残業明けで疲れたっていう記事が記念すべき100記事目

金曜の夕方。
私が会社で間違いなく一番輝いている時間帯だと思う。

しかし、その正に定時5分前、悪夢のメールはやってきてしまった。
私の楽しいフライデーナイトは目の前で一瞬にして瓦解。
結局、家に戻ったのは1時という社畜っぷりを発揮した。

であるから、私は大変に疲れていた。
この土日も家でずっと寝たきりでいてやろうとふてていたのである。
しかし、どこからともなく香港人のお散歩の誘いのWhatsapp。

まったく、人間関係というもの、全てがギブ・アンド・テイクではないが
私がギブすることなんてほとんどない、メリットレスな関係だというのに
周りの香港人たちの面倒見の良さには自分のことながら感心する。

彼らも相当の暇人であるか、私がほっといたら何をしでかすか
分からないほっとけないオーラを漂わせているか、どっちかである。

気がついたら上環にいた昼下がり

ちなみに、今日の散歩は香港島は上環からはじまった。
私は水面下で新界のステマをやってるのかってくらい新界びいきだが、
ここ香港島には九龍や新界の連中がいくら地元の素晴らしさを
謳っても、それを一蹴できるだけの香港名物があると思う。

道路のどまんなかを走ってる、あいつである。

hongkongtram
トラムのある風景
新界住人として、こればっかりはある種の憧れを感じずにはいられないし、
私の心から愛する香港名物のひとつなのである。
歴史を感じさせるものでありながら、今なお市民の足として、
生活の根幹としてきちんと機能しているところがすごい。

ちなみに、上環は中環のとなりにありながら、ぐっと庶民の色が濃いところ。
トラムが走る大通りに乾物を出して干しているような中薬屋を横目に歩く。
(しかし、こんなの排気ガスにまみれたもの、体に悪いでしょ)

グルメに疎い私が密かに愛する店

私たちがまず上環に来たのは何を隠そう胃袋を満たすため。
そう、ここは知る人ぞ知るグルメスポットであるし、
最近よく聞くお洒落やグルメもここら一帯がホットなような気がする。

そして、味に疎いことを自白してはばからない私のお気に入りの店
実はここにあるのである。

Bonheur (Open Rice)

日本人の方でもご存知の方は多くいらっしゃると思うが、
きどらないコージーなフレンチで、味もなかなかだと思う。
マンゴーミルフィーユ等のデザートが充実してくれているのは
甘党の私にとって非常にポイントが高いし、
もともとラム好きでもあるので、この店に来るといつもラム。
IMG_1600
味に関するボキャブラリーがとことん欠落しているので詳しく書かないが、
おそらく味音痴だとバカにされるほどの代物ではないと強く信じている。

用もないのに入ってしまうところに結局落ち着く

とりあえず、食欲さえ満たしてしまえば、後はその名の通りブラリお散歩。
トラムに乗ったり、バスに乗ったり、九龍側とはまったく違った景色が楽しい。
そんな私たちが辿り着いたのが銅鑼湾はIKEA。

特に買うものがないのに入ってしまう、このIKEAの魔力。
しかも、出てくる時には本当に使うんだかまったく不明なもの
いくつか手に握られているから、マジで恐ろしい。

しかし、香港のIKEA。
香港人たちはこの場所がとてつもなく好きなんだと思う。
行き交う人の顔がみんな笑顔である。

そもそも、引っ越しだとか、そんなちょっと新生活に胸弾む時に
来るべき場所だったりするから、そういうバイアスはあるとは思うものの、
やっぱりこの荒んだ住宅事情の中、IKEAのディスプレイで見る、
理想の生活空間に魅了されている人たちが多いような気がする。

店内には様々なモデルルームが設置されているが、
もはや「あんたら、そこに何年住んでた?」ってくらい
違和感なくくつろいでいるファミリーが多数目撃される。

とんでもなく狭い上に殺風景な彼らの自宅からすると、
ここはそれを少しでも豊かにしてくれる気休めになっているのだろう。
IKEAの方も狭い家用にアイデアを提示してたりして憎らしい。

しかし、私たち日本人なんてのは結局のところ、
どうにもならなくなれば日本に帰るという逃げ場があるから
まだいいものの、香港人たちは基本的にずっとここで暮らすのである。
しかも、本土人たちの投資のおかげで家賃は上昇しっぱなし。
まぁ、そりゃ怒るわな。

そんなこんなを考えていたら、「じゃ、用があるから。バイバイ。」
香港人のお別れはいつもこうである。気がついたらいなくなっている
ある程度、バイバイなムードを作ってから切り出す日本人と違って、
ありえないくらいあっけなくお開きである。

記念すべき100記事目

何だか今日の記事はくだらない日記みたいになってしまったが、
実はこの記事が香港ライフファイルの記念すべき100記事目

ある意味目標だった記事数なので、かなりの満足感。(笑)

今後もボチボチ続けて行きたいと思っているが、
一番やりたいのが身の回りの香港人をとっつかまえて、
あなたの生まれ育った街を紹介して形式で取材したいな、と。

日本から見ている人にしてみれば、日頃どんな街で暮らして、
何を食べてて、洗濯はどうしているとか、
そういう平凡なところのほうがむしろ驚きなのでないかとも思っている。

他にも、もうちょっと調べ物をして役立つ記事も書きたいし。
なんせ私のサイトなんて「永久ビザ」「香港マフィア」とかで
検索して辿り着いてもまったく関係ない記事ばっかり
みなさんを盛大にがっかりさせているわけだし。

そういうわけで、今後ともぜひよろしくおねがいします。

facebook

Facebookでは、香港ライフファイルのこぼれ話も?

 

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. ラム!!ラム好きなので、お店情報ありがとうございます。
    近々行ってみます〜!!

    そして、あなたの生まれ育った街レポート楽しみにしてます。

    • HKLF

      ellyemさん、ぜひ行ってみてください。

      SOHOにも負けないクオリティのお店が付近にいっぱいありますよ。

    • kouko
    • 2014年 8月 03日

    100回おめでとうございます!これからの100回も楽しみにしています~!

    • HKLF

      koukoさん、ありがとうございます!

      しかし、次の100回って・・・。
      そんなに書ける自信がありません。笑

  2. 祝☆100回目! いつも楽しく読ませて頂いています^^
    トラムいいですよね、私もお気に入りの乗り物です。(この時期はサウナ化してますが、、)

    • HKLF

      MeguLiniさん、ありがとうございます!

      夏の日中は確かに乗る気が失せてしまうくらいの
      レトロな乗り物ですが、夜は最高ですよね~。
      夜風に吹かれながら夜景を満喫しているときは、
      香港に来てよかったなぁと心から思えます。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2018年10月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

おすすめ記事

HKLF’s Twitter

PVアクセスランキング にほんブログ村
ページ上部へ戻る