ずっと香港にお住まいになられるのですか?

「ずっと香港にお住まいになられるのですか?」

あの街に住んでいると、初めて会う方には必ず聞かれる、まるで挨拶のような質問。
ずっと前なら「それも面白いかもしれませんね。」とクスッと笑っていたけれど、
近年の私は「そんなわけないじゃん。」といったやや冷ややかな答えを(心の中で)返している。

それはきっと残念な香港の将来が待っているから、でもあるけれど、
やっぱり日本自体に魅力を感じ始めたことも大きいのではないかと思う。
あんなに窮屈だと思って、飛び出した国なのに。

鎌倉
きっかけは鎌倉。
久しぶりにぶらっと訪れたときに「こんな街だったら、日本に戻ってもいいかも。」と思った。
嫌味なく残る古来の日本の姿が、長らく国を離れた根無し草の琴線に触れた。

そして、そんな街がまた見つかる。
これから日本に帰ってくるたびに(ていうか、歳をとるたびに!)そういう場所が
どんどん増えていくのだろうか。

松江
私が自由に住む場所を決められるなら、「海に近い街」はマストな条件。
香港が好きな理由も、海がすぐそばにあるからだと思う。
この新しく出会った街には海は無いけれど、それにも負けない大きな湖があるから大丈夫。

松江城
街の真ん中には立派なお城。威厳ある佇まいは国宝の名に恥じないものだ。
街全体の雰囲気が落ち着いているのも、このお城のおかげなのかな。

武家屋敷
お城の前の武家屋敷群。
さっきのお城も随分と無骨なものだったけれど、ここもやはり武家らしくどっしり落ち着いている。
昔はこの道を毎日慌ただしく武士たちが行き来していたのだろうか、なんて思いを巡らすのも楽しい。

松江
情緒溢れる建物群と市民の生活、観光が程良く調和する街が好きだ。
歴史を大事にして、それと仲良くしながら発展している場所は、
歩いていてとても気持ちが良いし、地に足ついている雰囲気に安心する。

島根
香港のお隣、深センにはあまり行ったことがない。
それはきっと、あの街にはほとんど歴史らしい歴史がなくて、
人情、というか温かみというものがさっぱり感じられないからなのだと思う。
いろいろ散策してみようなんて気持ちにはなかなかならない。

松江
長く海外にいたから、日本のものが逆に恋しくなっちゃった。
歳をとるにつれて見える世界が段々と変わってきた。

理由はよくわからないけれど、日本に戻って来るならこういう街に住んでみたい。
私が将来、本当にこの国に戻ってくることになった時、
きっとその時は意外に周りの人よりよっぽど日本人らしく生活したがるかもしれない。

それまでこの国のいろんな知らない街を歩いておきたい。

香港ライフファイルがちょっと気になってしまった方は・・・
facebook twitter email-blue

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

    • ellie
    • 2015年 11月 04日

    初めまして。

    ちょうど私のツボをついた話題だったので、初めてですが思わずコメントさせて頂きました。

    私は香港で暮らし始めて10数年、日本に戻って暮らすことなんて考えてもいませんでした。
    香港の気楽な生活に比べて、日本のあの面倒な人間関係と時間に追われる窮屈な生活は耐え難い、と。(笑
    加えて、香港は家賃は確かに高いけれど(香港島在住なので、特に家賃は高く感じます!)、
    30分もバスかフェリーに乗れば緑いっぱいの自然や離島だし、美味しいものを安くも贅沢にも楽しめたり、
    日本が近くて便利なのに、毎日異文化の中なので色々新たな発見があったりと、
    外国人として暮らすにも便利、また生活する上での楽しみ方の幅が広いのが魅力で
    自分なりに香港生活を楽しんでいました。

    それが突然転機が訪れ、もうじき日本に帰国することに。
    まだまだ香港にいたいのもあって気持ちの整理ができず、自分の中で日本の嫌なところばかりがクローズアップされてきて、
    決断を延ばし延ばしにしてきました。(笑
    日本にもたくさん良い面があると分かっていても、なかなか頭の中で踏ん切りがつかなかったのです。

    でも、今はようやく吹っ切れつつあります。
    日本での仕事は大変だろうと今から予想できますが(笑)、長年の海外暮らしですでに感覚的には外国人なので、
    あらためて日本の四季の美しさや温泉、日式ではなく本物の(笑)和食に旬の食材、
    古都めぐりなど等、日本らしい日本を思う存分楽しもう!、と思えるようになってきました。
    日本で暮らし始めたら、私も周りの日本人よりも日本人らしい生活に魅力を感じているかもしれません(笑
    慌しく帰国が決まって慌しく香港を去るので、まだまだ香港を去りがたい気持ちですが、
    名残惜しいくらいで去るのが良いのかもしれません。

    一つ、日本に戻っても忘れないようにしたいと思っているのが、日本を客観的に見ることでしょうか。
    香港は香港人、西洋人、日本人を含むその他のアジア人が当たり前に一緒に暮らしているので
    何気ない暮らしの中でも様々な視点が入っていたり、ニュースも当然ながら日本のニュースではないので
    日本を客観的に見ることができていました。
    日本に戻るとほぼ日本一色になるだろうと思われるだけに、様々な角度から客観的に見る目はそのままキープして
    個人としての視点を持ち続けたいと思ってます。

    長々とコメントしてしまいましたが、日本に戻ってもこちらのサイトを拝読させて頂き、
    香港を懐かしく思い出させて頂きますね。

    • HKLF
      • HKLF
      • 2015年 11月 04日

      ellieさん、どうもありがとうございます。

      揺れる心の中がよく伝わりました。
      私も本当は帰国してなきゃ、なくらいなのですが、何だかんだで見ないふり、聞こえないふりしているのかもしれません。

      名残惜しいくらいで去るのが良いのかもしれません。

      なので、こういう言葉は何だかぐさっと刺さってしまいますね。

      おそらく、私も数年先には違う場所にいるような気もしないでもないですが、
      それが日本であっても、ellieさんもおっしゃるとおり、香港で過ごしたことは
      決して無駄にならないと思っていますし、そうあるように暮らしたいと思っています。

      一足お先にお戻りになられるということですが、日本でも楽しく暮らされますように。
      そして、残りの香港生活も十分楽しんでいかれてくださいね。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2018年6月
« 3月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

HKLF’s Twitter

PVアクセスランキング にほんブログ村
ページ上部へ戻る