私のルーツ、ドラえもんの家。香港スローライフのすすめ

皆さん、大尾督というところに行ったことはあるだろうか?

郊外も郊外。大郊外である。

最寄りの駅まではバスで30分
コンビニだって、20分くらいバスに乗らないとないという、
いわゆる一般的な日本人が思う香港とは似ても似つかない場所だ。

年に数回、香港人はバーベキューをやりに大尾督を訪れるが、
そうでもなければまず寄り付かない、陸の孤島である。

いきなり落ちた落とし穴

何でいきなりこんな話をするかというと、実は私、ここに住んだことがある

私には海外で暮らしたい、そんな漠然とした憧れがあった。
だから、ひとまず語学留学ということで、中文大学の広東語学生として、
あり得ないくらい軽いフットワークでふらっと香港にやって来た

寮に入るでもなく、土地勘も全くなく、であったから、
家の手配は地元をよく知る香港人に頼めば問題なかろうと思っていた。

結果がこれだ。

渡されたアドレスを手にタクシーで家についた時には、
どこの中国本土に迷い込んだのかとさえ思った。周りに何もない。
どうやらこれが夢でも何でもないと思い始めたころ、
ザーザー降りの雨の中、私は文字通り絶望に打ちひしがれた。

ドラえもんの家

なんということだろう。

私はあのビルに囲まれた王家衛の世界で、エネルギッシュで
ヴィヴィッドな香港生活を送るんじゃなかったのか?
日本でだって、こんな田舎には住んだことがない。
これから始まる香港生活がまったく想像できなくなった。

とうとう頭に来て、家をアレンジしてくれた香港人に怒りの電話をした。

「日本人はみんな、ドラえもんののび太君の家みたいなのに
住んでると思ったから・・・。気に入らなかった?」

ドラえもんハウス・・・、どんな先入観持ってんだ。
怒りを通り越して、私はひとり欝気味になっていた。
周りに何もない。コオロギみたいなのが煩く鳴いているし、
アイスが食べたくなってもセブンもない。

隠居したじいさん、ばあさんが安らかな死を待つ場所にすら思えた。

陸の孤島での生活

村屋
確かにドラえもんハウスではある。
しかも、家賃は1フロア700sqftでHK$4,500の破格の価格
ただ、一人の王家衛に傾倒した若者にとっては地獄のような場所だった。

私はその頃、香港の食生活にも馴染めないという別の問題も抱えていた。
旅行レベルで来るなら、しこたま飲茶でも中華料理でも良いんだが、
さすがに毎日毎日脂っこいものを食べること
私の胃腸にとって想像以上の負担になっていたからである。

心身ともにボロボロになっていたころ、ついに大学生活が始まった。

サイクリング中の意外な出来事

この大尾督というのは大囲から吐露湾をぐるっと回って大埔までの
サイクリングコースの最終駅。おかげで自転車に乗るには最高の場所である。
その地の利を活かし、私は毎日大尾督から大学駅まで自転車で通った。

こんな健康的なこと、日本だってしたことない。
カンカン照りの太陽の下で、サイクリングを毎日楽しめるなんて贅沢だ。
それに、ある日の帰り道、私はこんな風景を見た。

5295851869_3236573df0_z
なんて美しいところなんだろう。
香港でこんな風景を見られるなんて思ってもいなかった。

香港でのスローライフも捨てたもんじゃない

学生という身分だったからこその生活といってみればそれまでだが、
私は徐々に田舎暮らしを楽しみ始めた。
学校から帰ったら、釣りに行く。庭では野菜を育ててみたり。

そして極めつけは好きなときに好きなだけバーベキューである。
人を呼んでパーティーしたっていいし、一人本を読みながら、
炙り焼きを楽しんだっていいのだ。こんな贅沢ってなかなかない。

そして、そこに住む田舎の人達も私の生活を支えてくれた。

村の入口に一軒だけ簡単な料理を出すお店があるのだが、
そこの夫婦が食生活に悩む私のために、店のメニューにない、
「豉椒排骨炒烏冬」を私だけのためにいつも作ってくれた

焼きうどんみたいなもんなんだが、今私が香港にいられるのも、
この焼きうどんがあったからといってもマジで過言ではない。
それくらい私は弱り切っていたのだ。

綺麗な空気と風景、健康的なサイクリング、(頑張った広東語)、
焼きうどん、バーベキューパーティー。
ここだからこそ出来ることを思い切りエンジョイして、
私は徐々に元気を取り戻し、その場所が大好きになった。
私の香港のルーツとも言うべき場所となったのである。

ちなみに、お店の名前は邦利士多。林夫婦が営んでいる小さなお店。
私の香港での大恩人であり、今でもたまに訪れるのだが、
いつも変わらないくったくのない笑顔で迎えてくれる温かい場所だ。

林太

4308_81301625817_2362055_n

邦利士多

お近くにお寄りの際は、ぜひ「豉椒排骨炒烏冬」を。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. 大埔からサイクリングでこの辺りに行ったことありますー。(3年ぐらい前の話ですが。。)
    確かに写真のような一軒家が多かったです。いきなり香港生活がココからスタートしたとはすごいですね!
    それにしてもサイクリングコースは大埔周辺だと大人が補助輪付きでぎこちなく乗っているのを結構見かけたのでカルチャーショックでした。

    • HKLF

      Celiaさん、あんなところまで良く遠出されましたね。(笑)
      休日は香港中から慣れない自転車ライダーが集うので、
      あそこらで交通事故が多発します。自転車同士の・・・。

      まー、ほんとに最初はどうしようかと思いましたが、
      まさに住めば都だと思いますよ。

  2. テキストを読み進めて行くにつれ、その地への気持ちが徐々に変わって行く様子が伝わります。一介の旅行者(僕のこと)では、こうやって「暮らす過程」で受け入れたり見つめたりする自身の変化を大切に心に刻んでいくことは、今後もきっと不可能。素敵なルーツの一端をご紹介していただけて、なんだかにっこり。林さんの笑顔に触れてなんだかほっこり。最後の1枚の写真の笑顔と仕草は、HKLFさんとの距離の近さを如実に物語っていますよね。きっと今でも。・・・自然や人と、あたたかなルーツを生み出されたこと、素敵ですね~。
    日本での出張はまだ真っ最中でしょうか?あるいは終了近しでしょうか?おつかれさまです。

    • HKLF

      いくら香港マニアのこえださんでも、ここには来られたことが無いでしょう(笑)
      本当にありえないくらいのど田舎なんですが、
      やっぱり住んでる人も素朴で人がいいので、
      ここで香港人の暖かさに触れたからこそ、やってこれたのかもしれません。
      最初から忙しく、カリカリしてる香港ばかりに囲まれていたら、すぐに日本に帰っていたことと思います。

    • bonbon
    • 2014年 5月 06日

    ここ、私も行ったことありますよ〜!
    ここにあるダムの真っ直ぐな道を歩いてみたいという、しょーもない理由でしたが、酔狂な友人が二人付き合ってくれました。持つべきものは友。笑
    こんな良いところにお住まいだったなんて、ちょっと羨ましい体験です。通う先が大学だったからこそじゃありません?ここからチムや香港島のオフィスに通うとなると、不可能ではないけれど、だいぶ躊躇すると思います。
    周りの人が親切だったのも、HKLFさんのお人柄、人徳でしょうね。

  3. HKLF

    bonbon様、

    あれを歩くためだけに行ったのですね?(笑)
    行った先に何があるでもなく、ただひたすら歩くだけで
    大変だったでしょう。夏ではなかったことを祈ります。

    でも、私、あの道がとっても好きであそこを通って、
    よく釣りにいったりしていたんですよ。

    ちなみに、ここからしばらくTSTまで通勤してましたが、
    1時間半コースでした・・・。お休みの日は最高でしたけどね。
    みんな、ゆっくり暮らしているし、素敵な場所です!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2017年12月
« 9月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

HKLF’s Twitter

PVアクセスランキング にほんブログ村
ページ上部へ戻る