広東語なんてやめとけ

広東語

「来週から広東語のクラスに通い始めるんだ。」

インドネシアから香港にやってきて、私と同じようにここで働いている友人である。
母国を離れて、今年で5年目。
ようやく土地の言葉を習得する余裕も出てきて、胸を弾ませている面持ちだった。

しかしながら、その言葉に向かって、賑やかなMTRの中で放たれたのは

「え?何で広東語なんか習うの?普通話のが断然便利じゃん。」

という私の完全否定を伴った冷たい意見だった。
語気は一分の躊躇もない、清々しいまでに明朗としたものだ。

私にとってみれば、当たり前のことをいったまでである。
そもそも、インドネシアの友人は香港の名門HKUSTに留学しにやってきて、
ついでにこの街で働いているといった背景を持った人間である上に
将来の夢は起業だし、香港に永住する意向を示すような言動をしたこともしない。

だったら、普通話であろう。

私のように一生を人様のために働くことに何の疑問も持たない分際ならともかく、
自分でビジネスを切り盛りするなら、各言語を習得することがもたらす
アドバンテージも計算できないようでは先行きが不安というもの。
南アジアに広がった華僑については広東語が達者なものも少なくないが
マーケットサイズを考えてみれば中国大陸のプライオリティがどうしても高くなる。
事実、彼も「やっぱりそう言うよね・・・?」と頭を掻いていた。

ちなみに、話をそういう国際ビジネスという舞台から降ろしてみて
日常生活に向けてみても、いまどきこの街では普通話で十分生活できるのである。
大陸からの移民も増える一方だし、旅行客を彼らの言語でもてなすことが
日常茶飯事となってしまった今、普通話ができないなんてなかなか言えたもんじゃない。
おかげさまで近年、香港人と普通話との距離は随分縮まったように思える。

じゃ、香港に住むのに広東語なんて要らないじゃん。

イエス。答えはイエスである。
街角の不動産屋にアポイントもなく入って、現金で豪邸を買っちゃうことも
高級ブティックで店員を引っ張り回しながら爆買いすることも可能なのはもちろん、
そこらの街市で菜心を買って、さらにネギまでオマケにつけてもらうことや、
詰まった自宅のトイレの修理をしてもらった帰りに
重くそびえたつタンスを動かすのをちょっと手伝ってもらうことまで。
何でも、普通話で不便なく通じてしまう。

「香港人は何語を話すの?香港語?」
「バカだな。彼らはね、英語と広東語を話すんだ。」

建前上は確かにそういうことになっているが、言うほど英語が通じるだろうか。
私の肌感覚では、流暢な順で広東語>>普通話>>>>>>>英語といった具合である。
むしろ最近なんて、通りを歩いていて広東語が聞こえてくるとホッとするくらい、
それほどまでに普通話が街を席巻してきている。
「だったら、広東語なんて要らないじゃん。」

しかし、では広東語は直に滅び行くのか?と言ったら、それはまた別のお話である。
そもそも、中国でも経済発展の先駆け(というか異国で成功した人たち)を
担った人材たちや、その子孫の間で広東語はいまだに話されており、
世界各地に広まった話者たちは統計によっては1億人を超えるそう。

それに何より、この香港に住む人たちは広東語が大好きである。
身の回りの友人を見渡しても、私が広東語がおぼつかなくて英語に切り替えようとすると

「お前、香港に住むからにはちゃんと広東語で話せよ。」
「広東語以外じゃ、話も盛り上がらないからつまんないし。」

といった広東語贔屓の面々が勢揃いしていて、私の広東語習得にムチとムチ!?を
入れてくれているし、彼らのそういう厳しい態度は
個人的にとてもありがたいものだと思っている。
また、若い世代と交流するときにもそういう風潮は見られるから
それは昨今ヒートアップする香港vs大陸のトレンドに感化された結果かもしれないし
自分の街、ひいてはそこで話されている言葉を大事にしたい、
という動きについても当然ながら好意的に私は観察している。

だから、この街が中国化していくとは言っても、
香港人の広東語自体がそれと同じスピードで衰退するとは思ってない。(思いたくない)

ちなみに、私はどうして広東語を選んだのだろうか。

その選択を迫られた時、私には香港に対する愛着もそれほど無くて、
「普通話なんて出来ちゃったら、大陸にしょっちゅう出張させられるかも・・・。」
そんな消去法的で、かつ全くもってビジネスライクでないことを私は本気で考えていた。

そういう不浄な土壌に蒔かれた私の広東語の種が、
学校の先生、周りの人、そして街市や茶餐廳のおばちゃんたちに支えられ(鍛えられ)、
スクスクと育ってしまったわけだが、多分その過程で知り合うことのできた友人たちや
見ることの出来た香港人たちの屈託のない笑顔といった貴重な財産は
もしかしたら私が普通話や英語を選択していたら出会うことが出来なかったかもしれない。

香港人はうるさい。
ただでさえ、ボリューム調整のつまみがぶっ壊れてるかと思うくらい
声がでかいというのに、それに加えて大阪のおばちゃんたちも
ビックリしちゃう程に野暮ったい広東語を喋る。

疲れてる時なんかに側で彼らのそういう騒音を耳にしてしまうと
殺意が湧いてきてしまうほどに不快な、一種の凶器のような存在である。
しかし、例えば旅行から帰ってきて、香港國際機場からのバスを降りて街に戻った時、
街の人々が全員普通話を喋っていたら。広東語を聞くことができなくなってしまったら。

いや・・・、ない、ない、ない。

街のあちこちで聞かれる喧騒。
頭上にぶら下がるネオンの看板。
下町の路上に展開される小食。
香港島を走るレトロなトラム。
大きな声で客を呼び寄せる街市のおばさんたち。

通りに漲るパワーに負けること無く、こういう風景の一部としてこの街で
ずっと生きていける言葉は、広東語をおいて他にはないような気がする。
結局、なんだかんだで愛すべき言葉なのである。

「え?何で広東語なんか習うの?普通話のが断然便利じゃん。」
(俺は今でも絶対広東語選ぶけどね。)

二行目はいつも口に出さないけれど、間違いなく私の本心。
それを感じ取ったのかどうかは知らないけれど、彼の決断は変わらなかった。
来週、また一人広東語話者が増えるのである。

香港ライフファイルがちょっと気になってしまった方は・・・
facebook twitter email-blue

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

    • Holger
    • 2016年 3月 26日

    待ってましたーーっ‼︎(≧∇≦)嬉しいですーーっ‼︎読みますーーっ‼︎

    • HKLF
      • HKLF
      • 2016年 3月 26日

      Holgerさん、

      楽しみにして下さって、本当にありがとうございます。
      もうちょっと頻繁に更新できるように頑張ります!

    • さるこ
    • 2016年 3月 26日

    私も待ってましたー!
    いつも拝見しているのですが、初めてコメントします。
    私は日本で広東語の映画ばかり見つけては観ているのですが。(しゃべれません)
    日本で見れる広東語の映画が少なくなってる気がします。
    香港の役者さんが普通話のセリフだとちょっとがっかりしたりして。
    あのテンポと勢いじゃないとなんだか違和感が、、。
    でも最近は街で広東語も良く耳にします。

    • HKLF
      • HKLF
      • 2016年 3月 26日

      さるこさん、ありがとうございます。

      やっぱり香港映画は広東語で見たいですよね。
      最近は香港出身の人でも、インタビューは普通話で受けていたり
      大陸の影響が垣間見えることが多かったりしますが
      広東語ならではの屈託のない雰囲気や愛嬌のある語感を
      期待している我々にとってはちょっとガックリ・・・。

      ちなみに、私の実家も恐ろしいほどの田舎にあるのですが
      そういうところでも広東語を耳にすることがあります。
      香港人たちは日本旅行が大好きで、東京や大阪、京都といった
      メジャーな観光名所はほとんど体験済み。
      より地方に、マニアックな日本を求めて旅行しているみたいですよ。

    • 日本が大好き香港人です
    • 2016年 5月 15日

    「あなたが香港の虜になる31の理由」を読むと、びっくりしました。
    香港に住みたい人がいって、びっくりしました。
    僕は香港の葵芳に住んでいる中学生です。
    3年前から日本語を勉強しています。
    1年前から日本の大人気アイドルグループAKB48が好きになりますた。
    その時から、暇なとき日本に旅行して彼女たちを会いたい。
    1年前の夏休みに北海道へ旅行に行って、日本に生活したいと思いました。
    北海道から帰ったの半月のあとで、日本人に会いました。
    日本人は親切でと思いました。その時から日本に留学すると決めました。
    3月末の休みに長崎の日本人に会いました。
    一緒に上環の文武廟へ行きました。
    そのとき彼女は僕の為に留学できますと祈ったと言いました。
    ですから本当に日本へ留学したいです。
    日本に生活したいのは
    いろいろなことから。
    港女はこれの一つです。
    香港の女性本当に強い。
    それに、日本の女子は香港のよりずっときれいだと思います。
    ですから、香港から逃したい。(笑)
    今は一生懸命で日本語を勉強しています。
    それに、香港は小さ過ぎると思います。
    経済の仕事しかありません。
    それに、うどん屋をあるのは無理です。
    家賃は高いし、土地も少ないし。
    簡単な言葉で言えば、何もできません。(悲)
    中国大陸に生活したら、なぜ日本に生活しないと思います。
    ですから、日本に生活したいとおもいます。
    香港の女子は本当に本当に怖いよ。
    西野カナは人気ですから、日本人は強い女子が好きでと思います。
    日本では強い女子が少ないからかもしれないと思っています。
    でも、香港では強くなくて、優しい、可愛い女子が少ないから、僕は日本の彼女に会いたい。
    それに女子が日本語で話しますのほうは広東語よりセクシーで可愛くていい感じとおもいます。
    ですから、僕の目指すは日本に生活します。

    • HKLF
      • HKLF
      • 2016年 5月 16日

      はじめまして。コメントありがとうございます。

      日本が大好きだと言っていただいて、とても嬉しく思っています。
      日本語も学び始めてから3年だというのに上手ですから
      将来日本に住むことも夢ではありませんね。

      ちなみに、信じがたいことかもしれませんが
      香港に住みたいという日本人も多くいるのも紛れもない事実なんですよ。
      私は今でも香港が大好きですし、第二の故郷と思っているくらいです。

      実は若いころ、私もあなたと同じように日本から出たいと思っていて、
      それが叶って香港にやってきたわけですけれど、
      最近になって日本もやっぱり良いかもなぁなんて思うようにもなってきました。

      なので、日本に行くってことは、日本で楽しく暮らすことの他に
      一度香港から離れて改めて香港のことについて考えてみるっていう意味で
      あなたにとって良いことかもしれません。

      日本の女性は確かに素晴らしい方が多いですけれど、
      これからあなたもたくさんの人と出会って、もしかしたら今まで知らなかった
      日本人の良くないところが見えてくるかもしれませんし、
      逆に香港人の良さもジワジワと分かってくるかもしれません。

      日本人、香港人と決め込まないで、いろんな国の人と巡りあって
      その人の良いところを出来るだけ見てあげて下さい。

      では、素敵な日本での留学生活を送ってくださいね。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2017年12月
« 9月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

おすすめ記事

HKLF’s Twitter

PVアクセスランキング にほんブログ村
ページ上部へ戻る