進化し続けるサービス

過去にも一度記事にしたことがある、香港の洗濯屋

どんなに考えたってやっぱり便利で便利で仕方がなくて、引き続き私の生活において大活躍。
香港が誇るこの超便利サービス、個人的に無形文化遺産にでも指定したいくらいの勢いである。
まったく、いつか日本に帰ったときに私はいったいどうなってしまうのであろうか。
(汚れた衣服の山の中に埋もれる自分の姿が目に浮かぶ・・・)

ちなみに、私の生活におけるこの店の役割は単に洗濯をすることだけではない。
店の女衆たちともすっかり顔なじみになっていて(基本的に向こうがけたたましく喋ってるだけで
私は「オゥ、オゥ」と相づち打ってるだけだけど)、毎朝散歩がてらに菠蘿飽を買いに行く
パン屋の女将とともに私をある程度認識してくれている香港人たちという重責をも担っている。

彼らにはきっとそんな自覚はなくて、ただ喋りたいから喋ってるのかもしれないけれど、
異国に住むものとしてはこういう微妙な距離に入ってきてくれる人たちの存在は結構嬉しいものである。
初対面のときはやたら冷たいのに(というか人見知り)ちょっと仲良くなると何かとお節介を
焼こうとしてくれる香港人の気前の良さをちょうどよく感じられる関係なのだ。

そんな彼らの店に出張が終わってしばらくぶりに訪れた時。
「あら、随分と久しぶりじゃない?」
店の中でも一番のお喋りの女主人がやっぱりきちんと私のことを覚えていてくれて、
旅行に行ってたのか、病気でもしてたのかと嬉しそうに質問しながら、
私の溜まりに溜まった衣服の重さを測ってくれた。

そして、久々の香港人トークに私も少し頭がフラフラしてきたころ、彼女は
「あっ、そういえばワンちゃんはどうしてたの?」
「ペットホテルは本当に高いからねぇ。」
「私たちはそういう人のために散歩サービスやってるのよ。次の旅行の時は絶対教えてね。」

と締めくくった。最後の部分は明らかに商談である。
まったく香港人というのは本当に抜け目がない。
オフィスレベルでは日本や中国大陸ほど「関係」を重視する風潮はなくて、ドライなビジネストークを
繰り広げるこの街だけど、街角ではいまだに巧みな話術と人間関係の構築が生死を分けている。

私が長い間頭を痛めてきた問題を一発解決する、そんなサービスを最高のタイミングで。
洗濯屋なのに犬の散歩ビジネスとは?なんて疑問も吹っ飛んでしまうくらいに
痒いところに手が届いてしまう人たちである。私は思わず首を縦に振って店を去った。

しかし、この店の役割はいつしかどんどん増えていっている。
そして、よくよく考えたら洗濯物を見れば家族構成、経済力、生活スタイルまで丸わかりであるから
それはそれで彼女たちには結構なプライバシーを握られてしまっている・・・。

そんないかにも日本人が考えそうなことを考えつつ、洗濯物を取りに行った時に今度は
「ねぇ、次は洗濯が終わったら君の家の前に置いといて良い?」
なんて言葉が飛び出したから私はいよいよ仰天した。

店の側からしたら、洗濯済みのものを置いておくスペースがないわけだし、
私にとっても自宅まで運んできてもらえるのだから、まさにwin-winでいうことなし。
・・・なわけなんだけれど、私の胸の中にはどうしても解せないわだかまりがあった。

「住所なんて教えたことないのに・・・。」

彼女たちが口にするのは紛れもなく精確な私の住所。
でもどこでそんな情報を入手したのだろうか。
私の衣服の中に郵便物でも紛れ込んでいたとでもいうのだろうか。
謎。というか、若干の恐怖である。恐るべし、香港人ネットワーク。

もしかしたら、ある日家に帰ったら、

「あら、遅かったわね。夕飯作っといたから。」

とか、そういうサービスまで勝手に提供されているのかもしれない。

進化し続ける我が家の洗濯屋の未来に期待である。(すでに開き直り)

香港ライフファイルがちょっと気になってしまった方は・・・
facebook twitter email-blue

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

    • Silentmiaow
    • 2015年 8月 17日

    ええっ、洗濯屋さんがお散歩サービスまで!!
    そして自宅の住所まで知られてしまってるなんて・・・・ちと恐ろしい。

    オプションサービスはともかく、香港の洗濯屋さんって本当に便利ですよね。
    私は旅行中に1-2度利用するだけですが、それだけでも帰国してからの荷解きが格段と楽になるし、
    なにより汗っぽい衣類がたまっていかないのが快適。
    香港に行く友人、特に子連れで旅行する人には強力におすすめしていますが、実際に利用したという
    報告は受けたことがありません・・・・なんでだろう、こんな便利なのに。

    また来月行きますので、ホテルにチェックインしたらまず近所の洗濯屋を探さねば。

    • HKLF
      • HKLF
      • 2015年 8月 18日

      旅行者の方もご利用されているとは、ちょっと驚きです。
      でも、あの時間で仕上げてくれるのですから、旅行者だからこそより重宝するものかもしれませんね。
      見た目が割とローカルな店が多いので、初めてのときは勇気がいりますが・・・。

  1. もしかしたら、「玄関前で食材を抱えて帰宅時間に待っていた」、、、なんていう日が、遠からずやって来るのかもしれませんね(笑)。
    思わぬ部分まで近づかれちゃって面食らうということが、香港暮らしに馴染む(?)ほど増えるんでしょうか。
    ウチは田舎なのでご近所さんが野菜をお裾分けしてくれることは日常的ですが、そう言えば、ちゃんと在宅時間を計ったようにチャイムが鳴ります。
    「玄関に置いといたわよ」の段階は、とっくに越してしまいました。思わぬ速さで距離が縮まってしまうのは、田舎の宿命です。。。

    HKLFさんの記事を拝見して決めました。
    いまだに、日本から洗剤と洗濯バサミ&ビニール紐を持参してシャワールームで汗して洗うウチ。
    次回は洗濯屋さんにお近付きになれることをミッションにします。香港サービスをもっと享受しなきゃって思いました(笑)。

    ところで・・・引き渡されたビニール袋の “ アトムもどき君 ” が、とても気になります。
    この袋、僕はきっと処分できずに日本へ大事に持ち帰る・・・間違いありません(笑)。

    • HKLF
      • HKLF
      • 2015年 8月 19日

      私なんかよりよほど香港をご存知のこえださんですから、きっと何の問題もなくご利用になれるかと思います。
      次回はより快適な旅になると良いですね。

    • Holger
    • 2015年 8月 23日

    はじめまして! Holgerです。
    10年来の友人が香港人で、全く知らなかった世界に今更ですが興味を持ち、こちらにたどり着きました。始めはヘェ〜!ホホゥ〜!な感じで読ませて頂いていたのですが、楽しくて面白くて、あれよあれよと言う間に全ての記事にのめり込む日々です‼︎ストレスフルなお仕事や不便な事もあるかと思われますが、これからも楽しみに読ませていただきます‼︎頑張ってください!

    • HKLF
      • HKLF
      • 2015年 8月 23日

      Holgerさん、はじめまして。
      いっぱい読んでくださったようで、とっても嬉しいです。
      私の書くことも偏りがあるので、参考程度に今後も読み進めていただければと思います。
      更新もなかなか少なくなってしまいましたが、また何か気づいたことがあれば記事にしていきますね。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2017年12月
« 9月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

HKLF’s Twitter

PVアクセスランキング にほんブログ村
ページ上部へ戻る