お友達から始めたい香港生活

廟街

この間もツイッターの方に書いたのだけど、またヤツに捕まってしまった。
私の中での通称「サロンパスおばさん」。きっかけは↓。

おばさんと私の関係はというと、オフィスのロビーでたまに顔を見かけたことあるかもね?
くらいの(向こうは一方的に好意を持っていたのかもしれないけど、それは断固して想像したくない)
友達はおろか、知り合いに分類することすらためらわれるような淡白なもの。
それなのに、初めて挨拶を交わした後の自然な流れで、国際おつかいを頼まれたという恐ろしい事件だ。

口も聞いたことがない私を日本人だと断定する事前のリサーチ力。(なんかいろいろ怖い)
私がエントランスを通り抜ける数秒でしっかり足止めさせるナンパテク。(見習いたい)
数十ドル程度の価格差のために、見知らぬ外国人を平気で使い走りにする金銭感覚。(◯んで欲しい)
4箱とか無理。いつも重量ギリだし。という私に満面の笑顔で”You can do it la~!” (話、聞いてんの?)

何だかいろいろ突っ込みどころの多いサロンパスおばあさんなんだが、今思えば悪いのは全て私である。
なんせ香港という街にはこの手のおじさん、おばさん(いや、若い人にも)が普通に棲息しているのだ。
「え?手をつないだことも、キスすらしたことないのにいきなり・・・!?」がこの街のスタイル。

10年近くも住んでいながら、あろうことかそれを忘れ、サロンパスおばさんに気を許してしまった罪。
ヤツがズボンの後ろポケットから携帯を取り出しながら、いつもまったく見せない笑顔でやって来た時に
立ち止まるなんて、不覚という他ない。普段の私だったら「ハロ〜」だけでスルーできていたはずだ。

当然だが、一旦おばさんの話術という蜘蛛の巣にかかってしまえば、私に逃げ道は与えられない。
サロンパス
サロンパスA。140枚入。の写真を無理やりに撮らされ、「時間があったら探してみるよ。」という、
まったく心にもない約束をした上で、ようやく命からがらビルの外に出ることができたのである。

その日、私はオフィスから離れて自宅に着くまで香港人の怖さというものについて考えた。
そもそも、サロンパスなんてこの街の薬局(萬寧とか屈臣氏とか)で普通に売ってる代物であろう。
いったいそれを取得するために私が日本で払う労力というものを想像したことがあるのだろうか。
しかも、おばさんは「Amazonでは買えない。空港にも無い。街中の薬局を歩きまわりな。」とか
一見親切な情報に見せかけてとんでもない事実を私に告げてきていたのである。

くそっ。サロンパスごときで、こんな嫌な思いをするなんてまっぴらだ!
もうすぐ自宅が見えてくる頃になって、ようやく私の怒りはこみ上げてきた。
そう。サロンパスごときで、である。

大体、私が香港人からサロンパスの並行輸入を依頼されたのは今回が初めてではない。
かなり前に友人(こっちはおばさんと違って、ちゃんと仲良い人だった)に泣く泣く頼まれ、
私もやはり「香港にも売ってるのになぜ・・・?」という聞けない疑問を胸に任務を遂行した。

他にも、「香港人は知らない人を運び屋に平気で仕立てあげる」という常識を身体で学ぶまで
私はいろんなミッションという名の犠牲を払ってきたのだが、そのことごとくが
「な、何故よりによってそんなしょーもないものを・・・」的なアレなのである。

例えば、

Rilakkuma

Rilakkuma

わざわざご丁寧にショップの地図つきのヌイグルミ依頼だったり。
(地図あるだけまだ良心的だが、オッサンが一人でRilakkuma買う姿を想像しろ。)


シミ取りとか・・・。つーか、最初から注意して飯食え。こぼすんじゃねー。
(画像なかったから、アフィ貼った、すまん)

あとは、食い物。
どうしてもメロンが食いたいとか、「え?実家で柿作ってんの?持って帰ってよ。」的な
やっぱりほっといて良い系のリクエストなんだけど、まだ心が清らかだったころの私は
素直に言うこと聞いてたんだよね。

重い。そして何より・・・
空港のセキュリティ通過時に爆弾みたいな影発見→係員が飛んで来る→バッグオープン→
あっれ〜?、なんでこんなところにメロンが?すんませ〜ん的なお決まりの流れが本当に苦痛だった。

そうである。香港人はいつだって、私の苦労を考えること無く、お気楽に頼み事をしてきていた。
「送料を払うくらいなら、架仔に旅をさせよ。」そんな原理のもとにヤツラは蛮行を続けている。

私はもうこの負のスパイラルからは抜けだしたはずだった。
だから、こんどサロンパスおばさんに会ったら意を決して言ってやるのである。

「お・・・、お友達から、よろしくお願いします」って。

 

本文ここまで。
まったく関係なくて悪いのですが、仕事のことでちょっと下記求人を。
ご興味があれば、Facebookなり、Twitterなり、hongkonglifefile@gmail.comにメールなりで
お問い合わせいただければ幸いです。居住国は問いません。
尚、ボリュームはそれほど多くなく、不定期なので空いた時間で能力活かしたいという人向け。
フリーランスの方歓迎です。

  1. 英→日 翻訳者
    ブランドさんのウェブサイト等デジタル媒体用の翻訳。
    英語スキルだけでなく、ラグジュアリーブランドのイメージに合った洗練された日本語能力が必要。
    Trados使用やSEO翻訳対応可だと尚可。
  2. リスティング広告
    こちらもブランド向け。
    広告作成やキーワード選定から、AdwordsやYahoo Promotion広告プラットフォームの
    入力まで出来るとめちゃくちゃ嬉しい。
    尚、ほとんどの場合英語能力必要。

香港ライフファイルがちょっと気になってしまった方は・・・
facebook twitter email-blue

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

    • Silentmiaow
    • 2015年 11月 24日

    ワタシも運び屋です。「東京からの運び屋(なんかそんな広東語でした)」って紹介されたこともある・・・
    最近は美顔器、基礎化粧品、サプリ、ウイスキーとか、日本語オンリーのオンラインショップのURLを送ってきて「これを買って持ってきて(送って)くれ」とか。まあ、お金はきっちりもらうし、たいていお礼にごはんごちそうしてくれたりするし(手間はともかく)、化粧品とか重いもののときは「ホテルまで車で迎えに来てごはんおごって」って要求してるのでわたし的には損はしていない、はず・・・はず・・・。仕返し(?)に、「いついつに香港行くからジェニーのクッキー買っておいて」って命令したこともあるし。

    むしろ恐れていたのは日本の身内で、私の訪港を聞きつけると、駐在イトコのために伯母がいきなりやってきて乾物だの佃煮だの漢字ドリルだのスーツケースの半分うまるくらいおいていくので、最近は秘密裏に行ってました。一度「香港で買えない日本食は乾燥ひじきくらい」と言ったら、「そうなの?じゃあ」と次からは荷物にひじきが加わりました。そういう意味で言ったんじゃなくて・・・。

    • HKLF
      • HKLF
      • 2015年 11月 24日

      香港の方に、そして日本のご家族の方にも(!)愛される運び屋さんなのですね!?

      しかし、そういうホテルまでの送迎やごはんのこと、ジェニーのクッキー等々。
      やはりそこらへんはこちらもどんどん要求しないといけないのかもしれませんね。
      日本人のように黙っていてもお返しを、的なものはないですし、
      どうせならお互い利用しあってギブアンドテイクの関係を無理やりにでも作らないと・・・。

    • ハルミ
    • 2015年 12月 06日

    はじめまして!
    このブログを読んで、心のモヤモヤが少し軽くなりました。香港に住んでもうすぐ3年目。日本にいるときから、同じような経験があり、毎回心が折れてしまいそうになりますが、最近はなんとか受け流したり断る術を模索中です。泣

    • HKLF
      • HKLF
      • 2015年 12月 06日

      はじめまして。
      皆さん、同じ悩み(笑)をお持ちのようですね。

      きっと香港人たちのほうはとっても気軽に、ダメ元で頼んでいるようなので、勇気を持って?バッサリ断れるようにお互い頑張りましょう。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2017年12月
« 9月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

HKLF’s Twitter

PVアクセスランキング にほんブログ村
ページ上部へ戻る