自分だけの香港・下町歩きのすすめ – 写真で見る大埔街市界隈

私が以前、大埔の奥の奥のそのまた奥のど田舎で暮らしていたことは
前にも書いたが、私は今でもその大埔が好きである。
ちょっと垢抜けない素朴なところが気に入っていて、
昔を懐かしむ意味でもたまにぶらっと街歩きをする。

取り立てて何にもない街ではあるが、興味があれば読んでみて欲しい。


地図を見ればわかるが、大埔というのはMTRで沙田を越えてさらに北に向かう。
基本的に北に向かえば向かうほど本土色が強くなるという法則通り、
大埔もほどよく本土の匂いがする街になっている。

2014_05_06_TaiPo0002
おじさんも余裕のポーズ。
香港のストレスフルな都会生活と、本土の脱力ライフがちょうど良い具合に
ミックスされた独特の落ち着きが、非常に心地良い。

ちなみに、その大埔の中でも私が特に気に入っているのが街市
割と清潔な方だし、大好きなシーフードエリアが大きく陣取っていて、
とっても活気があるから、元気をもらいによくここを訪れる。

2014_05_06_TaiPo0003
ここが入り口。MTR大埔墟駅から歩いて5分ほど。
しかし、今は突入しない。何せ私はお腹が空いている。
飯の前には街市はタブー。私は知っているのだ、それを。

今まで私の個人的な意向により、多くの旅行者が街市に連れてこられたが、
食事前に街市に連れて行こうものなら、一気に旅の疲れでも出たように
食欲が減退してしまい、皆が何も食べられなくなってしまった。
あの街市特有の匂いに皆がやられてしまうためだ。

正直にいうと、この人為的事故の数々のため、今まで相当の不評を買っている。
そういう背景もあって、さすがの私も学習したという次第である。
街市を制するものは、まず飯を喰らう
多くの日本人たちが犠牲になって生み出された偉大な教訓である。

2014_05_06_TaiPo0004
何を食うか迷うところだが、私の場合は大抵ここだ。一樂燒臘飯店
そんな特別に値段が安いわけでもないが、いつ行っても
地元客で賑わっているし、それだけでも安心感がある。

客の入っていない店、これは全世界共通でどこに行っても黑點なのである

2014_05_06_TaiPo0005
・・・!?

いやぁ、すごいものが出てきたものである。
うちのワンコたちの方がよっぽど美味そうなものを食っているし、
どっから撮っても美味そうに撮れない、まさにカメラマン泣かせの一品

香港では白飯の上に何かをぶっかける料理がとても多いのだが、
もうすこし上品に飾り付けできないものだろうかといつも思う。
そこらの刑務所でも、もっとまともなもの食ってそうだ。

しかし、食ってみると美味い。味音痴の私でもそれくらい分かる。
大家樂の四寶飯とは明らかに格が違いすぎる。
そして、美味いが上にやはり見た目で損している気がして残念でならない。

日本料理だの、フランス料理だのに代表される、
お客が美しい料理の見た目を味わう、という概念がおおよそ無いのだろう。
そんなんだから、繋がらないとか言って田舎者の私にも斬られるのだ。

ちなみに場所はこちら。

さぁ、食事を済ませたところで、いざ街市へ。

2014_05_06_TaiPo0006
ここが街市につながる城下町。
ところで、さっきから写真を撮っている私にぶつかってくる人が後を絶たない。
前回の長州島のような観光地でないから、街のど真ん中でカメラを構える
ヤツなんて障害物のほか、なんでもない。ここは明らかに庶民の生活の場だ。

2014_05_06_TaiPo0007
ちなみに、城下町で見つけたこの店。
いろんなフルーツを売っているから、普通に果物屋なんだと思ってしまうが、
よくよく見れば看板には蛇王海と書いてある。

フルーツを売っているのに、蛇王とはこれ如何に?

前にも書いたが、蛇スープといえば冬
では彼らは夏の間は何をしているかというと、こういうことなのである。
まったく逞しい香港人の商売魂がここに見て取れる。

ちなみに、冬の間はなかなか好評の蛇スープを提供しているようだ。

2014_05_06_TaiPo0009
それから、こちらは私のおすすめのお店。
香港スイーツの豆腐花の専門店、亞婆豆腐花。現地の評価も高い。

この豆腐花ってやつは、体に良いのはよく分かるのだが、
当たり外れがはげしく、マズイところで食ってしまうと、
一生絶交ものの代物になってしまう、注意の必要な食べ物である。

2014_05_06_TaiPo0011
控えめの甘さに生姜の隠し味がきいている。美味だ。

これである。香港人が真に愛するスイーツってやつは。
彼らは毎日許留山でマンゴープリンなんて食ってないし、
私のように松記に入り浸ったりもしない。

彼らの基本スタンスは限りなく健康に気をつかった食
だから、街を歩いていても、そんなに肥え太った人を見かけないのも
ここに秘密があると私は見ている。

さぁ、お腹もいっぱいになったところで、いよいよ街市へ。

2014_05_06_TaiPo0021
まずは肉商人たち。
ここでは日本でなかなか見られない解体ショーがいつでも開催中。
ちょっと絵面もグロいので、苦手な人はとことん苦手だろう。

2014_05_06_TaiPo0022
ほら・・・ね?
こんな豚足だの内臓だのがあちらこちらにぶら下がっているから、
向き不向きがあるのは否めない。苦手な人は肉はスーパーで。

2014_05_06_TaiPo0023
ここでは何か調理中のようだ。
何が出来上がるのか、ちょっと見てみることにする。
炙りものをしているようだが。

2014_05_06_TaiPo0024
・・・!?

こんな料理あるのだろうか。それとも、遊んでいただけなのだろうか。
豚の顔の炙り焼きの完成?
本当に下手なお化け屋敷とか行くより、よっぽど面白い空間である。

2014_05_06_TaiPo0025
上層階にはこれまた威勢の良い八百屋。

2014_05_06_TaiPo0026
さすがにスーパーで買うものに比べたら、数段新鮮に見える。

そんな八百屋コーナーを抜けると、仙人たちの住む領域である。
ここの連中はまったくもって、儲ける気があるのかどうかすら怪しい

2014_05_06_TaiPo0028
何売ってるのかわからないし、店番も自分のことで夢中である。
私をして「自動販売機」と言わしめるのも、わかるだろう。
いまだに踏み込めない禁断の雰囲気がここ一帯には広がっている。

2014_05_06_TaiPo0029
売っているのは基本乾物系。

今日はせっかくの機会だから、店の中を発掘してみようと思っていたのだが、
肉屋だの、野菜屋だので写真を撮っても何も言わなかった街市セキュリティが、
ここら一帯だけは写真NGとしつこく迫ってきたので、それも叶わず。

やはり、この自動販売機ゾーン、怪しい

2014_05_06_TaiPo0013
最後はお気に入りの海鮮コーナーへ。
元気のよい声が飛び交っている。

2014_05_06_TaiPo0015
たくさんの魚たちがあちらこちらに。
吊り下げられている赤いランプもたいへん良い味を出している。

2014_05_06_TaiPo0016
売られる魚も少しエキゾチック?

2014_05_06_TaiPo0017
君の名前は何というんだい?蛇みたいだよね?

2014_05_06_TaiPo0018
ここは海鮮コーナーだったはずだが。
水の中からとれたっていう意味では有りなのか。
しかしなぁ・・・、イルカはダメでも、亀はモウマンタイなのね。

2014_05_06_TaiPo0019
街市の中では女性陣も奮闘。
香港では基本的に職種に性別制限があんまりないが、
こういう逞しい女性が非常に多いように思う。
これも香港の強さの理由のひとつ。

2014_05_06_TaiPo0020
いや、俺も頑張っているよ?
強面ニーチャンも視線付きでアピール。

ちょっとケンドーコバヤシ意識してる?

たまには下町へ行ってみようじゃないか

この街市というもの、まことに香港を凝縮したような場所である。
歩いているだけで元気がもらえるし、本当に楽しい。
旅行客にも当然見て欲しいし、現地に住んでいる人にも、
是非足を運んでもらって、そこでゲットした食材で食卓を賑わせて欲しい。

大埔も然りである。
ここで声を大にして「ぜひ大埔を訪れて」というには
やはり思いとどまってしまう何も無い街ではあるが、
みなさん、それぞれ気楽に歩けるお気に入りの下町を持ってみると、
都心部でなかなか見られない、新たな香港の一面も発見できて、
香港ライフにもより一層の心の潤いが生まれるのではと思う。

facebook
100人目のいいね!いただきました。ありがとうございます!

 

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

    • bonbon
    • 2014年 5月 06日

    私が豆腐花の美味しさがちっとも分からないのは、美味しいところで食べたことがないからか!と、納得いきました。絹ごし豆腐との違いが分からない…って、ずっと思ってたんですよ。甘さとか生姜の香りとか、感じたことがありませんでした。よし、それじゃ今度、ラマ島に行って評判のを食べてみようかな。

    • HKLF

      bonbonさま、

      絶対、そうですよ。
      美味しいところのは本当に美味しいです。
      私もラマ島のものを食べたことが有りますが、
      あれも噂に違わず、美味です。
      とくにあそこのものは、生姜がしっかりきいているので、
      きっとお気に入られると思いますよ!

    • kouko
    • 2014年 5月 06日

    はじめまして。
    豆腐花、私はおいしくないのを食べたことが無いような気がします。基本的に甘い豆腐味を受け入れることができるかどうかが好き嫌いの分かれ目かと思ってましたが、、、。マズイ豆腐花もあるんですね。香港、奥深いわ、、、。

    • HKLF

      koukoさん、はじめまして。
      コメントありがとうございます!

      私は豆腐花に関しては運が悪くって、結構外れ引いています。
      なんか変なもの混ぜたのでは、というくらい違和感があったり、
      味が異常に薄かったり、数えたらキリがありません。

      そのせいで豆腐花から遠ざかっていた時期もありましたが、
      こことラマ島のものを食べてからはまた食べるようになったんですよ。

    • ゆう
    • 2014年 5月 07日

    はじめまして。
    いつも楽しく拝見しております。
    香港版鉄博に行った時に街ブラしましたが確かにNT独特の空気を感じました。
    次回行ったら豆腐花を食べます!

    • HKLF

      ゆうさん、はじめまして。
      コメントいただきまして、ありがとうございます。

      そうですね。
      ここらには鉄道博物館もすぐ近くにあります。
      MTRの駅から歩いていくちょうど途中に
      今回紹介したお店たちはありますから、
      ぜひお立ち寄りください。

      豆腐花は特におすすめですよ!

  1. こちらの街市が、以前ウチのブログにHKLFさんがコメントで入れてくださった街市なのですね。洗手間は拝借したはずなのですが、その他の全てを巡っていません。中を歩きたくなりました。一樂燒臘飯店も行かなきゃあ。新明發ばかりで食べてる場合じゃないですね。(笑)・・・あ、街市へ突入する前に食事が先でしたね。ウチがもしもその逆でも可能だったとしたら、ある意味で考えものですよねえ。そもそも街市巡りした後にもまたお腹減りそうですし。う~ん・・・悩むところです。

    • HKLF

      こえださん、ありがとうございます。
      新明發の前を通った時はこえださんの記事を思い出し、
      心も揺れましたが、私も久しぶりだったので、
      一樂へ向かってしまいました。

      街市については一般の方向けなので、こえださんは参考外かと。
      多分、街市前でも後でも、なんだったら内部の熟食中心でも
      いけちゃうんじゃないでしょうか。そのくらいの上級者のはずです。

    • うまお
    • 2014年 5月 08日

    はじめまして。
    うまおと申します。

    大埔の記事にうれしくなりコメントさせていただきます。
    私は2002年から香港→深セン勤務となり、羅湖に近いところ!の理由ひとつで
    住居を北角→大埔として、住みついています。

    街市いいですよね!
    私はたまに上の熟食中心でメシを食らっています。
    あと、バーがあるのも酒飲みとしては助かっています。
    この地にいつまでいられるか、または環境を変える決断をいつするのか、
    惑ったりしております。

    では、また。

    • HKLF

      うまおさん、はじめまして。
      コメントありがとうございます!

      大埔にお住いなんですね。
      やはり大陸に頻繁にアクセスしないといけない方々は、
      北側に住むと何かと便利ですよね。

      私と同じく、あの街市を愛する方がいらっしゃって、
      とっても嬉しく思います!
      これからも私は時々大埔に散歩に行くと思いますが、
      何かおすすめのお店とかありましたら、教えてくださいね!

    • くらちゃん
    • 2014年 6月 02日

    はじめまして。
    家族が香港に赴任しており、だいたい月1回ペースで香港を訪問しております。
    いま広東語と香港の文化を猛勉強中でして、香港ライフファイルはとても参考になります!

    大埔の街市、私も大好きです!!魚介類、信じられないほど安くて新鮮で、あまりに美味しいので日本であまり魚を食べなくなりました。
    街市に行くようになってから香港への愛情が格段にアップしたので、この記事拝読してとっても嬉しかったです。
    またお邪魔させていただきますね。

    • HKLF

      くらちゃんさま、はじめまして。
      コメント残していただきまして、ありがとうございます。

      香港ライフファイルも、かなり適当なので、
      あまり猛勉強の材料にせず、余興程度に軽くお楽しみください、笑

      くらちゃんさまも大埔の街市をご存知なのですね?
      香港の街市の中でも私は一番好きな街市です。
      食材もとっても新鮮ですし、行く度に元気がもらえますよね。

      ちなみに、亞婆豆腐花はもう試されましたか?
      まだであれば、街市のすぐ前ですのでぜひ。
      ほのかな甘さがちょうどよくて、美味しいですよ。

    • toto
    • 2015年 1月 30日

    こんにちは。私は大埔では富善街が特に好きです。かつては道の中まで野菜うりのおばちゃんたちが占拠して歩くの往生したものでしたが、今はすっかり排除され普通に歩けるようになりました。でも独特の賑やかさは変わらないままで時々無性に歩きたくなります。

    • HKLF
      • HKLF
      • 2015年 2月 02日

      totoさん、こんにちは。
      大埔の街は自分のペースでローカルっぽさを満喫できるから良いですよね。
      富善街でも、あの賑やかさを楽しむとともに、文武廟で写真をとったりしてたなぁ。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2017年12月
« 9月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

HKLF’s Twitter

PVアクセスランキング にほんブログ村
ページ上部へ戻る