気軽な香港旅行

お前のサイトもそうだろ、と言われてしまうと弁解の余地がまったく無いのだけれど、
いわゆる香港情報と謳う媒体と接したとき、そのほとんどの場合に思うことが
「またそれ?」「似たようなもの、見たことあるけど」的な感想なのである。

それはきっと私がもう香港10年目に突入してしまったこともあるのだろうし、
そもそも香港という都市自体が地理的にも日本人にとって身近でアクセスしやすく、
かつその魅力の虜になってしまいやすい親和性の高い街であること、
それ故に在住者やファンも多く、情報が飽和しているという背景も関係している。
というのが私の一応のところの簡単な分析だ。

香港迷ー。
この街に住み、厚かましくもブログまで書くようになってから
接することの多くなった日本人の方々は主にこのカテゴリの人たちである。
香港に対する思い入れが人並み外れて強く、実家の敷居をまたぐ数より、
香港入国スタンプの方が多いという生態が普通に観察されるほどで
もちろん私なんかよりよほど熱心に香港のことを勉強している層でもある。

そういう三度の飯より香港のことが好きな人たちの情熱とインパクトが故に
彼らこそが日本人観光客におけるマジョリティであると私は考えるようになっていた。
が、あらためて空の玄関である空港や、市内各所の観光スポットを
眺めていると現実に立ち戻るのである。

卒業旅行で香港寄ってみました、な大学生。
職場の社員旅行で「香港?何それ美味しいの?」状態で着いてきてるだけのおじさん。
最近、うちの近くの空港からも香港にも飛ぶようになったんだけど、
北海道行くより安いし来てみました、な地方からのお客様。

むしろ、こういう人たちの方が数としては圧倒的に多いわけで、
そういう人たちは香港に対してあらかじめ特別な感情を持っているわけでもないし、
実際に旅行をしてみても夜景と飲茶の他に特段心に刺さるものもなく時間を過ごした後、
楽しかったけれど一回行けばもう十分かな、という想い出とともに香港との関係を終了させる。

そういう視点に立ち返ってみると、あんまりマニアックな情報よりも
メジャーな観光スポットを3泊4日で大体網羅できるような定番情報こそが
やっぱり王道として繰り返し発信されるべきなのかしら、という結論がぼんやり見えてくる。

ちなみに、私は今帰省中なのだが、今回のフライトは↓であったのだが
岡山
岡山なんて誰も乗らないだろうし、間もなく路線も打ち切りなのではという不安とは裏腹に
香港では連休中である上に桜も満開、ということで機内はほぼ全員香港人で満席状態。
尚、香港航空は来月から鳥取の米子鬼太郎空港(鳥取県下のもうひとつの空港は
鳥取砂丘コナン空港・・・。鳥取県の潔さに乾杯。)にも定期便を飛ばすそうだ。

ふむ、なるほど。
東京・大阪には飽きるくらい通い詰めている + アニメ大好きという属性を持つ
香港人を狙っていることには若干のロマンと鳥取の死に物狂いの街興し精神を感じるものの、
じゃあ日本からはどんな人たちがこの定期便に乗り込んでいるのだろうか。

鳥取県の人たちにはぜひ誤解なきよう読んでいただきたいのだが・・・、
例えばうちの実家の近くで香港行きの旅行ツアーを組んだとしたら。
65歳以上が半分を占めるようなシニアな年齢層な上に海外旅行もほとんどが初めて。
きっとみんな普段着慣れない一張羅に身を包んで、中国大陸からの団体旅行客と
並んでもあんまり違和感のない垢抜けない団体が出来上がっちゃうはずである。
(繰り返すけど、きっと同じ鳥取でも都市部は違うはずだと信じてる・・・)

そして、そんな人たちが静まり返った夜更けにインターネットで情報を集めるのである。
「いろいろあるけど、やっぱり香港は美食の街、とな。」

しかし、残念ながらおそらく彼らにとっては鳥取の方がよほど美食かもしれない。
そこらの茶餐廳だって都内のオシャレなランチ並の代金を請求している昨今、
「安い割には」という前提条件がついてしまうB級グルメなんて
そうそう巡り会えるものでもないし、金を出すならぶっちゃけ日本の方が旨いものは多い。

無料
ついでにいうと、日本の地方都市にはとくに美味しいものが多いけれど、
鳥取県もご多分に漏れずあらゆる「地のもの」に恵まれていて、
私が普段、えらいお金を出してまで買い求めているアラ(しかも捕れたて)が
タダで放出されているほどに凄まじいところである。

そんな場所から来たおじいちゃんたちに「ほ、香港の新鮮なシーフードを・・・」
なんてなかなか言えたもんではない。
だとすると、この人たちにとって一番楽しく見える香港の風景とは一体何なのであろうか。
といった、複雑な考え事をしながら、このど田舎にある実家で悶々としている。

ともあれ、日本と香港との距離はどんどん縮まってきてきて
それに伴って今まであんまり香港に興味を持たなかった新しい層の人たちが
地元の空港から気軽にやってくるようになってきていること自体は何だか嬉しいのである。

香港ライフファイルがちょっと気になってしまった方は・・・
facebook twitter email-blue

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

    • たすし
    • 2016年 4月 05日

    岡山を引き合いに出すなよ(笑)
    岡山は人の行き来はもちろんだがマスカットや桃そしてデニム・ジーンズも輸出しちゃおうと計画的にアジア各国と関係を築いてるんだよ!
    山陰の砂場とらっきょしか売りもんがない県とは魂胆が違う✌

    • HKLF
      • HKLF
      • 2016年 4月 05日

      たすしさん、こんにちは。
      おっしゃる通りで、岡山の果物は香港の高級デパートでも見かけますし
      売りになる商品も実は多いですよね。
      (鳥取も二十世紀梨はとっても有名!)

      私も中高は岡山市で過ごしているので、(逆に鳥取には住んだこと無し・・・)
      こちらで活躍を見かけると嬉しくなるんですよ。

        • たすし
        • 2016年 4月 06日

        さっそくやらかしたらしいよ(笑)
        http://www.sanyonews.jp/sp/article/326368

        たくさん買ったんだろうね、航空機は安全が最優先、良い判断だと思います

        • HKLF
          • HKLF
          • 2016年 4月 06日

          あ、本当ですね。(帰りの便、遅れないといいなー・・・。)

          香港人もいっぱい買って帰りますからね。
          帰りのバッグははち切れんばかり、というのがデフォルトです。
          でも、割とどこの国の人もそんな感じかも?

    • 65701
    • 2016年 4月 24日

    日本語を勉強中の香港人です
    岡山に一度行ったことがあります
    本当にいい場所と思います
    岡山城と後楽園はもちろん、桜も綺麗です
    後楽園外の桜道はとても長い、よく見ました

    • HKLF
      • HKLF
      • 2016年 4月 25日

      65701さん、はじめまして。
      コメント頂きまして、どうもありがとうございます。

      岡山に遊びに来ていただいたなんて嬉しいです。
      日本人でも行かない人は行かない場所だと思うのですが、
      岡山城や後楽園はまさに私が青春を過ごした場所。
      (高校がすぐ側だったのです。)

      岡山は気候もいいですし、ゆっくりあの辺りを散歩すると本当に幸せになれますよね。

    • たすし
    • 2016年 6月 04日

    飛んだ飛んだと大喜びした岡山ー香港のフライト!
    来月から減便決定
    毎日就航から週2便になるよ(笑)

    • HKLF
      • HKLF
      • 2016年 6月 05日

      正直そのくらいが丁度よいかもしれませんよね。
      旅行シーズン以外に毎日飛ばしても・・・

    • yomeshima2
    • 2016年 8月 09日

    はじめまして。
    香港政府側の許可が出るのが遅れに遅れ、ようやく予定より半年経った9月14日から香港航空による米子便が就航できる事になりました。
    http://www.hongkongairlines.com/ja_JP/news/detail?id=10005002568
    http://response.jp/article/2016/08/05/279690.html
    http://www.asahi.com/articles/ASJ6S4TP4J6SPUUB00V.html

    もしよかったら、就航日の辺りで香港航空の紹介(CAさんがカンフーを護身術として学んでいる事など)やディープな香港・マカオの魅力を山陰両県で放送されている下記のラジオ番組で紹介してみてはいかがでしょうか?
    http://www.bss.jp/radio/gogo/
    http://www.bss.jp/radio/gogo/travel.html
    (ラジオ番組側にもメールを出します)

    • HKLF
      • HKLF
      • 2016年 8月 11日

      yomeshima2さん、はじめまして。

      米子もついに就航するのですね。いよいよ帰省が楽になります。
      鳥取にいる間も、広東語を耳にすることがよくあるのですが
      香港人にとっても朗報ですね。

      地元では香港線就航にあたって、香港への関心も高まってきていることと
      思いますが、素敵なラジオ番組があるものですね。
      また、帰った時にでも聞いてみたいと思います。

    • yomeshima2
    • 2016年 9月 16日

    こんばんは、ダイヤ的にもインバウンド頼りな便では有りますが、山陰の空港にとって中国語圏では初めての定期便就航です。
    https://youtu.be/PplvmrmzEtw
    昨日の初就航も見ましたが、ハードウェア的にはまだまだと言うところが目立ちました。しかし、貴重な直行便を失いたくないがためのおもてなしに米子空港や米子市、境港市の危機感がおわかりになったと思います。
    台湾の旅行業者さんにもこんな売り込みを行っています。
    https://youtu.be/QNtnd0oIwrs

    • HKLF
      • HKLF
      • 2016年 9月 16日

      こんばんは。
      実は私、米子便に明日搭乗予定です。
      私にとってもなくなって欲しくない便ですから、
      また支援記事でも書きましょうかね・・・。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2017年12月
« 9月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

HKLF’s Twitter

PVアクセスランキング にほんブログ村
ページ上部へ戻る