普通話コンプレックスと勘違い

香港人と台湾人

いつもついつい忘れてしまうので、自分のために書いておきたいことがある。

まず、中国に住んでおきながらこんなことを言うのも何だけれど、私は中国人が好きではない。

一言で中国人と言ったってその人口は13億を越えるそうだし、私も一度にそんなに
多くの人を嫌いになることはできないだろうから、もうちょっと精確に言い直すならば
いわゆる大陸部から香港にやってくる中国人のことを好ましく思っていないということになる。

別に彼らの中の特定の誰かに嫌なことをされたとか、変なトラウマがあるわけでもない。
むしろ、身近なところでは優秀で気の優しい中国人も現在進行形で複数見てきている。
しかしながら、おおよそ私とは一定のコミュニケーションを取るに至らないであろう、
通りすがりの大多数の中国人旅行者たちのことは漠然と好きになれないのである。

ひと昔前だったら、香港にやってくる中国人買い物客といったら・・・と
一から説明しなければいけなかったかもしれないけれど、今なら日本でも日常的に
それを見ることはできるようになったから、話は早いというもの。
大衆としての彼らの素行を観察する限り、笑顔を振りまいて友好的に近づいていくよりも
一定の距離と警戒心を保ちつつ接していた方が後々受ける心理的ショックが少ない。
そういう言い方だったら、大方の共感を得られそうである。

 

香港 ー ややこしいことに、この街では地元民と中国人旅行客とが激しく錯綜する。
そんな中にあって、私はどのようにして、この異なる二種類の中国人を判別しているのだろうか。
当然、普段は無意識にやってることであるが、しばし考えてみる。

やはり一番簡単、かつ安全な方法は外観から得られる情報による判断かもしれない。
個性的なファッションに身を包んだ大陸からの買い物客。
それとは対照的に年々確実にオシャレになっていく香港人。
それに、同じ中国人といっても、よく見ると顔立ちの構成要素がちょっとずつ違うことにも気付く。
こちらに住めば住むほどその判断精度は上がるから、意外にバカにできたものではない。

とはいえ、それも100%精確にはならないだろうし、ぼーっとしている私の背後から
忍び寄ってくる人たちだっているから、予備的な判断材料も必要とされる。
そこで登場するのが私の場合、言語なのだと思う。
この広東語の都で堂々と普通話を話す輩。・・・ブラックに違いないでしょって。

中国に住んでいるくせに、普通話は10を数えるのも覚束ないという情けない私にとって
広東語のハッキリとした滑舌とは一線を画する普通話の発音はまさに異質な響き。
周囲からちょっとでもそれが聞こえてこようものなら、それは大陸人の到来を告げるものであり、
自然と身体はそちらと違う方向に向いてしまうし、警戒心を剥き出しにすることもしばしば。

前置きが長くなってしまったが、私はここでいつも大事なことを忘れているらしい。
他の国の人だって普通話を話すことがあるっていう事実を。

例えば台湾人。
彼らは普通話を喋ることによって、海外でどれだけの不利益を被っていることだろうか。
まず、政治的にも、そしてきっと個人的にも大陸人と間違われる事自体、大変不名誉なはずである。

だというのに、少なくとも私にとっては彼らと大陸からの客たちとの判別可能性はゼロである。
台湾人が話す普通話は、よりキュートな発音なんだよ!って声高に叫ばれたって、
悲しいことに幼稚園クラスの普通話すら喋ることのできない私の前では残酷なくらい無力である。

本当に失礼なことだと思うー。

ちなみに、同じようなことが日本でも日常的に発生しているのは皆さんもご存知の通り。
そこら辺を歩いている日本人にとっては、北京人、上海人、香港人、台湾人。
いくらその差異を事細かく説明しようとも、「どれも同じ中国人」。それ以上でもそれ以下でもない。

これはきっと香港人、台湾人たちのプライドを激しく傷つけていることなのだと思う。
「日本人は香港人と中国人を区別しているの?そもそも、香港が地図上のどこにあるか知ってる?」
度々聞かれるこの質問に、私はどう逆立ちしたってポジティブな答えをしてあげることができないから
そのたびに悲しみと苛立ちをうっすら顔に浮かべる彼らを目の前にしてきているし、
今現在も日本で生活する非大陸系中国人・台湾人たちが憂き思いをしていることは想像に難くない。

実はこれを書いていても、近いうちに日本人が香港人を大陸人とは別の個性を持った人たちだと
正しく認識することなんてない気がするのが正直なところだけど、例えばそれに興味が持ってくれて
ググってみた時にはそれなりの情報として私の文章が出てくるようにはしておきたいなとは思う。

あ、でも、まず手始めは私自身が香港を訪れる台湾人たちをきちんと識別してあげること、か。

 

Facebookでは、香港ライフファイルのこぼれ話も?

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

    • LeM_CUP
    • 2015年 5月 09日

    PSC二級乙等ですか、大陸人と台湾人がまったく見分けない・・・

    • HKLF
      • HKLF
      • 2015年 5月 09日

      じゃあ、私に分かるわけないですね。笑

    • piyo
    • 2015年 5月 09日

    読みながらそう!そう!そうなんです!と心の中で叫んでいた私は台湾在住者です。恥ずかしながら普通話(台湾では國語という)も満足に操れない私ですが、広東語はいくら話したくても挨拶も数字も覚束ない。昨年初めての渡航で香港にはまり、今年再訪を果たしましたが一番に感じたのは普通話を話すと大陸の人と間違われるのではないかと言う恐れでした。正直、間違われたくないという気持ち。英語で話す場面もあったけど、ついつい出ちゃうんですよね。次に訪れる時にはせめて簡単な日常会話はマスターして行こうと心に誓っています。台湾に目を向けていただいてありがとうございます!

    • HKLF
      • HKLF
      • 2015年 5月 10日

      piyoさん、こんにちは。
      何だか香港にいらっしゃったときのことが目に浮かぶようですね。
      いくら中国とは言っても、普通話が苦手な人もここにはいるので、
      やはり広東語が話せると地元民との距離はグッと縮まります。
      広東語の勉強、頑張ってくださいね。

    • hiroro
    • 2015年 5月 10日

    初めまして。HKLFさんのブログ、とても興味深く拝見しています。
    お隣りのマカオでは香港とは少し違って、中国大陸からいらっしゃるかたたちは地元の人々にお客様として丁重に受け入れられているような気がします。主な理由はカジノビジネスのためと思いますが、訪れる大陸人の方々のタイプも訪問目的も、香港とはまたちょっと違うという事があるかもしれませんね。
    私は広東語もマンダリンも全然分からないのですかれど、耳触りはどちらかというと広東語のほうがとてもキツく感じてしまいます。こちらに来たばかりの頃は、「な、なんか急に怒られてる? 怒鳴られてる? ど、どうしよう」と、びっくりしてしまった事が何度もありました。
    ある日ひょんなご縁で、日本に留学されていたことがあるという台湾人の魅力的な美人さんと知り合ったのですが、彼女が話す普通話(国語?)は、何もわからない私が聞いていても、上品でとても格調高いのです。声のトーンも全く違っていて、周りより4倍くらい静かなボリュームで話すのに、はっと存在感があります。美しく上品な普通話で話し、フェミニンだけど凛としている彼女は、どのようなシーンでも瞬時に周りから一目置かれます。怪しい英語しか話せないしょぼい日本人の私でさえ、そんな彼女と一緒にいると、カフェでも、ホテルでも、街角のお店でも、大変恭しく親切な最良のサービスを受けることができちゃいます。笑
    マカオのサービス業における顧客のヒエラルキー?は、広東語を話すローカルは一番低くて、次に普通話並びに他言語のお客様、トップは品格のある普通話を話す上質のお客様、という感じでしょうか。
    彼女自身、広東語で話すよりも普通話で話した方が良い対応が受けられると言っていました。
    香港とマカオ、こんなに近いのに、面白い違いですね。

    • HKLF
      • HKLF
      • 2015年 5月 10日

      hiroroさん、マカオからありがとうございます。

      仰るとおり、マカオと香港ではやってくる大陸人のクラスタが少し違うことと、
      同じ香港でもお店をやってる人から見るか、一般市民レベルで見るか、で
      大陸人の扱いがまったく異なると思います。
      当然、ここで私が書いたのは後者の方で、もし私が尖沙咀で商売でもやってるなら
      長い時間考えてひとつのものを買っていく香港人や日本人よりも
      右から左まで全部ひとまとめにして大人買いしてくれる大陸人の方が良いと思います。
      彼らがいなくなったらなったで経済的打撃も大きいので、市民としては
      それがわかっている分、ジレンマがあって歯がゆいのですね。

      それから、発音についても同意します。
      広東語の発音はハッキリ、大声で、が基本ですし、表現の仕方なんかをとってみても
      俗っぽいものが多いので、決して耳障りが良いものではないですよね。

    • hiroro
    • 2015年 5月 10日

    HKLFさん、お返事ありがとうございます。
    お店の経営者ではなく一般市民レベルで、と言っても私は外国人としての一般住民ですし、交友関係も徘徊地域もマカオの端から端までというわけではなく、確かにこの見解が一般的なものかどうかは確信が持てません。でも私は今までマカオで、普通話を話す大陸人だからという理由でローカルの一般市民から白い目で見られるような場面を目にしたことがないのです。日用品の爆買いをしている大陸人も一度も見たことがありません。買い物の仕方も、色々なマナーも、地元のマカオ人より洗練されてるのでは?と感じるようなこともよくあるような気がします。
    この現象は、HKLFさんのおっしゃる通り、香港とはやって来る大陸人のクラスタが違うということなのでしょうね。
    そして私の周りのマカオ人は、相手が広東語を話すか、普通話を話すか、ポルトガル語か、英語か、というような言語の基準ではなく、はたまた中国人か、西洋人か、東南アジア系かとかいうような人種の基準でもなく、ストレートかつフェアに、相手の品格やクラスを見定めて対応しているように思いました。まあそうじゃない人ももちろんいるのでしょうけれど。
    コンプレックスと書いていらっしゃいますが、確かに香港にいる方たちの悩みやジレンマは、いろいろ奥が深そうですね。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2017年12月
« 9月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

HKLF’s Twitter

PVアクセスランキング にほんブログ村
ページ上部へ戻る