ネイザンロード(彌敦道)を歩かないという選択 vol.1

廟街

最近、私の中でこっそりとブームになっていることがある。

尖沙咀から旺角まで仕事帰りに歩いてみること。

仕事も忙しくなって、結構身体にも疲れが溜まってきているんだけど、
それにも関わらず、このMTR3駅分の街歩きはなかなかに面白い。

何せここらはある意味香港らしさを凝縮したような濃厚な下町風情が漂っているし、
街に渦巻いているパワーが凄まじいから、そこに紛れて歩いているだけで
なんだか少し元気を分けてもらえるような気になってくる。

画像ペタペタ貼っていくだけだし、別に目新しいものも出てこないと思うけど、
「あー、あそこ行った、行った」的な普通な感想を持っていただければそれで良いかと。

尖沙咀から佐敦周辺

尖沙咀と言ったら押しも押されぬ観光地、というかショッピング街だけれど、
九龍公園を北に抜ければすぐに露店が立ち並ぶ街並みが見えてくる。

佐敦
佐敦駅付近はもうこんな感じですぐ隣が九龍公園だなんて信じられない。
ここらへんはご飯も安いから、ランチを安く済ませたい時は佐敦付近にやってくることもある。

尖沙咀
こどもたちの学芸会にはおかあさんが夜なべして衣装を用意・・・
ってこともこの街じゃないんじゃないか。
綺麗な洋服も、チャイナドレスもここにくれば何でもあるのだ。

柯士甸道
柯士甸道を渡る。ここらへんから段々と街の雰囲気が怪しくなってくる。

柯士甸道
あ、「ずとてのぺうくろ」を発見。皆さん、何のことだか、意味知ってた?

廟街(南)

廟街
北上はもちろん廟街経由。
旺角の女人街に対して、こちらは男人街と呼ばれるけど、本当に言い得て妙だと思う。
盛り上がり方も街の性格もまったく違う。

廟街
露店の中を歩く。
99%のものがフェイクだったり、ガラクタだったり。ろくなものが売ってないんだけど、
いろんな店を冷やかしながら歩いてるだけでも楽しい。毎日がお祭なのだ、ここは。

廟街
思わぬ掘り出し物もみつかるかも。お土産にいかが?

廟街
チャイナドレスもお土産にどうぞ一着。

廟街
廟街沿いには常に魅力的なローカルフード店の数々が立ち並ぶ。街はものすごい活気で満ちている。

廟街
美味しそうな匂いが漂うレストランたちに、街中からお腹をすかせた人たちが集まってくる。

廟街
街のあちらこちらに、明らかにカタギの人じゃないなって人や、タチンボやってるお姉さんたち、
(いや、お姉さんって歳じゃねぇな、ありゃ)もいたりして、香港にしては珍しくちょっと
気をつけて歩かなきゃって思わされる通りでもある廟街周辺。

でも、ここらへんは観光客向けの店ばっかりだから、まだまだ可愛いもの。
ここから北上するにつれて、どんどんこの街は違う顔を見せるようになってくる。

その様子はまた次回に。

facebook

Facebookでは、香港ライフファイルのこぼれ話も?

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. 彌敦道沿いって、近年は、ほんっとーーーーーーーに苦手で。(笑)
    避けて避けて、なんとかして避けるように南北に歩きます。
    どうしてもしかたが無い時でも、裏道ばっかり選んで歩きますが、
    何かの間違いで彌敦道に近寄ると、1日の半分のエネルギーが吸い取られます。

    でも、記事を拝見してて、なぜだか自分の苦手な光景が当てはまらず。
    昔とそんなに変わっていないような香港人だけのおおらかさっていうか、
    【良い意味での猥雑さ・賑わしさ】だけが蘇るようなお写真と文章で。
    かの国の客人たちの影を感じない・・・
    ・・・かの方々は、この時間帯は豪華なお食事中だからなのでしょうか?

    今回の滞在、あいかわらずヒマ人の二人なので、
    大角咀のホテルから長沙灣まで散歩しました。
    ふと思い出して、街市の中に居た客人に尋ねて、新華茶餐廳にもお邪魔しました。
    なんとも居心地の良い空間に混ぜてもらい、幸せな時間でした。
    お店を出る時に柯炳乾さんが会計をしていらっしゃってて、
    「おらは日本人だーっ。」と言ったら、
    ヤップンヤンに「HANAKO」に載ったページを見せてくれました。
    お店の皆さん、お元気だったと思います。
    良きお店を教えて下さってありがとうございます。
    ・・・次回も、きっと訪れると思います。(笑)

    • HKLF
      • HKLF
      • 2015年 1月 29日

      私は最初の香港が尖沙咀泊だったので、彌敦道を歩いた時にはやはり楽しかったことを覚えています。
      でも、段々香港に慣れてくると、もうちょっと他の顔も見たくなってきますよね。
      そういう誰でも通るプロセスなんじゃないでしょうか。

      新華の方もお気に召されたようで何よりです。
      ああいうレトロな雰囲気を保った下町のお店にはぜひ頑張ってもらいたいものです。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2018年6月
« 3月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

HKLF’s Twitter

PVアクセスランキング にほんブログ村
ページ上部へ戻る