそも、そういうシーンに私も日常的に出会ってるから、
この「香港ライフファイル」も存在しているわけである。

 あまり前すぎることなんだけど

ちなみに。

私は香港で仕事をしているが、たまに「香港で働く日本人は
香港慣れして、段々と性格がキツくなってくる。」というような
声を聞くことがあるが、私もそう思うし、もともとポーッとした
性格の私ですら、こっちに来てからというもの、たまには
強くものをいうようになったから、信ぴょう性は高い気がする

何せここで日本人のマインドセットや美学を基準に
仕事なんてしていたら、絶対に損をしてしまうばかりである。
そんな謙虚でストイックに生きるヤツを利用しようなんて人が
わんさかいる環境であるし、そういう行為が悪とは考えられてはいない。

何が言いたいかというと、当たり前だけど香港とはいえど
ここは外国だから何もかもが違う基準で街は動いているし、
カッコ良いと思われること、正義と認識されることが全く違う、
といういうこと。実際こっちのやり方のが優れてることもあるし、
香港の方が世界的なスタンダードに近いものだってあるだろう。
そして、そこに住む人はそこのルールに適応するのである。

過去の栄光はおいといて

回りくどくなったが、そんな異国に日本からわざわざ出かけていって、
いちいち比較してみたって、何も意味をなさない、ってこと。
日本の基準自体が大勢の他国から逸脱している事柄だって多々あるし、
オイタが過ぎると自分の無知を晒してしまうことにも成りかねない。

・・・のだけど、今まではなんとなくそこらへんのズレ
ぼかされていたというか、補正されてた感がないでもない。
先に書いたように日本という国は紛れもなくアジア文化の先進国
あったし、日本にはある種の羨望の眼差しが向けられていた。

であるから、そういう国の人がちょっと色眼鏡をかけていても、
それが見過ごされるくらいの勢いと実績が日本にはあったわけで、
あんまり取り立てて言うほどかっこ悪くなかったわけである。

しかしながら、近頃の日本をここ香港から眺めていると、
流行りものが大好きで、根無し草のように簡単に興味の対象を変える
香港人にとって日本はもはや過去の大国になりつつあって、
あんまり私たちの方を向いていないようにも思える。

終いには飯を食いながら「あんたの国はもうクールじゃないよ
とニヤニヤしながら引導を渡そうとしてくる始末だから、
これはもう日本人はうかうかしてらんないよな、と。

日本人が思う日本と、他国の感じる日本とのギャップが
今までになく大きくなりつつある今、いつまでも過去の栄光に
すがるばかりでなくて
、自分自身をしっかり磨いて、
一人の人間として評価されることができる、という国際的に
通用する人材にならないとねってこと。マジメに言うと。

国を上げて過去の威信を取り戻せるほど政府が頑張ってくれれば
それに越したことはないけど、それが期待できない今、
個人レベルで頑張るしかないわけだし。

面と向かって、試されちゃった私は彼らにとって、
いつもグダグダな日本人で、それは今の日本の象徴。
たまにはシャキッとして、さすが日本と言われるようになんないと。

facebook

Facebookでは、香港ライフファイルのこぼれ話も?

 

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

    • mimi
    • 2014年 8月 20日

    えーーマジか?香港は日本食品ブームやし、まだまだ日本ブームやと感じてる。
    日本文化、香港で根強いんちゃう?

    しかーし今は韓国文化ブームもあるわけや?

    • HKLF

      私は流行に疎いものですから、実際の所どうなのかは
      分かりかねますが、どうやらそのようです。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントは利用できません。

2017年12月
« 9月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

HKLF’s Twitter

PVアクセスランキング にほんブログ村
ページ上部へ戻る