今年の端午節は香港・長洲島へ

長洲島

ここ数週間、週末が訪れるたびに考えていた。
そろそろあの島に帰らなくては、と。

長洲島
仕事が忙しかったり、体調を崩したり。
そんな嫌な週末を幾度と無く乗り過ごした後の今日の空は異様なまでに碧かった。
香港では星なんて見えないよ。なんて言う人がいるけれど、それは嘘だ。

長洲島
4ヶ月ぶりの長洲島へ。
気のせいかもしれないけれど、この島は来るたびに人が多くなっているのかもしれない。
都心を離れて静かなところへ、なんて気で来てしまったら、フェリーを降りた途端に
面食らってしまうだろうし、下手をするとフェリーに乗る時から行列待ちだ。

長洲島
ちなみに、今日はちょっとしたお祭りがあるから、普段より更に人が多い日だったりもする。

長洲島
端午節の名物、ドラゴンボート。
昨年、私はスタンレー(赤柱)で観戦していたのだけど、あちらの国際色豊かでスマートな雰囲気とは
ひと味違う長洲島のそれはよりローカルな雰囲気の中で行われていた。

長洲島
何かと草食系の印象が強い香港人。しかし、この日ばかりはこんがり焼けた逞しい香港人たちが
会場のあちらこちらに見られるから、とっても頼もしく見える。
出番待ちの選手たちに張り詰める緊張感もなかなかのもの。

そういえば、私はわざわざドラゴンボートを観るために来たわけではなかった。
数カ月おきにやってくる長洲島回帰の風に吹かれて、ただただやってきた。
それが、端午節とたまたま重なっていただけだ。

長洲島
そんなお祭りの日でもやっぱり長洲島は長洲島だったってことを、私は再確認した。
ドラゴンボート会場から10mも離れていない場所。メインストリートの角を少し曲がっただけなのに。

長洲島
東京の人はあんまり分かんないかもしれないけれど、この場末の商店街みたいな雰囲気が心に沁みる。
いったいぜんたい食っていけるだけの売上があるんだか分かんない、
趣味でやってるかと疑ってしまうほどのんびりとした雰囲気の店たち。
そんな日本の地方都市の代名詞的存在である静かな商店街。それが香港にも存在する。
とても自然に。そして、それが私の好きな長洲島。

長洲島
メインストリートと反対側のビーチは街中よりさらにちょっと青い空をバックに夏の到来を叫んでいた。
冬の間は「ビーチ」と呼ぶのも躊躇われるようなヤツのくせに。

長洲島
きっと私にとって長洲島は実家に似ている。
忙しくオフィスで働いているときに、ふと頭をよぎる懐かしい光景。
しばらく経つと何をするでもなく、帰ってゆっくりしたくなるそんな場所。

長洲島
実家の周りには大したものなんか何にもないし、遊ぶものだってないから、
私は割とむすっとして、わざわざ帰ってきてやったぞ、みたいな顔をして帰省するのだけれど、
「ちょっと周りを散歩してみよう。」「あのお店はまだあるのかな。」「あの日の猫は元気かな。」
あるべきものがちゃんとあることを再確認することを誰に頼まれるでもなく進んで始める。
それと似たような作業をこの長洲島で私はやっているような気がする。発見でなく、確認なのだ。

長洲島
そして、もちろん食べる。母の手料理を味わうがごとく、食べる。

長洲島
私は街中にいるときに魚旦なんてあんまり食べないのだけれど、ここに来ると必ずそれに手を伸ばす。
食べ物を片手にぶらぶら食べ歩くのがこの島の歩き方。

長洲島
香港人たちもほら、ね。(人、多すぎ)

長洲島
やがて、この島が変わらずいつでも帰ってこられる場所だと分かると私は街へと戻る。
滞在時間もせいぜい数時間。大したことは何もしないんだけれど、この時間は私にとって必要不可欠。

香港の離島群でもおそらく一番活気があって、賑やかな島、長洲島。
きっとその人気の秘訣は、いくら人がやって来たって、どんなに商売っ気を出したって、
どこか常に生活感、というか良い意味の田舎臭さが漂っているところなんじゃないかと考えている。

そして、私はそんな田舎臭い長洲島が大好きだから、いつまでもそうあって欲しいと思うし、
それを確かめるために私は数カ月後もむすっとした顔をしながらフェリーに乗ってやってくるはず。

Facebookでは、香港ライフファイルのこぼれ話も?

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

    • 銀我意
    • 2015年 6月 21日

    私も去年の四月下旬の平日に長州島を訪れすっかりその虜になりました。

    マウンテンバイクで登頂したり、山中で荘厳な墓地や火葬場を見つけたり、一軒だけエーゲ海のような白い家と海の景色が見られたり・・・。タイムスリップしたかのように本土とは対称的での~んびり過ごせました。あの落差がまた良いんでしょうか。

    あの島で食べた干しアワビと小ぶりな牡蠣がゴロゴロ入った粥が前回の香港旅で食べたものの中で一番美味でした。激安なのに。

    お土産に買った4種の餡の平安饅頭もそれぞれ食べ応えがある素朴な味で最高でした。一つで結構、二つ食べればもう腹いっぱいになりました。

    また行きたいなー長州島。今度は屋台で呼び込みしていた島の安宿に泊まってみたいですね。

    ラマ島も良かったけれど未踏の新界にも行きたいし、香港の蒸し暑いのにまいったので冬に行こうと思っていたけれど管理人さんお勧めの夏にいってみようかなぁ。

    • HKLF
      • HKLF
      • 2015年 6月 22日

      銀我意さん、こんにちは。
      島でいろんな楽しいことをご経験されたみたいですね。
      素朴な場所だけに、派手なものはあまりありませんが、何度行っても飽きない良さがありますよね。
      また、香港に来られた際はぜひ訪れてみてください。

    • クレセント
    • 2015年 6月 23日

    行ってみたいと思います。参考になります。

    • HKLF
      • HKLF
      • 2015年 6月 24日

      クレセントさん、こんにちは。
      お気に召されたようで何よりです。
      小旅行のようなご気分でお楽しみくださいませ。

    • Silentmiaow
    • 2015年 6月 25日

    長州島、いいですね~~。
    年に何回か香港に行ってましたが、長州島には一昨年かな、初めて行きました。海沿いのレストランなど観光客目当てっぽいところもあるにはありますが、スタンレーの海沿いのバカ高い(そしてつまらない)レストランに比べるとぜんっぜんいいし、みやげもの屋も楽しくて、大爆発してリゾートワンピなどを買いまくってしまいました。
    たまたま現地の友人に長州島出身の子がいて、「今は人が多くなっちゃってもうダメよ」と言いつつも、有名なつみれ?団子は「ここ絶対行って~~香港で一番おいしいから」と自慢してました。故郷への相反する思いって感じでしょうか。

    ああ、体内香港濃度がちょっと切れてきました。
    次回はいつ行けるかなあ。

    ブログ毎回楽しみにしています。

    • HKLF
      • HKLF
      • 2015年 6月 25日

      Silentmiaowさま、ありがとうございます。

      あの海沿いのお祭り騒ぎと一歩角を曲がった落ち着いた雰囲気を
      気分によって歩き分けることが出来るのもこの島の良さですよね。
      都心部ではすぐ目の前をたくさんの車が走っているので、
      私は小食も少し敬遠気味なのですが、ここにくると小食三昧です。

      Silentmiaowさんが思わず航空券をポチッとしたくなるような
      面白い場所がありましたら、また記事書きますね。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2017年12月
« 9月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

HKLF’s Twitter

PVアクセスランキング にほんブログ村
ページ上部へ戻る