続・あなたが香港の虜になる31の理由(12〜18)

前回からの続き。(1〜11はこちらからチェック

12. 街を練り歩く獅子舞、ドラゴンダンス

dragon_dance
何かめでたいことがあると、街を写真のような獅子や龍が駆け巡る。
大音量の打楽器をともなって、街のど真ん中を闊歩する様は実にダイナミック。
中華圏に来たということを実感させられる、香港らしいパフォーマンスだ。

ちなみに、この獅子舞だが、旧正月の折にはお年玉欲しさに
庶民の家を一軒一軒まわって、頼んでもない舞をお金を出すまで踊り続ける
私も何度も追われたことがあるが、これはもう合法的な強盗である。

想像してみて欲しい。
何の因果か、あの獅子舞が大迫力で追ってきて、金をせびるのである。
しかも、ヤツラときたら無駄にフットワークが良い。

13. 野生の猿が街をお散歩

hongkong_moneky
以前に記事にしたこともあるが、野生の猿が郊外に横行している。
日光をイメージしていただければ良いと思うが、
やはり香港の猿達も随分と好き勝手に人生を謳歌している。

しかし、人はなぜ猿山を訪れることを止めないのか。
自分だけは襲われないという根拠の無い自信でもあるのかもしれない。
私もそういう考え方の持ち主の一人だったが、実際出てきたボス猿は
思っていたより全然大物で、反撃する術もなく、Coke Zeroを強奪されている。
無言でおもむろにボトルを奪われた時は人類の端くれとして詰んだ感があった。

14. ショッピングモール同士が歩道橋でつながっている

行人天橋
これはセントラルによく見られる光景だが、大きなショッピングモール同士が、
専用通路できちんと直結されているのも香港ならでは。
特に夏の猛暑時には随分と重宝されるもので、涼しい室内設備の中を移動して、
建物の間を移動できるのは非常に気分が良いものだ。

この通路の真中あたりの窓から見える風景はお土産写真にも最適

15. 知られざるクルーザー貸し切りパーティー

hongkong_Cruiser
陸地面積としては非常に狭い香港だが、代わりに海へのアクセスは抜群。

そんな地の利を活かして、貸し切りクルーザーなんかも実は盛んである。
みんなで釣りを楽しむも良し、船上パーティーだってOK。
料金的にも割とリーズナブルだったりするので、
海上で優雅にパーティーというのも、大人の嗜みというものだ。

ちなみに、香港島を縦断するあのトラムも貸し切りパーティーが可能

16. お酒を愛する人の楽園

LKF
とタイトルを付けてみたものの、香港人というのは下戸が異常に多い。
人前で酔い潰れるということ自体を忌み嫌っているようにすら思える。

しかし、ここは国際都市、香港。
パーティー好きな西洋人が集うスポットは、週末になれば大賑わい。
ディスコも12時を過ぎてようやく盛り上がりはじめ
そのまま朝までパーティーは続くのだが、そのための場所も酒も事欠かない。

但し、前述したとおり、ローカル民はクレイジーに酔っぱらった人に対しては、
とことん理解がないので、通りで倒れてたりすると容赦無い冷たい視線が注ぐ

17. スターフェリーからの絶景

hongkong_star_ferry
ヴィクトリアピークからの眺めと人気を二分する、スターフェリーからの夜景。
たった5分程度の小旅行だが、たった5分しか味わえないというのがまた良い

それから、このレトロな乗り物が今でも市民の通勤の足になっていて、
重要な交通手段として大活躍していたりするから驚きである。

皆さん、気分が盛り上がりすぎて、絶対気づいていないだろうが、
あなたのフェリーには、毎日のようにフェリーに乗って通勤し、
そして疲れきった体で家路についている人がいるのである。

そんな人もいるわけだから、フェリー内で右往左往するのは避けたい。
セントラルに向かう時は左側、尖沙咀行きは右側キープ、が鉄則である。

18. 朝の公園では太極拳が盛ん

Tai_Chi
どこの公園に行っても、朝になると太極拳に勤しんでいる集団を見るだろう。

一見簡単そうに見えるが、あのゆっくりとした動きでバランスを保つ、
というのは実は非常に難しいから、機会があればやって見て欲しい。
基本的には参加はフリーなので、何もなかったかのように隊に加われば良い

何だかパッと見はみんなプロに見えるが、実は普通に暮らしている
おじさん、おばさんの集まりだから、観光客があんまりマジマジと見ていると、
照れてしまって、集団と動きがズレ始める参加者が必ず数人でる

随分と目立つ場所でやる割に見世ものではないし、
参加者たちもまったくの素人たちだから、プレッシャーにはすこぶる弱い

次回に続く。

 

facebook← FACEBOOK始めてます。よければどうぞ。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. 「合法的な強盗」・・・のっけからウケました!確かにそうですね。(笑)大坑の火龍を見に行ったことがあります。でもあれはそうではないし、日本の中華街の獅子舞も強盗にまでは成り切らないですしね。
    お酒お飲めない香港人の方々が多いんですか。ホテルやレストランや一部の大牌檔を除くと、やっぱりお酒は置いていないような印象。コンビニにも超級市場にもあんなに陳列してあるのに、不思議です。酔い姿がNGだけに、各自宅でということなのかなあ?
    天星小輪は、いつも下層階に乗ります。やっぱり上層階よりも地元の方が多いから湾の情景にローカル色が加わっていいですし。下層階は、風や潮・オイルの匂いやエンジン音が近いからテンション上がります。でも大人しくしてますよ。(笑)

    • HKLF

      あはは、ブログでは散々好き勝手いってますが、
      旅行の時は絶対騒ぐべきです!(笑)
      逆に、えらくおとなしい行儀の良すぎる旅行客の方が不気味です・・・。

      あ、私もスターフェリーは下層階が好きです!
      仰るとおり、より濃厚な香港の風や匂いを感じられますし、
      二階席とはまったくちがう空気がありますよね。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2017年12月
« 9月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

HKLF’s Twitter

PVアクセスランキング にほんブログ村
ページ上部へ戻る