広東語から垣間見える香港社会の一端を紐解く

言葉というものは大変面白いもので、往々にしてその話し手が
属する文化を如実に表すと思う。

たとえば、日本人にとって当たり前の考え方だって、
海外に出てみたら、まったく通用しないことがたくさんある。
通用しないということは、そもそもそんなマインドセットが存在しない、
ということであって、当然それに該当する言葉も生まれてくる必要がない。

まぁ、そんな面倒くさいことを改めて語る必要もないかもしれないが、
今日は近くて遠い外国・香港を言葉の面から覗いてみる。

これをマスターすればあなたもネイティブ

食咗飯未呀? (ごはん食べた?)

有名な話かもしれないが、これがネイティブの挨拶。
ハローや你好の前置きなく、唐突に会話は始まる。

しかしこれは別に本当にあなたが何を食べたのかに
興味をもっているわけでなく、ただ顔を合わせたときに
挨拶程度に吐き出す意味のない言葉である。

香港に来たばかりの頃、私はこれが分かっていなかったから、
「はい、先ほど酢豚と野菜を食べて、奶茶を飲みました!」とか
聞かれてもない詳細レポートをしては、香港人たちをしばしば困惑させた。

この食べた?は、「シャワー浴びた?」「仕事終わった?」に替えてもいい。
相手を気遣う(関心がある)という点がポイントであって、
何気ないそのコミュニケーションに小さな愛情が埋め込まれている

ちなみに、私が中文大に行ってた頃は、
この「食咗飯未呀?」「食咗啦」の単純すぎるやりとりを
ほぼエンドレスで練習させられたが、その余りに心の通わないやりとりに
終いの頃にはさすがに先生に憎悪の念が生まれてきていた。

香港人がなぜか幸せに見えるわけ

無所謂。事但。差唔多。

どれもこれも香港に辿り着いたばかりの私をイライラさせた言葉たち。
「適当で。」とか「大体そのくらいで。」とか、
そういうあいまいな判断とか決定を責任逃れをしながら、伝える言葉。

まだ当時は日本基準の物の考え方をしていたから、
私はそういういい加減な言葉たちが大っ嫌いであった。

今やむしろ私が率先して使うようになってしまったこの一連の
無責任系広東語たちだが、ここに香港人の真髄が見え隠れする。

多忙を極める仕事、劣悪な住宅環境、とストレスに事欠かない
香港人が最後の最後はどこか楽天的に見えるのは、
この無責任系の広東語たちが実に密接に生活に根付いており、
一定のストレスを感じるとこの言葉たちが上手に香港人たちを
ガス抜きしてくれてるんじゃないかと考えている。

彼らの生活のバランスをとるのに必要不可欠な言葉たちなのだ。

速さこそ至高

快啲!快啲!(はやく!はやく!)

この言葉である、問題は。
香港にいる人という人、みんなが毎日何かに追われている。
理由を聞いてもまったくろくな答えが返ってきやしないが、
とにかく忙しくしていないと不安なのだ。

そんな場所だから、毎日快啲!快啲!が街に溢れる。
ちなみに、私と一緒に仕事をする人の口癖は、

唔駛咁急!最堅要係快!
(そんな急がなくていいよ。一番大事なのは速くやること!)

・・・・!?

私の席の後ろに腕を組んで仁王立ちしながらの金言がこれ。
香港人と仕事をするとはこういうことである。

香港にも存在した社交辞令

香港人同士のお別れの挨拶は異常なほど淡白だ。
「ばいばい。」「ばいばーい!」
そんな簡単な挨拶の後は、何もなかったように日常に戻っていく。

この時、結構な確率で「下次一齊飲茶!」(次は一緒に飲茶しよう!)
という言葉も聞かれるんじゃないかと思う。
ただこれ、気をつけてほしいのだが、私の経験からいうと、
本当に一緒に飲茶する確率なんて半分以下である。

日本でいう、「また今後ごはんしよ。」「今度は一緒に飲もう!」
というレベルの一般的な社交辞令がここにも存在していることがわかる。
向こうは言った瞬間、飲茶のことなんか忘れているし、
あなたがちょっと期待してそれを待っていることなんて知る由もない。

だが、社交辞令大国から来た日本人としては
特にここで困難を感じることもなかろう。
涼しい笑顔でやり過ごすのが大人の対応である。

全然関係ないですが

すみませんが、最後にちょっとだけ。

こんな若いサイトにも関わらず、最近Facebookのシェア, Like、
TwitterでのRTやその他コメント等、いろんな方々に多数いただいております。

ひとつひとつお礼はさせていただいておりませんが、
それはもう涙が出るほど嬉しい思いをしております。
(ものすごいモチベーションになってます!)
この場を借りて、厚くお礼申し上げます。

グダグダと小さなことを広げに広げて語る記事ばかりでございますが、
今後も引き続き、ご愛顧いただけましたら、大変嬉しく思います。

香港ライフファイルがちょっと気になってしまった方は・・・
facebook twitter email-blue

 

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. 挨拶代りといえば、日本だと天気や気候に関わるところから入っていくことが多いですよね。香港はそうなんですか~。社交辞令もあるんですか~。国によって中身の違いはあれど会話の始まりと終わりとには、なんだか似てる部分もあるんですね。でも、あいまいな判断や速さを求める口癖とか、そういう中に馴染むのって苦労しそうな・・・迷い面喰う必要が無いのは、旅行者だけの特権なのですね。(笑)そういえば敬語や謙譲語ってあるのですか?

    • HKLF

      こえださん、ありがとうございます。
      一応、敬語みたいなものはありますよー。
      が、やはり効率重視なので、職場でもあんまり厳密に使われて無い気がします。
      ちょっと今度、旅行に来られた時に、いきなり「ご飯食べた?」から
      香港人に話しかけてみてください。きっと一発で人気者です。(笑)

  2. 香港人ってほんまに適当な言葉がたくさんありますよね。
    私もそれらを結構使っています。
    でも20年も住んでいるのに、ほとんどしゃべれないのに等しく、まじで勉強しようと思うけど、少しやっては挫折してを繰り返しています。
    適当言葉をいくつか知っていたら生きていけるのでよけいですね。詳しいことは英語ですませてしまうし、まわりに英語のできない人はほとんどいませんから。

    • HKLF

      Junpeiさん、ありがとうございます。

      うちの職場の日本人も香港生まれですでに30年だというのに、
      喋るのはいつも英語だったりしますし、
      結局のところよっぽど田舎に行かない限り、
      困ることもそんなにないですから、全然問題ないかと。

      ただ、その人は喋れないですが、ある程度聞けたりするので、
      いきなり会話に入ってきたりして面白いですよー。

  3. 地元の香港人のChaaakと申します。
    HKLFさんの観察、私の実感と合っています!

    普段気づかないのですが、言われたら、あ、そうですね、本気で質問したいのではないときも、「得閑飲茶」、「食左飯未?」って言うんですね。たまに、友達がスケジュール見て次の日にちを決めようとして困ったときもありますけど。空気読めない人ってどこにもいるんです。

    ちなみに、この記事を広東語に翻訳させていただいても、よろしいでしょうか。とても面白いと思って、日本語の読めない友達に見せたいので。

    • HKLF

      Chaaakさん、こんにちは。
      香港人の方にも楽しんでいただけて、私はとっても嬉しいです。
      広東語はとても難しいですが、勉強すると日本人にとってすごく面白い言語ですよ!

      それから、翻訳について、お問い合わせいただきまして、
      ありがとうございます。
      Referenceをつけていただければ、翻訳OKです。
      私の文が広東語になるなら、それは素晴らしいことです。
      もしよろしければ、私にも見せていただければ嬉しいです。
      (どんな広東語になっているか、とても興味あります!)

      Chaaakさんの日本語、とても上手ですね!

    • Delete
    • 2014年 4月 29日

    こんにちは、HKLFさんは香港でどれくらい住んでいますか?

    広東語はHKLFさんにとって難しいです。日本語はもあたしにとって難しいです=(

    友達になりましょう!

    • HKLF

      Deleteさん、はじめまして。

      私は香港に住んでもう7年になります。
      永久性居民ももうすぐですよー。

      日本語、頑張ってくださいね!

    • lei
    • 2014年 5月 22日

    わわわ、この記事読み飛ばしていました。
    かなりウケました〜
    私は英語がダメダメなので、怪しい広東語でなんとか日々乗り切っていますが
    なるほどなるほど。
    私も、イラっとするのは「事旦啦」です。
    何が事旦だ!と、思います。まだまだ青いなぁ…

    • HKLF

      leiさん、同じ広東語話者ですから、共感できることも多いかも?笑

      もー、私からしたら逆に「事旦啦」なしでは生活できなくなってます。
      一日何回いってんだかわかりませんし・・・。

      やっぱり言葉と文化って密接に結びつくから、
      言葉を学習する上で考え方も影響されるってのは実際ありますよね。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2017年12月
« 9月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

HKLF’s Twitter

PVアクセスランキング にほんブログ村
ページ上部へ戻る