トニー・レオンと魚蛋

恋する惑星

あんまり褒められた生き方をしてきてない私だけれど
人様に迷惑をかけないように、とは最低限のマナーとして気をつけているから
「法を犯した!」と大袈裟に避難されるような類の行為はしないようにしている。

そういう意味では警察沙汰と呼ばれる難儀なイベントについて
自分が起こしたことも、幸いにして逆に起こされたこともない。
ついでに言うと親や親族、友達がそういうところで働いているということもないから、
警察という組織は私とは随分と縁遠い存在だったのである。

特に日本の警察というのは一体ぜんたい何をやってるのか分からない。
いや、彼らがしっかり働いてくれているからこそ、
日々穏やかに我々が暮らせているのは分かっているのだけど
あんまりお目にかかることがないし、言葉を交わすこともないから
彼らの素性というものをあんまり私が理解していないだけの話だ。
そもそも、興味を惹かれるような組織ではなかった。

ところが、この香港という街で住み始めてみると、そういう私の認識も少しずつ変わった。
簡単に言ってしまうと、私は彼らを同じ街に住む住民として考えるようになったようだ。

街を歩けば、彼らはどこにでも見られるし、それ自体が街の風景の一部。
よく訓練された、精悍な顔つきをしたお兄さん、お姉さんといった出で立ちで
気軽に道を聞くことが出来るような気さくな雰囲気ではないけれど
口喧嘩をするために生まれてきたかと錯覚してしまうような香港市民の罵声にも
ひるまず応酬している姿や、まるで「恋する惑星」のワンシーンかのように
茶餐廳で市民と一緒にご飯を食べてるところもやけに人間臭く、親近感を感じてしまったのだ。

香港の夜は、深夜だって私のようなオッサンはもちろん、きっと女性が一人で
歩いていてもある程度平気だろうし、或いは東京よりもずっと安全と言えるかもしれない。
それは間違いなく香港警察のおかげであろうし、実際のところ香港市民からの信頼も厚かった。
身の回りの香港人たちからも、街の警官を称賛する声が多く聞かれていたように思う。
あれだけ警察に興味の無かった私ですら、いつのまにか彼らのことを頼もしく思い、
一定の敬意と感謝の念を持つようになった。

だけれど、雨傘革命がきっかけだったのだろうか。
街のセンチメント(というか、マスコミと一部市民だと思うが)が変わったような気がする。
そして、昨夜。

fishball

たしかに市民に銃口を向けるというのは危険極まりない行為だとは思うけれど
そんなことを批難するよりよっぽど考えなきゃいけないことはあるんじゃないだろうか。

そもそも、警察は治安維持の目的のために動く執行機関であって、
それに対して暴力的な挑戦すること自体が政治的な交渉をポジティブに進行するような
性質の組織ではないし、警察側ももちろん私的な感情で動いてるわけでもない。

怪我すりゃ普通に血が出てくる生身の人間の集まりであって、彼らにもそれぞれ家族だってある。
個人的に689こと梁振英や香港政府のやり方に不満を持ってるけど警官だって
いっぱいいそうなものだけど、何はともあれ彼らの職務は治安の維持なのである。

そういう意味ではやはり彼らはトニー・レオンが演じた警官のように
この街の平和を愛する真面目な一市民であるはずなのに、
それを無理やり相手取って「ヤッタ、ヤラレタ」とか警察もいい迷惑である。
ただでさえ口の悪いこの街の住民にさんざん悪態をつかれた上、挙句の果てには暴力。
小販にかこつけて裏で糸をひく過激な政治団体。
本当にデモ起こしたいのはむしろ警察の方なんじゃないだろうか。

ともあれ、警察を叩くこと=政治に意見することと錯覚しているかのような報道や
香港市民を見ていると、少し歪んだ見方をしてるんじゃないかと危惧してしまうし、
せっかく雨傘革命で平和的に(少なくとも非暴力)デモを推し進めたというのに、
後に続く抗議活動がこれでは香港の将来がますます不安になってくる。
まったく政治を追って無い私の一般市民が持つ肌感覚で物を言うと、
今後も旺角からは政治という分野であまり建設的な動きが起こるような気がしない。

また、あのトニー・レオンたちが胸を張って街角を歩ける日はやってくるのだろうか。

香港ライフファイルがちょっと気になってしまった方は・・・
facebook twitter email-blue

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

    • いち
    • 2016年 2月 09日

    さっそくの記事アップですね。
    裏事情や、ニュースで報道されていない部分は、計り知ることはできませんが、多数市民(暴徒と呼べそうな)に八方を囲まれ物が飛び交うあの状態では、威嚇発砲も致し方ない様な気がしました。
    っと香港人友人の多いフェイスブック上で発言してしまうのはまずいがするので、こちらで同感だ、言ってみました。

    • HKLF
      • HKLF
      • 2016年 2月 09日

      いちさん、ありがとうございます。
      雨傘の時のような状況ならまだしも、
      昨夜のものは身の危険も感じたでしょうしね・・・。
      警察側の被害も少なくなかったと思います。
      出来れば人的被害がない形でものごとを進めたいですよね。

    • Silentmiaow
    • 2016年 2月 10日

    タイムリーな記事ですね。FBでは「警察ひどい」的な意見も多いようですが、実況生中継を見ていた現地の友達は今回は警察に同情的でした。同僚が殺されそうになっての威嚇発砲だったんですよね。

    それはともかく、以前友人夫婦が香港でスリにあい、警察署に行ったときのこと。ちょうど食事どきだったのか外賣抱えて通りがかった警察官が口々に「なになにどうしたの?スリ?」「これで香港を嫌いにならないでね」などとフレンドリーに声をかけてくれたのがとてもうれしかったと言ってました。スリの被害も少なかったこともあり、「むしろ楽しい経験だったかも」なんて言って私もちょっとうれしく?なりました。

    • HKLF
      • HKLF
      • 2016年 2月 10日

      お友達、警察がきちんと優しく対応してくれて良かったですね!
      (スリにあってること自体、あんまりいいことじゃないですが・・・)

      香港の警察っていうのは、基本的にしっかり働いていると思うし
      私としてはとても頼りがいのある人たちなんですが
      昨今彼らが悪者扱いになることも見られるようになってきたので
      なんだか心が痛んでこんな記事を書いてしまいました。

    • ネームレス
    • 2016年 2月 12日

    そうですね,人間でしょうね。
    ただし警察ってのは一般市民と違って権力と武器を握ってる。
    そして政治的な目的を果たすためにその権力を乱用したりもする,それが今の香港警察だ。
    警察はデモ隊を一方的に殴っても法に裁かれることはないし,された事もなかった。

    警察は治安維持が役目のはずなのに,こういう政治的な対立となった場合は躊躇なく政府側に立つ。
    その上デモの市民を人としてみていない,ただ仕事の邪魔にしか見ていない。
    私的ではない?当時武装をした警察は市民に石を投げ返すこともあった。
    今も前線に立った警察は「銃百発でも撃つべきだった」とまでいっている。

    雨傘革命は平和的なデモを推し進めてというより,平和だけでは何も勝ち取れないと証明しただけ。
    そして警察は例え市民が平和的でも武力を行使するということを知っただけです。

    • HKLF
      • HKLF
      • 2016年 2月 12日

      コメント、ありがとうございます。

      当事者目線で見たときに、仰っている内容の感情や感想を持たれるのも
      理解できるような気もしますし、別にそれ自体を否定するつもりはありません。

      ただ一方で、これはあなたも当然分かった上で書いておられるのだと思いますが
      全ての警官が悪意を持っていたり、市民に対して積極的に暴力を振るう
      というような性質のものでもないという事実もあると考えていますし
      (うちの近辺をパトロールしている警官がそんな殺意に燃えてる様子もありませんし)
      警察との衝突、それに対する憎悪が元の目的より注目されているような気がしないでもありません。

      尚、「政治的な対立となった場合は躊躇なく政府側に立つ」ということなのですが
      おそらくそういう風な警察の介入を招くような方法しか
      この街には民意をエスカレートする方法が見当たらないことの方が問題なのでしょう。

      穏やかに意見陳述し、それが正当に議論されるような場があれば良いのですが
      現状の政治的システムやそれに纏わるバイアスがこの街の小さな政府に強く影響していますから
      市民の方々(私も含めていただければ嬉しいですけれど)の閉塞感も並々ならぬもののはずです。

      そういう中で、ひとまず一番文句が言いやすく、エンカウントしやすいパーティーが
      警察というわけになるのですが、残念ながら彼らに政治を変えられるような力はありませんし
      中央政府や689側から見るならば、警察と市民でヒートアップすればするほど
      それは正当に反組織の人間を処罰するチャンスでしょうから、誰が得なのか私にはよくわかりません。

      私の記事に戻ると、もちろんあなたが言うように感情的にやりやすい性質や
      必要以上の暴力を使用するという負面もありますが(これらはもちろんプロフェッショナルで
      ありませんし重大な過失で許されないことです)、それによって真面目に働いている
      街の警官さんたちもみんなイメージダウンしちゃってるよね、ていうのが結局のところの主旨です。
      政治に絡めてしまったためにセンシティブなものにはなってしまいましたが。

        • ネームレス
        • 2016年 2月 12日

        悪意を持つ警官は全てではないでしょう,ただしそれは半数を超えるのは事実です。
        そもそも政府に不満を持つ警官はほかの警官に孤立されるし,昇進にも影響がある。
        実際昨日もモンコクで警察は年寄りの多い平和なデモ隊に攻撃したし。
        https://www.facebook.com/photo.php?fbid=858203267610544

        知らないだと思うが,香港公務員団体の中,警察の犯罪率は抜群に高い。
        その上,証拠なしでデモ側の人を逮捕し,襲警罪で起訴,
        法廷で偽証言を吐くことも多く,容疑者が無罪判決されても,
        偽証言をした警官は起訴されることはない。

        警察は介入しても,デモ隊側に付くこともデモ隊の市民を守るのも選択肢の一つである。
        そして,市民よりも権力と装備を持つ彼らが政治を変えられるような力がなければ,
        彼らよりも無力の市民は尚更変えられないのでしょう。

        中国政府などの見方など構っている余裕はない,
        反政府の人を処罰したければチャンスがなくとも作ればいいだけの話。

        警察とは一つの団体である,誰一人悪行をしたらイメージダウンのは当たり前。
        だが今は個別人物がやらかしたことではなく,その団体の大多数である。

        • HKLF
          • HKLF
          • 2016年 2月 12日

          なるほど、ありがとうございます。
          私はそもそもあんまり香港の警察について勉強したこともありませんから、
          そこらへんのバックグラウンドの知識において、
          あなたと私は大分議論のスタート地点が違う可能性がありますよね。

          今ここでせっかくいただいた情報の真偽を確かめるような時間もやる気も
          残念ながら持ちあわせていませんし、一般論でしか議論を出来ないでしょうから
          ひとまず私の方からは意見はありません。

          外国人(一応永久性ビザ持ちではありますが・・・)がライトに思ったことを書く、
          というこのブログのスタイルに則って、私の書いた今回の記事も
          それなりに正直な気持ちであるし、今でも大まかな考え方としては変わっていないので
          削除・変更することはしませんが、今後時間が経つにつれ、
          あなたからいただいた情報や、その他にも私が勉強する努力をすることで
          また別の考え方を持つのかもしれません。

          ともあれ、これだけ香港を良くしようという心意気を持っていて
          しかも日本語がほぼネイティブ並にお上手で博学なお方なのですから
          また今度何かコメントいただけるときは、
          何でもいいから名前をつけていただけたら嬉しいです。
          (何だかその方が人と話してる感じがするし)
          貴重な生の意見を聞かせてもらえてとても嬉しくも思っています。

            • ネームレス
            • 2016年 2月 13日

            正直香港の現状は複雑で,香港の情報もまたネット見なければ理解し難いし,知る事も難しい。
            何にせよ情報源は広東語のほうが多く,別言語を母語としている人には掴み辛いでしょう。

            自分は前線に立つ勇気などない,こうしてより多くの人に事を詳しく伝わる事しかできない。
            今はできる事をしたまで。別に博学なんてない,ただ生まれ育ちも香港で,
            こういう事を目にするのが日常の一部だけ。こうして外国人と交流できる事,自分も嬉しく思う。

            自分の名は昔からそうだ,どの名前も気に入らなく、どれもなんか違うなと感じる。
            多分名前ではなく自分を気に入らないからだと自分は思う。
            そして最終的にネームレスの方が一番落ち着く。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2017年12月
« 9月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

HKLF’s Twitter

PVアクセスランキング にほんブログ村
ページ上部へ戻る