私が香港でやらかした間違いだらけのBBQパーティー

何度も書いたが、私は香港でもかなりの田舎に住んでいたことがある。

交通がとことん不便だったり、最寄りの711にいくのに
20分もバスに乗ったり、裏山から頻繁に蛇やカエルが遊びに来たりもした。
嫌になることには事欠かなかったが、その逆に良いこともいくつかあった。

そのうちの一つが、いつでも自宅でBBQが出来ること。
これは私にとって、大変な贅沢とも言える田舎の特典だったし、
今でもそれがためにあの村に戻りたくなることだってある。

だから、当時の私はそんな幸せのおすそ分けといわんばかりに、
「えぇ?MTR駅からバスで30分って・・・」とちょっと引き気味な
香港人の友人たちを自宅に呼んでBBQパーティーを計画したのである。

正論すぎて、何も言えねぇ・・・

雨の多い春も終わり、太陽もカンカン照り。
自分の大好きな季節、夏がついにやってきたことを確信した私は
満を持して、香港人たちに電話をかけ始めた。

真夏のビーチや河原でのBBQは、日本では夏の風物詩の一つだし、
私の頭の中にはまさに日本のそれが思い浮かべられていたのである。

私「BBQやろっか?」
香港人「ハァ?何言ってんの?今、夏じゃん。」
私「そうだよ。だから、早くやろうよ。」
香港人「痴線、死架仔!(ガチャ)」

・・・!?
誰を誘ってみても、大体同じような反応である。
何も間違ったこと、言ってないと思うのに・・・。

その後、彼らから直接理由を聞き出すことになるが、
それは理由とも呼べないような単純な自然の摂理であった。

「このクソ熱い中、BBQなんて誰もやらないよ。
普通、寒い冬の間にやるだろ。暖も取れるし、一石二鳥じゃん。」

正論すぎて、何も言えねぇ

・・・往生際の悪い私は夏の間も汗ダクダク、そして
蚊に刺されまくりながら、自宅で一人BBQを続けたのだが、
夏も終わる頃になってようやく心が折れた。暑さがハンパないのである。

教訓:やっぱり香港のBBQは冬に限る。(確信)

彼らのBBQ美学を完全無視した失態

そうして、念願のBBQパーティは冬期開催されることとなったわけだが、
私にとっては半年越しの待ちに待ったBBQであったし、
こんな辺鄙なところまで来てもらってホストする側であるから、
私は少し気を遣って、みんなのために肉を焼く係を買ってでることにした

私が外で肉を焼いている間、友人たちは温かい家の中でご歓談。
我ながら、なかなか友達思いなアレンジだと私は自分に少し酔っていた。

しかし、である。
どうも香港人たちの反応が私の期待したものではない。
どこか居心地が悪く、何かとても物言いたそうな顔ばかりなのである。

遠慮しているんだろうか、この人たちは・・・。と私も心配をはじめた矢先、
友人のうちの一人がついに我慢できなくなって、口を開いた。

もういいから、自分で焼かせろ。(怒)

HK_BBQ
で、始まったのがこれである。

各人が1〜2本の棒を持って、自分で食べる分を自ら焼くスタイルで、
野宿並みのワイルドさがちょっと魅力的だが、非効率な焼き方にも見える。
しかし、彼らはこれがやりたくてしょうがなかったのである。

自分の好きな具材に蜂蜜なんかをつけて、好みの焼き加減にした後、
見よ、この黄金色に輝く美しい鶏翼をっ!
と鼻高々に焼きたてを頬張る。ここまでやってこそ、彼らのBBQというもの。

であるから、そんな彼らのBBQに対する至高の美学を無視した、
「私が全部焼いてあげるから、家の中で待ってて」なんていう
安っぽい気遣いはまさにありがた迷惑以外の何物でもなく
他人の焼いた肉なんて食ったって、彼らは何も嬉しくなかった、
という悲しい事実だけがそこにあったということになる。

まったく、私がたまに気を遣うと、これだから嫌になるわけである

片付けの最中に起こった血尿事件

そんな最初から最後までズッコケ続けたBBQパーティーであったが、
日式焼きトウモロコシ等の食べ物の献上による必死の挽回作業により、
なんとか友人たちも笑顔を取り戻し、円満なうちに片付けの時間となった。

しかし、最後の事件はそんな片付けの最中のトイレで起こったのである。

あれ・・・何で・・・トイレの水が赤いの・・・?

誰が流し忘れたのか知らないが、透明なはずの水が赤く染まっている。
しかも、かなりの油分が水面に浮いているから、これは尋常ではない。
普段じゃ考えられない色だけに私はかなりビックリしてしまったが、
やがて想像もしたくない、最悪のシナリオが思い浮かんでしまった。

「あんなに元気そうに振る舞っていた友人のうちの誰かが、
実は体が悪くて血尿(ガンとかそういうヤツ?)に苦しんでいる。
誰にも言えなくて秘密にしているのではないだろうか・・・。」

友人たちが談笑を続ける中、私はひとり浮かぬ表情になった。

答えは更なる衝撃の光景の中に

当然、そんなことをみんなの前で言えることもなく、
しばらくの間、私は悶々とした日々を過ごしていたのであるが、
後に今度は私がお呼ばれすることになって、香港人たちの自宅に
遊びに行った時に衝撃の光景を見てしまうことになる。

この人たち、料理の残りをかなり大胆にトイレに流していたのである。

いや、それちょっと固形物も残ってるのでは・・・、と心配するような
ものでも流してしまうが、不思議とトイレの方も詰まることがない。
ちょっと硬いティッシュを流すだけで音を上げてしまうような
日本のトイレと違って、筋金入りのタフガイである。

「あれっ?もしかして・・・?」

・・・血尿の秘密が解けたのであった。

facebook

Facebookでは、香港ライフファイルのこぼれ話も?

 

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

    • lei
    • 2014年 7月 07日

    あ。わかります。
    BBQ、冬にやるものと聞いてびっくりしました。
    寒いのに何故わざわざ野外で暖を取るんだ…?と
    ツッコミ入れてしまいました。
    焗焗哋な室内より、新鮮な空気の野外で温まる方が、香港人の肌感覚(なんて言葉はないと思うけれど)には合っているのでしょうね。
    そして、日本人のおもてなしや、良かれと思っての気配りが
    実は全く喜んでもらえない、という事もよくありますね。
    昨日は私もそれを久しぶりに体感したところです。

    あと、血尿(笑)
    香港の便器はタフですよね(^^;;
    便器さん、いつもありがとう。

    • HKLF

      leiさん、ありがとうございます。

      冬もあんまり外に出たくないのですが、考えてみれば
      夏は暑いところで火まで燃やしちゃうわけですから、
      彼らにとっては当たり前の論理のようです。
      (私はそれでも日本の夏のBBQが好きですが)

      昨日のleiさんの記事もかなり同感な部分があったのですが、
      こちらが良かれとすることが向こうには何の意味もなかったり、
      逆に向こうの好意がうざくて仕方なかったり。
      やはり文化が違うだけに未だにすれ違うことも多くて、
      悲しいエネルギーを使ってしまいますよね。

      そんなやりきれない思いもトイレに流せたら良いのに!?

    • John
    • 2014年 7月 07日

    冒頭の「チーシン、セイガージャイ」は声を出して笑ってしまいました。
    僕は妻(香港人)の母親と同居しているのですが、たまに気をきかせて残飯の片付けをしようとするものの、トイレに流していいものと、新聞紙にくるんでゴミ箱にすてるべきものの区別がいまだにつかず、日々嫁と義母に怒られています(笑)

    • HKLF

      Johnさん、ありがとうございます。

      これはまた、私より全然ローカルに近い環境で香港ライフを
      満喫されていらっしゃるのですね。羨ましいです。

      香港人なりにも分別のルールがあるようなのですが、
      そこらへんも何を基準にして決めているのか、
      まったく定かではないですし、禁断の領域ですよね。

      ていうか、香港にゴミの分別とか収集日とかないのだから、
      ちょっと外に捨てに行くくらい行けばいいのに。
      とかトイレが壊れたら言ってやろうと思っているのですが、
      トイレがまったく壊れてくれません・・・。

    • bonbon
    • 2014年 7月 07日

    私は常々、どうして日本人は夏にバーベキューをやろうとするのだ…と不思議でした。日本人ですけど。どう考えても暑いじゃありませんか。上からはお日様(灼熱)、下からは炭火(遠赤外線)ですよ。
    冬は寒いし、春か秋頃がいいんじゃないですかね。
    だから、そこのところは香港人と意見が同じですが、彼らの焼き方にはやっぱり納得いきません。笑 なにその原始的な、非効率的なやり方は…。
    かと言って、アメリカ的?な、BBQグリルでBBQ奉行が焼くだけ焼いて、みんなで食べるというやり方も、なんだかつまらない。やっぱり日本の、焚き火を囲むような、焼肉のような、目の前で焼きながら食べるのが、一番楽しいように思います。

    トイレはねー…。ちょっとショックですけど、やっぱりそうなんですね。こっちのトイレって水流がイマイチなことが多いわりに、大仕事をこなすんですよね。

    • HKLF

      bonbonさん、確かに春や秋がいいとは思うのですが、
      多分「俺たち、BBQで温まってる勝ち組」感も含めて、
      香港BBQの醍醐味になってるのかもしれません?

      私もああやって棒切れをもってジッとしているのが
      どうにもこうにも苦手で網の上でまとめてやきたいのですが、
      まったくそれを許可してくれないので、焼きあがる前に
      お腹が空いてしまって、つまみ食いが絶えません。
      (焼きあがる頃には結構お腹いっぱい)

      大仕事・・・。笑 過労死しないといいですけど。

    • kouko
    • 2014年 7月 07日

    BBQもそうですけど、花火大会も冬のものって思ってますよね、彼らは。まあ実際問題、夏場の台風と雷雨のことを考えると夏の花火なんて無理ですよね。

    • HKLF

      koukoさん、ありがとうございます。

      なるほど。
      文化によって違う夏と冬。
      これで一記事・・・。
      (ネタ帳に汚い字で何かが書きなぐられたようです・・・)

    • カシタニ
    • 2014年 7月 08日

    わーーっ!!
    記事もそうですが、コメント欄でもなるほど!!と思うことがいっぱいです。確かに香港では、この季節のバーベキューは命がけかもしれませんね。バーベキューは冬に開催するものだったとは・・・。納得であります。でも、自分の好きな焼き加減が味わえるセルフバーベキュー、とってもおいしそう!!我が家でも焼肉やすき焼きをやるときは、各自自分の肉だけを焼くスタイルです。自分好みの焼き加減に焼けて自己満足度が高いんですよ~。でもね、一体感は生まれないかな☆

    • HKLF

      カシタニさん、ありがとうございます。

      そうなのです。香港BBQは驚きが多いのです。
      ちょっとやってみれば分かると思いますが、

      ずっと手で持ってなきゃいけない。
      熱くなっても離れらない。
      肉が日本みたいに薄切りでなくて、塊なので時間がかかる。

      と苦労が多すぎます・・・。
      が、その分、焼けた時の満足感が大きいのかな。
      効率的なことが好きな香港人には珍しい行動パターンです。

    • cfling
    • 2014年 7月 10日

    はじめまして、香港人です。日本語が不十分な点はご容赦ください。
    偶然このブログ見つけて、日本人が香港をどう思っているのか知ることが出来て、大変興味深いと思います。

    しかし、夏のBBQですか、確かにオススメしませんね。(笑)
    香港人を代弁することは出来ませんが、個人的に、太陽の下でBBQより冷房で鍋をするほうが好きです。お気づきかもしれませんが、香港の酒樓には「XXX火鍋海鮮酒家」みたいな名前が多いですよ。ファミリーレストラン(「大家樂」とか)にも一人前の鍋セットがあるし、それだけ香港人が鍋好きと言えるかもしれません。

    • HKLF

      cflingさん、はじめまして。
      日本語、とても上手だと思います。
      (私の日本人友達の一部よりうまいです・・・)

      あ~、そうですね、火鍋いいですよね。
      これも冬になるとものすごい人気になりますね。
      (上級者は夏も火鍋するのですね・・・)
      日本の鍋も美味しいけれど、香港の火鍋も良い!

      大家樂に火鍋セットが出始めると、
      「冬が来たなぁ」と感じる風物詩ですね。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2017年12月
« 9月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

HKLF’s Twitter

PVアクセスランキング にほんブログ村
ページ上部へ戻る