港式早餐 – 「食の都」香港に生まれてしまった罪なヤツ

最近の私といえば、毎朝「泰昌餅家」(青衣店)で
菠蘿飽とエッグタルトを買って、それを朝食としている。
毎日同じメニューであるから、私が並ぶだけで店員の方も
袋の中に菠蘿飽を入れ始めるようになってしまった。

香港ライフファイル」ー。もう自他ともに認める、
香港ローカル道を地でいくサイトである。
読者の面々にも並々ならぬディープで屈折した香港愛を感じる。

どこぞの香港ブログランキングを覗いてみると、
他のブロガーの方々がホテルのグルメレビュー、山の上の生活等、
華やかな話題を繰り広げるなか、書いてる私でさえ、
「香港ライフファイル」のローカル臭さは可哀想になってくる。

まぁ、それはいい。今後も路線変更の予定はなしだ。
問題は、そのサイトの運営者が実のところ、
最近ほとんど茶餐廳に寄り付いていないということである。

香港ローカルの食卓ともいえる場所にHKLFが行ってない。
TwitterやFacebookで見かける旅行者の方々の方が、
よっぽどB級グルメにどっぷり浸っているわけだ。

これはある意味、読者に対する裏切りではなかろうか。
というわけで、急遽その場しのぎ的に私は毎日菠蘿飽修行を
一人黙々と断行し、罪を償っていたわけである。

まさに誰得な苦行としか言い様がない。

久しぶりに食うと割とうまいじゃん

菠蘿飽。こんな美味かったっけ?久しぶりに食った感想である。
ただ、これは菠蘿飽が急に美味しくなったというよりも、
(香港の店で味が落ちることはあっても良くなることはほぼなかろう)
私の舌と視覚が香港ローカル化したと考えたほうが正しそうだ。

というのも、私が香港に来たばかりのころの話だが、
香港のローカルレストランで食べる朝食のまずさにだけは
どうにもこうにも対応できず、私は毎日のように朝食難民となっていた。

この菠蘿飽だって、はじめて食ったときには、
異常にポロポロ落ちる、メロンパンの出来損ないだと思ったし、
しきりに「外が脆くて中が軟らかいものが香港人は大好きなんだ」
と力説する香港人は「日本のメロンパンのが100倍うまい
でバッサリ切り捨てていたように思う。

食わず嫌いな私は港式早餐(西餐)にトライ

今思えば、香港の朝食といえば、それなりにオプションがあった。
別に茶餐廳にいって菠蘿飽を食べなくたって、
炒麺やお粥だっていいし、他にもうまい香港独自の朝食がある。

しかし、そのころの私といえば、香港超初心者なうえに、
性格的に食わず嫌いなわけで、そんな日本人が
ローカル色が濃厚に漂う中華系の朝食に手を出すわけがない。

となると、残るチョイスはいわゆる西餐(西洋系)の
港式早餐がメインになってしまう。
一見、不味く作るほうが難しいようなメニューばかりであるが、
これがまたどうしたわけか問題児だったのだ。

hongkong_breakfast

食の都だってのにさ

私はまったくもってグルメでもなんでもない。
そんな私ですら、この港式早餐とやらには突っ込みどころが満載である。

まず、玉子もぜんぜん玉子の味がしないし。
どうせ、街市で自動販売機から買ってきたどこの国からやってきたか
わかんない玉子だろうよ。ていうか、本当に玉子?

そして、ソーセージだってしょっぱいだけで全然美味しくない。
日本でそこらのスーパーで売ってる日本ハムのソーセージを
自分で買って炒めた方がよっぽど美味いじゃん。

食パンに挟まれているバターもなんかもう変色しきってて、
賞味期限なんか3年位過ぎてるんじゃないか。
そして、その凍檸茶、おばちゃんの指、めっちゃ浸かってるけど。

もうそんなことばっかが気になって、食事どころではなかったのを
今でもよーく覚えている。

しかも、目の前では香港人が朝っぱらから、私が学生時代に
しこたま食べた出前一丁を何故か美味そうにすすっているのである。
朝からそんな胃にもたれそうなもんよく食うわ。
そして、出前一丁の方が他の麺より高いってのはどういうことやねん。

朝からイライラとカオスが私の頭のなかに渦巻いていた

「食の都」香港の最難所

それから数年後、私はまったくもって問題なく、この港式早餐を
平らげるようになったし、むしろこのやる気のない朝食を
食べないことには一日が始まらないとすら感じることだってある。

香港は「食の都」とも形容されることが多いが、
昼と夜についてはまことにその通りであるし、
安全パイを選んでいけば、まず失敗することなく美食にありつける。

但し、意外な難所は朝食であることを知る人は少なかろう。
何のリサーチもなく、普通の日本人がそこらの茶餐廳で朝食を
とろうものなら、昨晩の夢のようなディナーも一瞬にして記憶の彼方。
香港への百年の恋も港式早餐ひとつで完全に醒めてしまう

香港迷のバロメーター

言い方をかえれば、旅行者もしくは香港在住者のローカル適応度
バロメーターをこの朝食に求めることができる。

まず、ちょっと香港を分かったひとであれば、おおよそ自分が
食べられる自信のない店は自然とコースから外すだろう。

それからさらにステップアップして、香港に対して病的な中毒性を
示す人たち(ここの読者もほぼこれだろう)になってくると、
行動が常軌を逸しているから、ひと目でわかるはずだ。

路地裏の茶餐廳でまったく美味しくなさそうな朝食に何かの魔法に
かかったようにムシャムシャとかぶり付いては恍惚の表情を見せるし、
ローカルすら頼まないメニューもテーブルに並ぶ。

さらに末期になってくると、あげくの果てにご丁寧に外賣までして帰国。
日本の食卓ですら港式早餐を再現しようとする執念まで見せる。

この私の仮説が正しいとすれば、だ。
最近、香港スタイルの朝ごはんが美味しく食べられるように
なってきたかも、というあなた。「危険信号」である。

facebook
Facebookでは、香港ライフファイルのこぼれ話も?

 

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

    • kouko
    • 2014年 5月 23日

    菠蘿飽とエッグタルトの朝ごはん、毎日,召し上がっているとお腹周りがヤバイことになってらっしゃいませんか?
    私、近所に翠華がオープンしたときに、毎日のように
    メキシコクリームパン2個ずつ食べてて、えらいことになりました。
    いったん大きくなったお腹周りって、もとに戻すの至難のワザですよね、、、。

    • HKLF

      koukoさん、ありがとうございます。

      お察しの通りでございます。
      菠蘿油でなく、菠蘿飽にしているところに
      私なりの謙虚さがあるのかな、と思いますが、
      それでもエッグタルト付きだと・・・ねぇ。

      ということで、最近毎晩トランペット+軽いランニングを
      無理やりやるようになっていますよ。
      そのうち、ダイエット記事でも書くと思います、笑

  1. せっかくここまで乗り掛かった舟、ぜひローカル臭さを全うし究め続け、シェアしてください。新明發のみならず、地元での盅飯朝食も探求されるとかはいかがなものでしょうか?
    ウチは初訪港の際に、ツアー会社のかたに市中引き回しの刑にされ、日本でも食べられる飲茶&中華食攻撃で撃沈しました。それをリベンジしたいがために翌年から地元食に走ってしまったのが運のツキです。。。

    • HKLF

      こえださん、ありがとうございます。

      まー、ローカルにやられてしまうのも問題ではありますが、
      ツアーにがんじがらめでつまらないグルメを用意されては
      そちらの方が心残りになるかもしれませんね。
      どうせなら、ローカルで爆弾踏んだほうが諦めがつくというか、笑

      えぇ、このままローカル基調でいくつもりですが、
      ハードコアな部分はみなさんにおまかせして、
      私はこっそりソフトローカル派で行かせてください。

    • lei
    • 2014年 5月 24日

    埠頭前にある朝だけ開く朝ごはん屋さんでサンドイッチと熱檸水か、もしくはパン屋さんの焼きたてパンか炒米粉。
    船でガッツリ食べてます。
    日曜は老公のお友達と数人で近所の大牌檔か茶餐廳
    確実に10キロ位肥えました。

    最近やっと通粉が場所によって食べられるように(我慢出来るように?)なりました。
    麥皮は厳しいかな… 自宅で卵と麺つゆで味付けすると、おじやっぽくなり和テイストになりますが。

    • HKLF

      leiさん、もうすでに超上級レベルですね。
      ガッツリ食べて、朝食で太れるなんてすごいです。
      私も慣れたのは慣れたのですが、朝食ではそれほど
      食欲はそそられないのが実際のところです。

      今度、おすすめの朝食記事でもお願いします。
      参考にしていろいろ試してみたいと思います。

    • Silentmiaow
    • 2015年 7月 22日

    今ごろのコメントでスミマセン。

    初香港の友人を数日アテンドし、私は一足先に帰国しました。後日会ったら「キミが帰ったあとにチョーまずい朝ごはん食べちゃってさ~~、おすすめ聞いておけばよかったよ」。ふらっと入った茶餐廳で、なんとなくみんなが頼んでたセットを注文しちゃったようです。「マカロニがさ、くったくたなんだよ、あれなんなの!?」いや、あれも疲れた胃にはやさしいお粥みたいなもんで、意外と癖になるというかおいしいのよ・・・・となんで擁護してるんだろう、ワタシ。
    この人、台湾のコンビニにあるお茶味?の卵も自宅で再現するし、この時の初香港で風邪気味だったので「香港の人はね、風邪ひくとみんなこれ飲むの」とホットコーラを飲ませたら意外と気に入ってたし(日本でも再現)、それなのにマカロニセットはダメだった模様。やっぱあれは受入れ態勢が整うまでに時間を要するものなのですね。

    香港ではわざわざマカロニセットは頼まないけど、でももし今東京の自宅の近所にマカロニのセットしかない茶餐廳があれば、確実に毎日いっちゃうんだろうなあ・・・・・。

    • HKLF
      • HKLF
      • 2015年 7月 22日

      マカロニもパスタも、あの調子ですからね〜・・・。
      私も予備知識なしで朝の茶餐廳を訪れてしまいましたから、随分とショックな経験をしてしまいました。
      日本で食べてた朝食の方が何倍も美味しいのに!ってとっても後悔。

      今でも、朝食は洋もしくは和を好んで食べますが、たまにあの港式も恋しくなる日も。
      お腹が空いてる朝は、糯米雞がお気に入り!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2017年12月
« 9月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

HKLF’s Twitter

PVアクセスランキング にほんブログ村
ページ上部へ戻る