私の買ってきた榮華餅家の老婆餅が食べられないっていうの?

祖母「さぁさ、皆さん。ちょっとタバコしようかねぇ。
HKLFが香港からお茶を買ってきてくれとるけぇ。」
(鳥取弁でタバコとは休憩のこと)

叔父「俺はコーヒーがええわ。」
従兄弟「暑いけぇ、麦茶。」
姪「あ、私はジュースがええかな。」

・・・。

私がちょっと気に入っている榮華餅家の老婆餅を買ってきても、
みんなその横のポテトチップスだとかハッピーターンみたいな
いつでもどこでも買えるものしか手ださない。

・・・。(冷汗)

そんな事が何回か続いた後、私はお土産なんてどうでもよくなって、
とある日、香港の空港で適当に金沙を買って飛行機に乗った。
この金沙といえば、香港でも社交辞令といわんばかりに事あることに
やたらやりとりされている心のこもらない贈り物の代表格である。
ferrero

「ごめん。時間がなかったから、適当に選んだ。
イタリア製らしくて、全然香港関係ないけど。」

えっ?イタリアから?(喜)

おかしなことに、みんな揃ってバカ食いである。

・・・何か、間違ってんだろ。

危ないところから帰ってきたねぇ

何のことはない。
うちの家族にとってみれば、私が持って帰ってくるような
お茶だったり、中国語に塗れたお菓子だったりというのは、
テレビで見る毒餃子だとか、地溝油から作られた食品と同じ類にしか
映らなかっただけという、単純なお話である。

悲しいことだが、日本では割と普通にあり得る光景であって、
うちの家族を責めることは出来ないのではないだろうか。
特に田舎に行けば行くほどこの傾向は強い

彼らの頭の中の中国と言ったら、川の水が虹色をしていて、
都市部にはそれはもう竹田城趾も真っ青な雲がかかり、
竹田城趾
周りの人は常に生卵を所持し、日本人や日本企業を狙っている、
というようなろくでもないイメージでいっぱいだ。

だから、私がたまに帰ると、うちのおばあちゃんなんかは、
まるで孫が戦場から帰った来たかのように、「ご苦労様でしたなぁ・・・。」
と意味深げに慰めてくれるから、私も反応に困るのである。

しかし、そんなことはどうでもいい。
私にとって、一番残念なことと言えば、彼らが中国本土、台湾、尖閣、
そしてひいては私の大好きな香港をも全て同じカテゴリだと認識し、
論じてしまっていることである。

ドアもあるし、臓器も取られないから安心せよ

お祖母ちゃん世代なら、まだいいだろう。
なんせ戦争を肌で感じている人たちである。

しかし、悲しいことに同じ傾向は私と同世代にだって見られる。
(東京の友達ならまだしも、地元の方ね)

私が香港で暮らしているといったって、イメージ的には
中国の一都市でそれ以上でもそれ以下でもないから、どっちかっていうと
やはり「何で中国なんか行っちゃったの・・・」的な変わり者を見る目
(ひどい時には哀れみの目?)で見られることが多い。

間違っても、アメリカやヨーロッパに飛んだ海外組と
同じカテゴリで論じられることはないし、
飲み会の時の食いつきがまったく違うから肩身が狭いこともしばしば。

たまに話を振ってもらえたかと思えば、
「そういえば、トイレに連れ込まれて臓器を・・・」、
「あ、そもそもトイレにドアが・・・」、
マフィアとの繋がりはできたの?」とかそういう話ばかりだから、
日本人同士なのに話がまったくかみ合わなくなる。

彼らの中に本当の香港を知ってるものが何人いようか。

 私が声を大にして言わなくたって

この日本人の香港、台湾当たりに対する認識が
変わることについては、なかなか期待し難いものがあるし、
私がこんなちっぽけなサイトで声を大にしたって、
これっぽっちの効果がないことは私だって分かる。

しかし、何を隠そう私もその一人であったのだが、
初めての香港旅行で空港に降り立った時の疑心暗鬼な表情が、
帰りの飛行機に乗る頃には香港中毒者のもつそれに変わり、
ご多分に漏れず、ちょっと大きくなったお腹まわりとともに
帰って行くという体験を、私はこの目で幾度となく見てきている。

そういう意味では日本人の香港観については、私は極めて楽観的だし、
自分の香港好きという点については自信をもっているところがある。

一カゴの蝦餃、たった五分間の天星小輪、眠らない夜。
それだけあれば、香港のことを何も知らなかった日本からの訪問者を
コアな香港ファンに変えてしまうことが出来る事を私は知っているから。

香港とはそんな中毒性の強い、別の意味で危ない都市なのだ。

 

あとがき

最後に少し。

私が帰省時に軽く嫌な思いをするのは笑い話にもなるから良いだろう。
だけど、たとえば、香港から日本に旅行しに来ている人、
もっと言うと、日本に住んでる彼らに向かって、ひとくくりに
ネガティブな中国人同じ扱いするのは彼らにとって災難である。
(何を隠そう、私も昔はまったく区別ついてなかったけど)

それに、彼らがどんなところから来ているか知った時に、
日本人の方もちょっと恥ずかしい思いをするかもしれない。

更に言うと、私は中国本土の出身者でも、とても洗練されてて、
心の優しい人だって知ってるから、そこらへんは
あんまり紋切り型に話を進めるべきでは無いとも思ってる。

まぁ、みんな、知ってると思うけど一応。

facebook

Facebookでは、香港ライフファイルのこぼれ話も?

 

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

    • kouko
    • 2014年 7月 08日

    都市伝説で、香港の洋服屋の試着室に入った女の子がそのまま行方不明、香港マフィアに売り飛ばされていた~とかいうのもありましたよね、、、。この土地の高い香港のどこに隠し扉のついた試着室を造る余裕があるというのか、と小一時間説教ですよ。
    ただ最近日本人一部のひとから、日本最高!よその国って、日本ほど便利じゃない/安全じゃないんでしょう?っていうのをよく聞きます。そのたびに、アレ、日本人ってこんなこという人たちだったっけ、、ってちょっと違和感。香港のほうがいろいろと便利だよ~と言いたいのをよく我慢しています。

    • HKLF

      隠し扉・・・笑
      確かにそんなお金や場所自体がないかもです。
      バッチリお説教してやってください。

      私は逆に日本に帰ったときに、不便だなと感じたり、
      怖いなと思うことの方が最近多いですが、
      よく言われる「香港ってハードは発展してるけど、
      ソフト(人)は。」にはやっぱり何もコメントできません。

  1. まさにそうですよね!!香港と上海と台湾をみんなごちゃ混ぜにしているし、すごい危険だと未だに思ってる人が多いのに戸惑いを隠せませんでした。(ちなみに東京の人たちですw)

    香港コンパクトで便利で、いろいろとアツイ楽しい国なのをまずは来て体験すべしっといつも思いながら、スルーしてます。

    • HKLF

      ellyemさん、ありがとうございます。

      まさに仰るとおりで話聞いてると、イメージがごっちゃすぎて、
      今どこの話してたんだっけ?となりますよね。

      そんな人も一度香港に来れば、全然変わるのですけど。
      来る前からブーブー文句言ってる人に限って、
      コアな香港ファンになったりして、ちょっと面白いです。笑

    • いち
    • 2014年 7月 09日

    あぁ、もうサイコーです。自分が声を大にして叫んでも変わらない事で変える意味もない事なのでしょうが、そのとおりです!
    、、、とわたしは勝手に思ってます。
    お土産は香港側にも日本側にも頭の痛い問題ですよね。自分が数年かけてたどり着いた結果は、日本側には奇華のクッキー(軽い、ばらまける、中華っぽいけどゴテゴテじゃない、安価、空港で買える)かドライマンゴー(漢字がなくて中国っぽくないので手を付けてもらえる)←すでに香港土産としての意味はない、、、、
    香港側には、白い恋人かごま〇まご(和菓子は全て甘すぎとの理由で受けないけどゴマ関係だけは別、芝麻糊のせい?バラマキできる、空港で買える)、女子には日本製アクセ(安いものでも香港のものよりクオリティが高く、何と言っても日本れい、って事で喜ばれる)です。
    本題とは別ですが、日本に帰省していると、今は中国人と香港人の区別がつくようになり、大きい声で道端で行き先で討論している香港人の団体なんか見かけるとつい道案内の手助けをするチャンスをはかって近くにたったりして、日本にいてまで広東語が頭をめぐっていておかしくなったりします。

    • HKLF

      いちさん、ありがとうございます。

      香港のこと知らない人に大声で宣伝しても効果無いですから、
      「私だけで楽しんじゃってごめんなさい。」的な
      自分だけの場所にするのもありかもですね、笑

      奇華のクッキーはパンダのやつですよね?
      あれはうちは拒絶反応が出ました・・・。
      パンダ=中国が連想されてしまったのでしょう。

      逆に日本→香港はほとんど悩んだことがありません。
      おばあちゃん家の仏壇の供え物の残りを持って帰るだけで
      香港人の皆さんはかなり食付きます。
      何事もイメージですよね。笑

      あはは。日本で広東語は面白いですね。
      私の場合は、なるべく広東語を避けるようにして
      帰省を楽しむのですが、香港人って
      「こんな田舎に外国人はおらんやろ」みたいな
      マイナースポットにもいますからね。苦笑

      それから、自分が人にぶつかったときとかも、
      思わず「ンホウイーシー」とか言ってしまって、
      自分に驚いてしまうことがよくあります。

    • みん
    • 2014年 7月 09日

    こちらのサイトにたどり着いてから毎日更新を楽しみにしております!
    縁あって少し前に香港で暮らし始めた者です。
    香港はまだまだ初心者ですが、前職で大陸を担当しておりましたため、大きく頷きながら今回の記事を読ませていただきました。
    もちろん、最後に書かれていたように、紋切り型ではめるのは良くないものの、こちらで暮らし始めてみてやっぱり違うな・・・と実感することは多いです。
    大陸出張時に行き始めたころには私も家族におみやげを買っていましたが、誰も積極的に手を伸ばさなくなりやめました(T_T)
    これからもぜひ楽しい記事期待しております♪

    PS、いちさんのコメントの奇華のクッキーは大きく同意です!

    • HKLF

      みんさん、はじめまして。

      香港で暮らし始めたばかりの方がこんなアウトサイダーな
      香港サイトなんか覗いても身のために・・・

      と思いましたが、すでに大陸を知っていらっしゃるのであれば、
      まったくの杞憂かもしれませんね。笑

      他の海外に比べると随分と日本に近い文化を持つ香港ですが、
      実際住んでみると意外に日本との違いを見せつけられますし、
      人にしたって、青い目をしてるわけでもない、
      見た目はほとんど日本人と変わらない香港人たちが
      思いもしないアクションをとってくるので、
      そういう意味では相対的に驚きも大きかったりです。

      お土産の件も、そんな「あるある」のうちのひとつですが、
      みんさんもいろいろご体験されることと思いますので、
      また是非お聞かせくださいませ。

      笑い話的に書いてるうちにストレスな出来事も
      なんだか楽しめてくるような気になってきます。笑

    • koyomi
    • 2014年 7月 12日

    初めまして。いつも愛読しています。
    HKLFさんの記事は本当に香港愛に溢れていて、視点と語り口も大好きです。
    お陰で、私の香港(偏)愛も日々ますます育まれております。
    昨年からクアラルンプール在住なのですが、海外から見る日本というところでも頷くところがとても多いです。
    私は最近の尖閣を初めとした中国の横暴なニュースに触れる度に憤ってますが、それとは別にKLのチャイニーズ友人らとはとても仲良くしています。
    そしてうちも実家が東北の田舎なので両親らはもちろん紋切り型思考です。
    今回の記事は特に激しく共感してコメントしてしまいました。これからも更新ガンバって下さい!!

    • HKLF

      koyomiさん、はじめまして。

      香港でも日本でもなく、マレーシアからコメントいただけるなんて、とても嬉しいです。
      というか、私の書く記事って、香港に前のめりになってる感があると思うので、他国の方に読まれてると思うと少し恥ずかしい気もしますが・・・。苦笑

      マレーシアといえば、私はよくコタキナバルには行くのですが、お恥ずかしながらクアラルンプールは未踏です。
      やっぱりKLライフファイルが出来ちゃうようなハプニングの連続なのでしょうか?笑
      海外にいると何かとストレスも多いですが、それも笑い話にしちゃって、楽しんだもの勝ちですよね。
      koyomiさんもまたKLでのエピソードをお聞かせください。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2017年12月
« 9月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

HKLF’s Twitter

PVアクセスランキング にほんブログ村
ページ上部へ戻る