英語も中国語も通じちゃう香港ならではの落とし穴? – 私のずっと聞きたかったこと

woman-working-in-the-office

私は今日、どうしても我慢できなくなって、聞いてしまった。

普段は面白おかしく香港人と仕事をすることについて書いているが、
ものすごく根本的なところで、私には大きな疑問があったから。

香港人ってちゃんとメールでコミュニケーション出来てるの?

このあんまりにも基本的な質問を、面子を潰せば末代まで恨まれそうな
香港人に聞けるわけもなく、私はずっと心のなかにしまっていたのだ。

標準語と大阪弁の違いみたいなもん?

しかし、なんでまたこんな疑問をいだいてしまったかというと、
それは複雑な香港人の言語環境にある。

今までも書いてきたように、香港で一般的に話されているのは、
広東語という言葉で、これは中国語のひとつの方言。
以前、普通語と広東語の違いについて、ある香港人に聞いてみた時には、

「それはねぇ、日本の標準語と大阪弁みたいな関係だよ、あはは。」

と今考えればとんでもない説明をされた記憶がある。
当時はそれを真に受けて、広東語を学んでしまった後に気づいたのだが、
そんな可愛い違いでは断じてないことは少し中国語を噛じればわかる。

青森のおじいちゃんと沖縄のおばあちゃんが思い切り方言で
しゃべってみてもきくかどうかってくらい違う、というのが
私の正直に感じるところ。音も文法も違う言語である。

庶民レベルで見ると意外に喋れない

そういうわけで、

広東語が話せる=普通語が話せる

ってのは多くの場合、なりたたない。

普通語が話せる、という香港人だって、家族が大陸出身というような
場合をのぞいては、結局は母国語以外の言葉を喋っているわけだし、
本土の人に比べれば、発音だって全然香港なまりである。

そして、英語も然り。

一定の学歴がある人であればかなり流暢な英語を話すし、
留学経験がある人、帰国子女な人なんてわんさかいるが、
一般市民に目をあててみたときに、

世界に名だたる国際都市。英語もバッチリ喋れます!

豪語するには多分に躊躇してしまうレベルの英語である。
学校の時分には英語のテキストを使用してきているので、
Readingに関しては割とマシな気がするが、他は褒められたものではない。

言語がいろいろ話せる割に・・・

という前提を踏まえたときに、会社の中で何が起こっているか。

ある程度ちゃんとした会社であれば、メールは通常英語で書かれる
まず、ここでふるいに掛けられるわけであるが、
綺麗なビジネスメールを書く人もいれば、逆も大勢いるわけである。

だが、これは仕方ないだろう。
いくら香港が国際都市だといっても、外国に縁のない人は
そこら中にいるし、そんな人にネイティブな英語は期待できない。

私だって、英語が母国語ではないから、贅沢はいえないし、
ここでコミュニケーションエラーが起こることも当然にある。

では香港人同士ではどうであろうか。

普通に広東語でメールを書けばいいんじゃない、
と思うかもしれないが、基本的には広東語は話し言葉
というトリッキーな事実がここに大きく存在している。

話し言葉とはなんぞや

やろうと思えば広東語を書き起こすことだってできるし、
実際、香港人同士がWhatsAppだのLINEだのしてるときは、
広東語を書いてやりとりしている。

おそらく文字にすることを考えた場合、これが香港人にとっては
一番楽にコミュニケーションできるチャンネルのはずだ。
普段喋っている言葉をそのまま書いているのだから。

しかし、そんな彼らもオフィシャルな場では
普通語を書かなければならないことになっている。
公には母国語でメールすることができない人たちなのである。
これは想像以上に大変なことだと思う。

広東語でオフィシャルなメールを書くってのは、
たとえば大阪弁で辞表を書いてみることを想像してみてほしい。
受け取った上司だって、ジョークだと思って受け取ってくれないだろう。

そんなわけで聞いちゃったわけ

そこで、浮かんでしまった素朴な私な疑問というのが、冒頭の

香港人ってちゃんとメールでコミュニケーション出来てるの?

である。

英語もあんまり得意でない、そして普段もあまり普通語をやる機会がない、
という人は、おそらく結構ひどい中国語を書いているのではなかろうか
そして、細かいことを伝えるのに仕事上、難が出てくるのではないか。

これは今まで数年間、私の心のなかでずっとくすぶっている疑問だった。

そういうわけで、今日、本土から来ている子(彼女は普通語がネイティブ)と
話している時に、ついにこっそりと聞いてしまったわけである。
これはある意味、香港ではタブーなのではないかと思われる質問だ。

「香港人ってさ、中国語ちゃんと書けてるの?」と。

答えは、

えっ?笑

彼女は優しい人だから、全てを語らなかったけれど、
そんなことを聞いちゃうわけ?」っていう態度がすべてを物語っていた。

豊かな言語環境だからこその意外な落とし穴?

なんだか面白いものである。

広東語はもちろん、英語が話せて、普通語も問題なし。
そんな恵まれた言語環境にあると思われている香港の器用貧乏なところ
ここに見え隠れするわけである。

もちろん、すべての人がそうであるとは限らないが、
これだけトリリンガルのイメージが先行しているところで、
毎日電話がえらく多いのは、そういう理由もあるのかもなぁ、
・・・といろいろ思う今日の帰り道なのであった。

ちなみに、香港人の名誉のためにつけ加えておくが、
私の会社はコピーライティングもやるようなところだから、そういう意味では
言語的な要求がとっても高い、っていう背景もあるっちゃあるかもしれない。

香港ライフファイルがちょっと気になってしまった方は・・・
facebook twitter email-blue

 

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

    • bonbon
    • 2014年 5月 14日

    書き言葉にすると、いわゆる「国語」に統一されますから、つまり色々な媒体で読んでりゃ自ずと解るようになるのではないでしょうか。新聞、本、教科書など。香港で売られている日本の漫画も、台湾で翻訳されたものも多いので、中は「国語」ですし。
    若しかしたら、香港人にとって普通話は、例えば普段は大阪弁で話している日本人が標準語で(とまではいかずとも、まあ共通語で)話たり、書いたりする感覚に近いのかもしれませんね。我々外国人(広東語も普通話も外国語として学ぶ立場)にとっては、両者はあまりにも異なりますが。

    ただ、メールよりも電話で済まそうとする傾向が強いのには、他の理由もありそうです。すぐに白黒つけたい性分なのと、メールでの遣り取りだと「証拠」が残るから(内容によっては、後々、自分に不利なことになるかもしれない)それが嫌だという分析も聞いたことがあります。

    • HKLF

      bonbonさま、ありがとうございます。

      そうですね。今のひとたちが、大体どのくらいの割合で
      英語と中国語に接してきたのかわかりませんが、
      特に中国語の読みに関してはまず問題ないはずだと思っています。

      今日聞いた子によると、書きについてはもうちょっと改善の余地が
      あるのでは、みたいなことは言っていました。
      一口に中国語といっても、本土と香港では違うターミノロジーに
      なることもありますし、香港と台湾で同じ繁体字でも好まれる表現や
      語句も若干変わってくるようです。
      国が広いだけに中国語も奥が深いですね。

      電話については、bonbonさまも仰られるように、
      他の理由も多分に影響しているかと思います、笑

  1. 私のFacebookの7割近くが香港人の友人なのですが、彼らは広東語と所謂、中国語とケースバイケースで使い分けてます。

    読んでいてそれ程ひどいとは思いませんが、中国人の人からするとどうしても劣るのかもしれません?!

    とは言え、英語で書くのが一番、手っ取り早いのか、英語での書き込みが一番多いですね。

    ただ、学歴に左右されるのはしょうがないかもです。自分の友人はみな香港で大学を出ているので、その分、教養が高いかもしれません。

    • HKLF

      Baltishさん、ありがとうございます。

      きちんとしている人は、本当の意味でトリリンガルができてますし、
      そうでない人はかなりあやふや、というまさにハッキリと
      別れた状況になっていますが、私にとっては真相はいまだ謎です。

      私が意見をもとめた本土人の人も、ジャーナリズムを
      きちんと専攻してきたプロに近い人なので、
      意見が厳しすぎたのかもしれませんし・・・。

      今度は本音のところを香港人に聞いてみたいと思います。
      ちょっと怒られなさそうな人を探してこなくっちゃ。

    • さくら
    • 2014年 5月 23日

    この件については、知り合いの香港人に明快に教えてもらったことがあります。彼女は中国語は書けない、と宣言していました。ですので、ご指摘は正しいのだと思います。

    • HKLF

      さくらさん、ありがとうございます。

      やっぱり育った環境や個々のバックグラウンドによっては、
      当然そういう人も出てくると思います。
      でも、そういう人って逆に英語がとても流暢だったりも。

      3つの言語をパーフェクトにやるっていうのは
      これまた大変なことで、私なんて絶対出来ませんが、
      そんな環境におかれて何とかやっていけてる香港人てのは、
      本当にえらいなーと思ってしまいます。

      • バニー
      • 2014年 10月 29日

      さくらさんの香港友人ってABC?

      私は香港で生まれ、23年間香港で住んでた香港人です。
      まず、中国語をかけるかどう疑われたのがびっくりしました。
      中国語では繁体字と簡体字と分けられています。
      香港は繁体字を使っています。私は繁体字が書けない香港人なんか知りませんよ!私の知り合いの香港人が100%日常会話、メール、文章などもちゃんとかけます!だが文章に使う語彙は香港と中国と台湾が違う場合もあります。たとえばドリンクは香港では飲品と言います、中国は飲料と言います。その小さな違いは、中国人が見ると最初は分からない可能性もあります。しかも中国人は繁体字が読めないです。

      香港の教育は基本広東語、英語、北京語三つも使いますから、混雑して三つも上手く運用出来ないのが当然じゃないですか。そのうえ、広東語、英語、北京語三つ以外に、客家語と言う方言も使う家庭もいます。私の母も客家語で話します、私は意味が分かりますが話せないです。あと日本語が出来る人も多いです、私みたいにね。

  2. 広東語と普通語のなぞ わかったような気がします
    私は先に広東語を習い、香港澳門にうきましたがまさにその違いの谷間に落ちたように苦しみました。
    澳門人はとりあえずどちらも喋れる人が多いとおもいますが(私のスタッフはどちらも喋れた)
    こちらは頭の中で????でした。
    いま、また日本で普通語を再度学習しはじめましたが、老師からは、広東語訛りね⁈といろれたり、つい口から広東語の単語が出る始末。
    似てるようで非なる言語、恐るべし中国語!
    二兎追うものは…。
    ああ、本当に喋れるようになるのかと不安の過る毎日です

    • HKLF
      • HKLF
      • 2015年 4月 27日

      黎英さん、こんにちは。
      広東語と普通語、どちらも学習してしまうなんてすごいですね。
      やりはじめるとミックスアップしてしまいそうなので、私は今のところ広東語オンリーです。
      そもそも同じ中国語なのに文法から違ったりしますし、香港やマカオの人はしっかりそれを勉強させられるわけで(英語ももちろん)、学生時代は本当に大変なのではと思ってしまいます。

    • ハーフKun
    • 2015年 12月 05日

    では話していきたいとおもいます
    先ず、香港人同士でメッセージする時は、相手の環境相手の地位によって変わります。
    友達などと話す時は、簡単な英語 (simple English)か簡単化された廣東話 例えば(快D啦) か難しい言葉を同じ音を持っている言葉で表す
    可不可以を(可5可2) 可唔可以 可五可以もありますし、希に中国語のピンインで打っている人はめんどくさいので(書面語)を使うここもあります
    相手の地位と言うのは、先生、上司などに対しては正しい書面語またはEnglishでメッセージする事ですかね。 香港人は廣東話を話す時も英語を混ぜる時があると同じ用にメッセージの時もEnglishと廣東話を混ぜる事があります。

    どの言語が一番話しやすいか話せるかと言ったらどの学校に通ったかで異なりますが、大体廣東話が一番得意です.
    普通話とEnglishについてですが、香港ではほぼ全ての人が普通話が喋れます。調査の結果約50%の香港人が普通話を北京人なにみ使えるらしいです。でもその他の50%は喋れない事ではありません,ただ時々単語が分からなかったり発音の仕方がわからなかったり、廣東話のなまりがあるだけです。
    これはどういうことかというと、香港人は普通話は喋れますが完璧に喋ることができないと言うとこです.
    Englishですが、やはり学校によってさがあります。
    英語で数学や化学を教えているところもあれば廣東話で教えているところもあるのでもし英語で数教科を教えている学校があれば普通にreadingとwritingはできるでしょう。 元イギリスの植民地だったのですが英語は外国語、なのでやはり発音はなまりがあります.

    • HKLF
      • HKLF
      • 2015年 12月 05日

      ありがとうございます。
      現実に即した的確なご説明だと思います。

      やはり扱う言語が増えれば増えるほど、各言語のネイティブに比べると
      若干のディスアドバンテージが出てきますよね。

      それでも、やはり3つの言葉をほとんどの人が話せるっていうのは凄いと思います。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2017年12月
« 9月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

HKLF’s Twitter

PVアクセスランキング にほんブログ村
ページ上部へ戻る