いつも香港人にランチ連れてってもらう私の贅沢な悩み

私はよく香港人とランチに行くのだが、彼らは地元出身者なので、
美味しい店、流行りの店、新しい店、いろいろ良く知っている。
なので、私はえらそうにいつも店選びはお任せしてくっついて行くだけ。

なんだかこう書くと、一見、楽で素敵なランチのような気もするし、
実際そうなんだが、本音をいうと私の心の中には日本人らしい
もやもやも贅沢なことに存在してしまっている。
が、私はそれを口には出さない。私は変なところだけ未だに日本人なのだ

 本物か偽物か、区別がつかない!?

私の連れの香港人たちは、当たり前だが私が日本人だということを
知っているので、ランチのローテーションの中に絶妙のタイミングで
日本食Dayを意図的に入れてくれている。

まったくもって気遣いの出来る人たちであって、
私にとっても大変嬉しいことなんだが、悲しいかな、
本物の日本食と、日本スタイル料理の区別がつかないようなのである。

前者は日本人の方が経営されていて、お味の方も日本で食べるものと
遜色が無い味がする、正真正銘の日本料理
逆に後者は、日本料理を真似てみたりだったり、
日本での生活経験のある香港人シェフがいたりといった、
悪い言い方をすると、なんちゃって日本風料理である。

どっちが美味しいかなんて明白だし、特に後者に関しては
我々日本人が食べようものなら、会話する元気も
なくなってしまうような正に外れくじに他ならない店たちもある。

しかし、私もそんなことを連れてきてくれた香港人に言えるわけもなく、
「まぁ、いいんじゃない。OK tasteだよ。」とか意味不明に
その場を濁すものだから、彼らも学習できず、私も苦しみ続ける、
という完全なる負のスパイラルに陥りまくっている

たまに私が店を選ぶこともあるのだけど、その時は、
彼らは「くそまずいね」とか「師傅呼び出して説教しようかと思った」
とか好き勝手いうから、私が変に日本人すぎるのだ。
どうでも良いところは随分とローカル化しているくせに。

だが、次こそは勇気をもっていってやろう。
「そもそも店の前に客引きがいる時は怪しいと思って。」と。
あいつら、いつも胡散臭い日本語を話すその客引きたちにやられるんだ。

健康志向は大変良いことだとは思うが

香港の料理といえば、脂ぎったこてこてのものをついつい
想像してしまうが、実際香港人の食生活を見てみると、
それなりに健康に気を使ったものを食べていると思う。

私の連れの人たちは、特にその気が強く、ある意味健康マニアだ。
でも、それは別にいい。勝手に健康を追求してもらう分には、
まったくもって私に害はないはずである。

と、思っていたのだが、ランチの選択権を彼らが握っている以上、
知らんぷりというわけにもいかないことに私は今更気づいた。

他人任せで食い物に無頓着な私だが、今思い起こせば、
彼らと行くランチ、妙に「あたたかい」「野菜中心
刺激がすくない」というようなキーワードで結びついている。

そして、私は四川料理とかスパイシーなものが結構好きなのだが、
たまーに自発的にそれらを提案してみるも、
ものの見事に全員にスルーされている。しかも、一度や二度ではない

彼らは極度に辛いものや、甘すぎるもの、油っこいものは
ほとんど口にしないし、このくそ暑い夏だというのに、
私が冷たい飲み物を飲んでる前で、熱檸水とか平気で頼む。

何だかそう考えると、毎回シンプルで薄味なものが
中心になってくるわけで、これは私の健康のことを考えると、
間違いなく香港人たちに感謝するべきであろう。

私の密やかな抵抗

しかし、だ。
ランチといえば、ストレスフルな平日のオフィスタイムで
唯一羽を伸ばせる時間であり、私としては好きなものを食って、
短い時間の逃避行を楽しみたいのである。

麻婆豆腐や口水鶏で舌をヒリヒリさせたいし、ラーメンを
ズルズル言わせながら啜りたい。甘党な私は激アマなスイーツを
しこたま食べて、ストレス発散したりもしたい。

それが私の周りの香港人たちとではほぼ無理なのである。

だから、誰も一緒に食べてくれないランチの時には
ここぞとばかりに不健康なレストランに駆け込み、
香港人たちに見つかったら怒られそうなコテコテの
ジャンキーな食べ物たちを貪るわけである。

この開放感、そして多少の罪悪感も伴うひとりランチは最高で、
私の中では密かな楽しみになりつつあるのだが、
どういうわけだか次の日には何だか寂しくなって、
「ランチいくよね?」とかWhatsappを送っている、
救いようのない日本人なのである、私というやつは。

facebook
Facebookでは、香港ライフファイルのこぼれ話も?

 

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

    • Shangrila
    • 2014年 5月 28日

    ははは。
    なんかわかります。
    ぜんかいのしゅっちょうのセミナーのお手伝いの時、
    弁当ボックス期待してたのにオレンジの寿司BOXでぶっ倒れました。

    • HKLF

      Shangrilaさん、ありがとうございます。

      彼らも何にも悪気なく、良かれと思ってやってくれているので
      何だかそこら辺で微妙な空気が流れてしまいますよねぇ。

      やんわりと私たちの好みを伝えていく必要があるようです・・・。

    • bonbon
    • 2014年 5月 28日

    すいません。私もベトナム屋では熱檬水(実際にはライムだけど)を飲んでます。前はライムソーダ飲んでたんですが、クーラー効いてるし…。譚仔ではさすがに凍檬水ですが。
    香港では、食事の席でお酒を飲まなくても変な顔されない(白人や日本人とだと、必ず、飲まないの~
    !?とか聞かれて面倒)のと、白湯を頼んでも変な顔されない(日本だとまず間違いなく聞き返されます。笑)のが嬉しいです。

    HKLFさんの周りの香港人は、わりと健康的な人たちなんじゃないでしょうか。私の知ってる香港人(アラフォー女性)は、一緒に食べに行くと肉に次ぐ肉攻めで疲れます。肉好きだなー、香港人はと思ってましたが、あの人たちが特殊なのかもと思えてきました。

    • HKLF

      bonbonさま、

      私の周りの人は、断然草食系が多くて、見た目も
      スラっとしていて、色白な人が多いです。
      食べ物の好みになるととことん合わないのですが、
      どっちがマジョリティなんでしょうねぇ・・・。
      あ、でも、シーフードはみんな共通で好きですね。

      私はお酒がほとんど飲めないので、仰るとおり、
      お酒を強要されない社会というのは大変ありがたいと
      思っています。
      食生活に関しては何かとお利口さんなところですよね、香港。

    • lei
    • 2014年 5月 28日

    香港人お肉大好きですよね。
    いつもフラフラ外食の私が珍しく野菜入りのサンドイッチ(白くないパンの)を持って行ったら
    周囲から、ダイエットか!と聞かれました。なんで?
    パンは彼らにとって食事ではなくおやつなんでしょうか。

    • HKLF

      あれ、leiさんのまわりも肉好きが多いですか?
      私がちょっと特殊な環境にいるのかもしれませんね。
      たまに肉が食べたくてうずうずしているくらいなんですが・・・。

      でも、量的には彼らよく食べます。
      そんだけ食って太らないって、なんか不公平ですよねー。

  1. なぜ香港の若い方々は、太った人が少数派なのか・・・っていう謎がまた少し解けたような。健康食の日々には自分はついて行けそうにありません。が、怖いもの見たさで、日式と呼ばれる料理の扉を開けてみたくなりました。止めた方が良いですか?(笑)焗飯のような香港洋食は好きなのですが。
    ランチ限定とはいえ・・・食って毎日のことだけに悩ましいですね。自作弁当持参では付き合い悪くなります?よね。

    • HKLF

      こえださん、ありがとうございます。

      そうそう、私的にはそういう解釈だったのですが、
      他の方の周りには結構肉好きもいるみたいです。
      ジムとかに通ってるのかわかりませんが、
      そんな運動する気配も見せないのに、痩せているのは
      本当に不思議ですよね。

      日式でも美味しいところは美味しいので選んでいけば
      問題無いですが、ランダムだと・・・!?

      私は一日中オフィスにこもっていると気が滅入っちゃうので、
      ランチはなるべく外に出たい派なのですが、
      自作弁当を持ってこられる人たちも結構いますよ。
      中身はやはり健康的なものを持ってきてらっしゃってます。

    • カシタニ
    • 2014年 6月 03日

    初めてコメントさせていただきます。
    いつもクスッと笑いながら楽しく読ませていただいているのですが、
    思わずコメントしてしまいました!
    香港に対するもやもやが、HKLFさんの記事で解消されてしまいます。
    香港の方の食に対する貪欲さは、自分以上のものがあるような・・・。
    レストランでも、必ず自分のテーブルよりもおいしそうな料理を
    注文しているので、うらやましくてついつい眺めてしまいます。
    暑くなると、四川の刺激がたまりませんよね!!

    • HKLF

      カシタニさん、ありがとうございます。
      コメント、どうもありがとうございました。

      やはり食の都の住人たちですから、食べ物に対しては
      非常にシビアな人が多いと思います。
      美味しいもの、新しいものにとっても敏感ですしね。

      でも、私にとってはカシタニさんのクッキングの方が、
      よっぽど美味しそうにみえちゃいますが!?

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2017年12月
« 9月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

おすすめ記事

HKLF’s Twitter

PVアクセスランキング にほんブログ村
ページ上部へ戻る