飛行機に乗る前から香港旅行気分な素敵航空キャリア

実は来週、日本へとまた飛ぶ。
出張から香港へと戻ってきたのもつい最近な気もしないでもないが、
今回はやっとプライベートな休暇ということで一時帰国するのだ。

思えば9月。まずは日本、からのっ!台湾旅行を画策していた私に
上司の無慈悲な長期出張命令が下ったあの日も今となっては懐かしい。

今回、日本で何をやるかは忙しくてまったく決めていないのだが、
海外永久ビザ取得者の特権でもあるJapan Rail Passでも使って、
いろんなところを回ってみるのもありかな、とも思っている。

そして、今回の発着は福岡。
実家が西日本でもあるので私は普段大阪発着が多いのだが、
弟が福岡で仕事をしているということもあって、
ちょっと挨拶がてらいつもと違うルートにしてみた。

無難なキャセイで飛ぶつもりが

日本と香港を結ぶ空の便。充実の路線である。
最近、LCC各社が続々参入もしていることも手伝って、あまたの
航空会社、発着便の中から旅行の都合に合わせて自由に選択できる。

ぶっちゃけ言うと、私が日本(例えば羽田)に降り立って、
鳥取行きの国内線に乗り継ぐ時の方が便数も少ない上に、値段も高い。
そういう意味では、国内線よりも気楽に乗れちゃうフライトとも言える。

そんな中にあって、福岡発着という条件には東京や大阪ほど多くの
オプションがないため、私はリサーチに若干の時間を要した。
無難に行くならキャセイ便(ドラゴン航空)。
他経由地を乗り継ぐ怪しげな中華系航空会社たちもあるようだ。

リサーチが段々面倒くさくなった私だが、もうちょっとでキャセイを
ポチリそうになるところで、どこかで見たことのある航空会社名が
視界に入る。香港エクスプレス航空。その名の通り、香港拠点のLCC。

私の周りの香港人たちも最近頻繁に利用しているようだし、
無事旅から戻ってきているところを見ると、公式サイトの頼りなさ気な
ルックスとは裏腹に飛行機自体は安全に飛ぶのだろう。

私はそんな個人的にあまり付き合いのない航空会社と今回福岡まで
飛んでみることにした。LCCだからリーズナブルなプライスが
期待できるだろう
し、そもそも数時間のフライトに私はサービスや
機内食など期待していないから、私のニーズにも合致する。

全然LCCらしくないお買い上げをする人

どうでもいいことだが、私の福岡行きのフライトはなんだかんだで
3,000香港ドル以上の値をつけた。あまりLCCらしく可愛らしい値段とは
言えない
。キャセイだって、場合によっては同価格帯のプライスを出せる。
しかもこのローシーズン真っ只中のお話である。

ちなみに、最近のツイッターを見てると、私が購入したちょうど後から
セールをやってるらしく、私の半分以下の値段で買えたというような
心が折れるようなツイートも多数流れていることも私は知ってる。(涙)

まぁ、それはいい。
私の日本行きなんて、直前にならないと決まらないし、
何ヶ月も前からブックするなんて仕事の関係上、無理なのだ。

それよりも問題は、私が公式サイトでチケット購入したというのに、
香港エクスプレスからコンファメーションメールが全く来ないってこと。
というか、精確に言うと、私がクレジットカードを入力した後の
決済中のアナウンス間にブラウザが落ちたのである。

目的地を設定したり、オプションを選んでる時からなんとなく
動作が不安定な兆候はあったが、それは気のせいではなかったのだ。
しかし、よりによってクレジットカード通した後で落ちるとは。

うかつに再購入するとダブルブッキングになっちゃう可能性もある
最悪のパターンなので私はしぶしぶカスタマーサービスに連絡。
が、すでに営業時間は終わっているらしく、事情を簡潔に説明する
メールをひとつだけ打ってさっさと就寝することにする。

ブラックなのか?ネガティブコメントが次々と

私が起きる頃には、彼らの返信が私のメールボックスに入っていた。
なんてレスポンスの速い航空会社なんだ!私は感心した。

「あなたの予約はこちらで確認できてるわ。今、コンファメーション
メールを出す準備をしているから、ちょっと待ってて。」

ということで、itineraryは未だお預けだが、とりあえず予約は
入ってるようだからひとまず安心。
普通は予約確認も自動化されてて、購入と同時に送信されるものでは?
という真っ当な疑問も感じつつも、朝のバタバタする時間の中に消えていく。

… 待てど暮らせど香港エクスプレス航空からの連絡はやってこない。

おまけにツイッターのお友達の方々の話では、「itineraryが何故か
3つ来た」って人や「二重決済になってた」って人がざらにいるではないか。
ちょっと聞いてみるだけでも、こんなネガティブ・フィードバックが
簡単に集まってくるような航空会社。きっとブラックに違いない

さすがに私も不安になってきて、カスタマーサービスに電話。
日本語によるサービスも提供していることに驚きつつも、
自動アナウンスで流れる「日本語をご希望の方は4番を押してください」
とおそらく発音しているであろう、辿々しい日本語に再び驚愕する。

もしこんな話し方をする人が電話口に出てきても、詳細説明した上で
意思疎通を図ることなんて全く期待できるレベルではない。
典型的な「私、日本語喋れますよ。」とは豪語するものの、
ちょっと話し込むと異次元空間に引き釣りこまれる香港人の喋り方である。

そんな落とし穴の4番を押す勇気が湧いてこなかった私は、
仕方なく英語を選ぶ。多分、この人の話す日本語レベルよりは私の英語
レベルの方が若干マシだろという消去法的判断がなされたわけである。

スレてるカスタマーサービススタッフ

未だにこの選択が正しかったのかどうかは分からない。
英語担当として電話に出てきたのは随分と攻撃的に話す香港人女性。

声の端々に「はいはい、あんたは何の問題があってかけてきたっての?」
というクレームの電話を受けることに慣れきっている態度と、
客に切れられる前に私が先に逆ギレしちゃっとこ的な開き直り
爽快なほどに感じられる女性である。

「予約は入っているみたいなのだけど、itineraryがまだ・・・」

相変わらずの怪訝な態度で本人確認を終わらせた彼女は、
端末の中から私を探し当てるのに成功する。

「あぁ、ありますね。11月xx日の福岡行き。」

「そうですか。じゃあ、itineraryを・・・」

「優先席1Aでとってるね。」

「あぁ、それです。ですから、itineraryを・・・」

「帰りも1Aでとってるし。」

「えぇ・・・。itineraryをですね・・・」

「しかも、25kgの手荷物までつけてるけど。(失笑)」

「はい、だからitineraryを。(涙)」

何だかよくわからない尋問を繰り返すうちに、最初はつっけんどん
(言わない?)だった彼女の態度も徐々に軟化。
せっかくLCCなのにご丁寧に優先席までとって、更には手荷物もどんだけって
くらい持っていく準備をしていることを晒された上で、電話は終了。

それから、数分後。
数行のメッセージとともにitineraryは私のメールボックスにあっけなく到着。
このたった一通のメールをもらうために、メール・電話でプッシュ
しないといけないってところが中華の香りを濃厚に漂わせる会社である。

ともかく。
出発前から香港気分を(ネガティブな意味でも)味わえる素敵な航空会社
香港エクスプレス航空。代替がいくらでもある中で、わざわざ好き好んで
乗るようなキャリアでもないと思うが、香港特有のネゴ社会に
耐性のある人なら特に気にならないのかもしれない。
(実際、安い時は本当に安いという私の享受出来なかった魅力もあるしね)

あとは当日、無事に飛び立ってくれるのを願うばかりである。

facebook

Facebookでは、香港ライフファイルのこぼれ話も?

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

    • satoxler
    • 2014年 11月 19日

    はじめまして。
    私も8月の盆休みに子供連れでの帰国時に羽田行きを利用しました。予約自体4月ごろにしたので直前での予約よりは安かったのですが、預け入れ荷物費用入れて一人HKD3000くらいでした。
    私の時は予約確認メールとItineraryは自動送信で予約完了の数分後すぐ送られてきましたが、いまは違うのでしょうか。
    ご存知かもしれませんが、機内食はもちろんのこと、ブランケットも有料販売なのでお気をつけ下さい。

    • HKLF

      satoxlerさん、はじめまして。
      やはりなんだかんだで3,000HKDくらいは行くのですね。
      私も座席を指定したり、手荷物多目にとったりで、気がついたら元の価格の数十%UPに・・・。
      ブランケット情報もありがとうございます。
      いつも機内でブルブル震えている方なので、しっかり羽織れるもの持参で搭乗します!

  1. 思わずクスっと笑わせて頂きました。

    何ヶ月か前に母親にHkexpressのチケットを手配したことがあり、予約時には問題なかったのですが、到着した母親は「水もでなかったよー!」「席をリクライニングにするのも有料だって!」等と色々と不便そうなことを事細かくレポートしてくたので、気をつけていってらっしゃいませ^^;  (でもブログネタの宝庫である事は間違いないでしょう笑)

    • HKLF

      MeguLiniさん、ありがとうございます。

      ほら、どんどんネガティブなフィードバックが・・・。
      乗る前から戦々恐々なのですが、落ちることは一応ないようですので、仰るとおりブログのネタ帳を用意しながらハプニングを楽しんできたいと思っております、笑

    • bonbon
    • 2014年 11月 19日

    ペナンに行くのに乗りました。
    私のときは、ブラウザが落ちるようなこともなく、予約確認メールも滞りなく送信されてきましたが、今回は運が悪かったのでしょう。(または私が運が良かったか。)
    私が乗ったのは今年の3月だった気がしますが、あのときはまだ座席指定ができなかった気がします。した覚えがない。ので、早めにチェックインして非常口の足下広めシートを確保しました。今は座席指定ができるんですね。

    ところで、日本にいらっしゃるんですね。いつ台湾に行くんだろうと思ってるんですが…。笑

    • HKLF

      bonbonさま、ありがとうございます。

      まさかbonbon様もHKExpress搭乗経験者だったとは!
      意外に上流階級なエアラインなのでしょうか。

      座席指定、できるみたいですよ。
      私は調子に乗ってPriority seatとったので、料金がLCCでなくなってしまいましたが。
      次乗るなら数時間なんだから普通の席で良いかなと今は思っています。

      ちなみに、台湾も依然として私を惹きつける都市ではあるのですが、あの日本出張以来、私は心身ともに疲れていて、時が止まったような田舎でボケっとしたいキモチでいっぱいなのです。
      リフレッシュしたら、改めて台湾行きを計画しなおします。

    • bonbon
    • 2014年 11月 19日

    ペナンに直行で便利だったし、フライトも短いのでこれで行きました。
    そうそう、あのときは座席指定がまだできなくて(オンラインチェックインもできない)、早めに行ってプライオリティシートを追加料金払って取ろうとしたら、今日は無料よ♡と、カウンターのお姉ちゃんに言われたのでした。理由は、普段は有料だけど、その日は満席だったからとか何とか…。帰りもやはり無料でした。えへへ。

    • HKLF

      いいなー。
      私は今まで上のクラスにアップグレードしてもらった、とかいう経験は一度もありません・・・。
      何かコツがあるのだったら、教えてもらいたいくらいです。

    • ellyem
    • 2014年 11月 20日

    片道ずつとった方が安くすんだりすることもあります。

    香港航空の飛行機になる時もあり、以外にピッチも広く快適です!!私はリクライニングできたのですが(機材によってかも)、1回深夜便で爆睡中後ろの香港人に倒すなと文句言われてなくなくリクライニング半分にしました。。

    • HKLF

      ellyemさん、情報ありがとうございます。

      私の便も香港航空の機材になんないかなー。
      でも、リクライニングの件もそうですが、ハード的なところもそうなんですが、ソフト的に恵まれないと(周りの乗客とか)もっと悲惨ですよね。
      たまに私の周りに初の日本旅行なのか分かりませんが、異常にテンションが高い香港人が座って、日本に着くまで延々と大声で日本に対する想いや着いたら何をするか等、ひたすら語る人がいたりしますが、私はたまたま広東語が聞けてしまう分、何かと気になってしまい、一向に眠れぬままランディングしてしまうことがあったります・・・。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2018年10月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

おすすめ記事

HKLF’s Twitter

PVアクセスランキング にほんブログ村
ページ上部へ戻る