帰りたいのか。帰りたくないのか。それとも、帰れないのか。

太子

LINEメッセージ「HKLFさん、ほんとに行っちゃうの?T_____T」

今年後半に採用した日本語を巧みに操る香港女子。
まだ大学を出たばかりの経験もへったくれもない新人さんではあるけれど、
上司である私に対しても物怖じせずに何でも話してくる上に好き嫌いもハッキリしているから
一般的に言ってあんまり扱いが簡単な方のスタッフではないのだと思う。

ただ、裏表がなくてサバサバしてる分、信用できるスタッフとして私はとても好感を持っているし
何だか向こうも同じことを思っていてくれてることも仕事の節々から感じられるから、
我々は日々何事も包み隠さず話し合いながら仕事を進めるようにしている。
(仕事に関係ないお喋りがほとんどという事実をすごく肯定的に言ってみた)

そんな彼女とのパーティションを挟んだ会話。

「ねぇ、俺はこの通り随分オッサンになってしまったけど、これからMasterとか今更すぎかな?」
「いえ、香港ではみんな向上心が強いし、オッサン、オバサンの学生も多いですよ。」
「そっか、じゃあ、俺も来年辺り行ってみようかしら。」

その夜にやってきたのが冒頭のメッセージである。
(うちの会社の場合、Master受講=退社の選択の可能性が高い)

日本に帰りたいのか。帰りたくないのか。それとも、帰れないのか。

何だかそんな風な海外在住日本人向けの問いかけを最近ツイッターで見かけたような気がする。

私自身は危機感が薄すぎるためか、あんまりそういうことを考えたこともなかったけれど
「香港にもうちょっとだけ住んでみたい。」という、ゴールというよりも漠然と呼んだほうが
ふさわしい想いのもと、住み慣れてしまったこの街で緩く過ごしてきている。
故に、おおまかに言って「帰りたくない」に分類されるのではないだろうか、と私は思う。

ただ、それは学生として香港生活をスタート → なんとなくそのままこの街にいつく
→それなりにやりがいと楽しさ、安定を保証してくれる仕事に偶然ありつく。
という、ラッキーすぎる生活を送ってきた私の勝手な主観であり、
もしかしたら周りの人はすでに「あの人、帰りたくても帰れないのね、可哀想。」的な
哀れみの混じった目で見ていてもまったく不思議ではないであろう。
事実、最近それとなく「歳を重ねてからの帰国はかなり難度が高いらしい」といった具合の
世間話に見せかけたご指摘をいただく回数も増えてきた。

そういうわけで、私もようやく、帰国の可能性を模索することを始めたのだ。
それが例えば、どこかアクセプトしてくれる場所があるなら、少し形になるものを学んで
「香港でやり遂げた何か」を少しずつ具現化していこうと思っているというわけである。
(それは日本でも胸を張って言えるものになるだろうし、何よりオフィスでも最近、
Master程度はほぼ当たり前に持ってるからねぇ・・・。)

そして、それを実行に移すにあたっては当然ながらTOEFLなりIELTSなりの
英語力の証明がいるわけで、今までそういう資格云々も見て見ぬふりしてきた自分に対する
強制力としては良い具合に働くのではという楽観的な見通しをしているのである。

ちなみに、ちょっと昔の私だったなら、上記のような帰国の可否を案ずる声にも
あまり興味を示さずだったはず。にも関わらず、近年は割と真面目に受け止めている。
それはもしかしたら、きっと近年の雨傘革命の影響が大きいのかもしれない。
大袈裟かもしれないけれど、あの出来事を境にして私の中での香港の見方というか
住み心地が変わったような気がするから。

・・・と、真面目なことを書いてしまったけれど、結局のところは
「帰国してもちゃんと生活できるためのリスクマネジメントをする」だけであって
やっぱり「もう少し香港に住んでみたい」という想いも強く心のなかに存在する。

私は生まれた時から転勤族の家庭に育ったから、ひとつの都市にこれだけ長く住むのは
おそらく初めて。それだけにこの土地への思い入れも強くて、間違いなく第二の故郷と
言える場所なのである。「帰りたくない」うちはもう少し思い出作りをしていたいと思う。

香港ライフファイルがちょっと気になってしまった方は・・・
facebook twitter email-blue

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

    • Joey
    • 2015年 12月 10日

    こんにちは。
    初めまして、Joeyと申します。
    香港の人です。半年前に赤ちゃんが生まれたため、家族と一緒に香港に戻ることにしました。

    実は夫とても広東語が好きです。しかし香港で就職出来るため、今中文大学で中国語を勉強しています。本当は広東語を勉強したかったです。

    ずっと中文大学の広東語の教科書を探していますが、学校によると広東語の生徒ではないので教科書を売ってもらえなかったです。

    偶然今日はブロックを見て、HKLFさんは中文大学で広東語を勉強していたそうです。ちょっと無理なお願いですが、広東語の教科書をコピーさせてもらえないでしょうか? もちろんいくら費用がかかるかちゃんと払うつもりです。

    もし無理だったら、
    今回のメッセージ無視してください。
    Joey

    • HKLF
      • HKLF
      • 2015年 12月 14日

      Joeyさん、こんばんは。

      広東語の教科書あったかなー?
      今、日本に来ているので来週香港に帰ったら見てみますね。

    • panpan
    • 2016年 4月 06日

    こんにちは。初めまして。

    香港での生活のブログを、色々と拝見させて、頂きました。

    私は香港人ですが、2歳から沖縄に住んでいて、仕事もしています。

    今現在、香港での生活を考えていて、ネットで情報を探していて、ここを発見しました。

    もし良ければ色々と教えて頂きたいです。

    • HKLF
      • HKLF
      • 2016年 4月 06日

      panpanさん、はじめまして。

      日本でお育ちになられた香港人の方なのですね。
      香港人の方に香港のことをお教えするというのも
      何だか恐れ多い気もしますけれど、
      私で分かる範囲であればなんとかお話できるかと思います。

      でも、私の香港の知識も、読めばお分かりの通り、あんまり頼りにならないものですよ。笑

        • panpan
        • 2016年 4月 06日

        HKLFさん、こんばんわ!
        早速のお返事ありがとうございます!

        私は、物心付いた頃から、沖縄にいて、両親が広東語を話してくるので、会話程度なら、広東語ができます。

        英語は挨拶レベルです。

        こんな私でも、出来る仕事はあるんでしょうか?今現在は、ホテルで働いてます。

        あと、やはり家賃がかなり高いと聞きますが、繁華街を離れた新界などもやはり高いんでしょうか?
        あと、部屋を探す際、直接見て回ったのか、ネットで探したのでしょうか?
        もしネットで探したのなら、おすすめのサイトを教えて欲しいです。

        質問ばかりですみません。

        海外に引っ越すのに、どれくらい費用が掛かったのか、教えて頂きたいです。

        • HKLF
          • HKLF
          • 2016年 4月 07日

          何だか難しい質問ばかりですね。
          全てはケースバイケースですが、一般論としてお答えしますね。

          まず、就労についてはビザ(というか香港人ですもんね)を
          持っているというのはとても大きなアドバンテージだと思います。
          企業から見ると、日本語が話せる人を募集するときにビザはしばしば問題になります。

          でも、香港で長期的に頑張りたいと思うのであれば、英語は頑張った方がいいかもしれません。
          日本語だけだと活躍の場がとっても限定的になってしまいます。

          それから、こちらで生活する上で家賃はものすごくシビアな問題になると思います。
          いまや郊外のアパートですら、10K(14万円くらい)近くするんじゃないでしょうか。
          もちろん、古くて狭いアパートでも良いというならもうちょっと安くなりますが
          身の回りの人から聞くにはあんまり住み心地がよいものではないようです。
          だから、若い人なんかはよくシェアハウスをするケースも多くなっています。

          家探しはネットというより、現地で見つけるのがいいんじゃないでしょうか。
          実際見てみないと何とも言えませんし、ネットだけで完結するエージェントも
          あまり多くないように思えます。(私が知らないだけかもしれませんが)

          最後に引越し費用ですが、これは本当にピンきりですね。
          私はほとんど荷物をもたずにやってきたので、気軽なものでしたが
          やっぱり新居への敷金、礼金的なものもかかりますし、
          それなりの金額はかかってくるんじゃないでしょうか。

        • panpan
        • 2016年 4月 10日

        HKLFさん

        こんばんは。

        やはり英語はとても大事ですよね。
        HKLFさんは、香港に渡る時、どれくらい出来るレベルだったんですか?よろしければ、教えて頂きたいです。

        家賃はとてつもなく高いですね。
        移り住むなら、ある程度快適に住みたいので10Kは覚悟した方が良さそうですね。

        とても参考になりました!
        ありがとうございます!

        • HKLF
          • HKLF
          • 2016年 4月 12日

          私は帰国子女でもなければ、意欲的に留学をしていたわけでもないので
          よくある大学受験のための英語しかやったことがない日本人でしたから、
          香港に来た時の英語レベルは実用的とはとても呼べるような代物ではありませんでした。
          (もちろん、広東語はゼロ)

          まずはクラスに通いながら、広東語を地道に勉強し、
          片手間に独学で英語もやっていたわけなんですが、
          周りの人や会社にも恵まれて、(当然最初は騙し騙しだったんですけど)
          なんとか仕事に支障がでないようになった、という感じです。

          ハッキリ言うと、とっても運が良かったということに尽きますし、
          今あの頃に戻って同じことをやる元気があるかというと、
          ちょっと疑問符がつくような想いでもあります。

    • panpan
    • 2016年 4月 15日

    HKLFさん

    こんばんは。

    準備することも大事ですが、行動することが

    もっとも大事って感じました!

    色々な経験をお話してくれて有り難うございます!

    鉄は熱い内に。

    私の予定では、来年香港に行こうと考えてます!

    それがタイミング的に良いものか分かりませんが、

    それまでに英語を独学します。

    頑張ります!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2017年12月
« 9月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

HKLF’s Twitter

PVアクセスランキング にほんブログ村
ページ上部へ戻る